グループホーム

グループホームの施設形態について

グループホーム

  • グループホームとは高齢者を対象した場合「認知症対応型共同生活介護」を指す場合が多くあり、その名の通り認知症を患っている高齢者(要介護1以上)を対象としています。

    施設というより家というほうが適切であり、介護保険上でも在宅サービスと位置づけられています。

    5人〜9人で1ユニットとし、ユニットごとに介護職のサポートで入居者は家事などを行い、自宅に近い自立した生活を送ります。

    2014年度から随時ケアホームがグループホームに一元化予定です。

    仕事内容について

    要介護認定を受けている認知症高齢者が対象となりますが、グループホームの場合、共同生活を営むことに支障のないレベルが対象となります。

    施設によってしましますが多くの場合、仕事内容は特養同様に入浴・排泄の日常的な介助することももちろんありますが、抱え込みなどハードな介助をすることは少ないです。

    入居者とともに食事・洗濯・機能訓練などを行い日常生活を送れるようにサポートし、コミュニケーションをとることで信頼関係を築くことが主な仕事内容です。

    1ユニットにつき夜勤は1名配置の施設が多いので、一人で夜勤を行うことに対して最初は不安を覚える方もいますが徐々に慣れていき対応できるようになる方がほとんどです。

    転職・就職について

    アットホームな環境で働けるのがメリットで、少人数でしっかりと利用者と向き合いたい方におススメです。求人数はまだまだ特養・老健に比べて少ないですが、徐々に増えてきている傾向にあります。

    グループホームでは掃除・洗濯・料理などの家事を行う生活支援が主な仕事となるため主婦の方が多く働いています。男性の場合、洗濯・料理などの家事に慣れている方が少ないので初めての方は戸惑う方も多くいますが、3ヶ月ほどで慣れていくことが出来ます。

    グループホームは他施設に比べ会社経営や個人経営などの民間の参入も多いので給与・仕事内容が変わる事も多く、また夜勤回数も違うのでしっかりと確認した上で職場を決めましょう。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

会社情報

リンク

トップに戻る

グループホーム-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!