軽費老人ホーム(ケアハウス)

軽費老人ホーム(ケアハウス)の施設形態について

軽費老人ホーム(ケアハウス)

  • 軽費老人ホームには健康で自立した生活が出来る人を対象としたA型(食事つき)、B型(食事なし)と自立して生活のに不安がる高齢者を対象としたC型(=ケアハウス)があります。

    身寄りがない、または経済状況が厳しい方が自治体の助成を受ける事で、比較的低額で入居出来る施設です。

    共用スペースなどが施設によってはあったりしますが、基本的には個室でプライバシーを重視したつくりとなっています。

    従来は健康な方が対象となるため、介護が必要になった場合退去させられるケースもありましたが高齢化社会が急激に進む中で『特定入居者生活介護』と認定され介護設備やスタッフが充実ている施設が増加傾向にあります。

    仕事内容について

    基本的には自立した生活が出来る人を対象とした施設なので、特養などと違い、普段は食事の配膳、見守り、清掃作業などがメインとなります。レクリエーションなどは施設などによっては行っています。

    『特定入居者生活介護』と認定されたケアハウスや、要介護度の高い方でも積極的に受け入れているケアハウスも増加傾向にあるので将来的には介護の仕事の割合が増える可能性もあります。

    転職・就職について

    軽費老人ホームA型やB型の場合、介護の資格が無くても出来る仕事も多く軽費老人ホームの求人自体はよくでていますが、介護に限定していない場合が多いようです。

    C型や特定入居者生活介護が必要の場合、介護が必要な方も多いのでの介護職の求人がありますが特養や老健に比べ身体介護が少ないので、やりがいが少ないということでやめてしまう方も多いです。

    しかし、身体介護ということではなく精神介護にやりがいを感じられる方にはおすすめの施設です。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

会社情報

リンク

トップに戻る

ケアハウス-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!