介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(老健)の施設形態について

介護老人保健施設(老健)

  • 介護老人保健施設は通称『老健』と呼ばれおり、急性期病院と回復期病院で治療を受けたが回復せず、自宅で自力で生活困難な方を対象にしております。

    特養などとの大きな違いは、自宅での生活に復帰出来る事=『在宅復帰』を目標とする施設であり、医師、看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が多く在籍していることです。

    仕事内容について

    介護職員としての仕事内容は特別養護老人ホームと日常生活の援助という点ではほぼ同じですが、『在宅復帰』を目的とした施設ということが一番大きな違いです。

    在宅復帰が出来るように可能な限り利用者の自立を促し、理学療法士などのリハビリテーション専門職と連携しつつ機能を回復させることが仕事内容で、病院から在宅への過程を見守ることが出来る施設です。

    ただ現状の問題として施設によっては、本来『在宅復帰』を目的としていますが、長期の利用者が増えてしまっていて特養と変わらない施設もあります。

    転職・就職について

    特養同様に無資格でも働くことが可能ですが、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上の資格が必要な求人が多くなっております。様々なリハビリテーション専門職種とチームになって働くことになりますのでリハビリに関しての知識を得ることが出来るとともに、介護職としてのスキルアップも出来るのでスキルアップしたい、リハビリテーションの知識を得たい方におすすめの職場です。

介護士 富田 千恵子さん
  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

会社情報

リンク

トップに戻る

介護老人保健施設(老健)-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!