有料老人ホーム

有料老人ホームの施設形態について

有料老人ホーム

  • 有料老人ホームには入所される方の健康状態や介護度によって、施設のスタッフによる介護サービスや機能訓練が受けられる『介護付き』、在宅介護サービスを利用することが出来る『住宅型』、自立した方を対象とした『健康型』の3つのタイプに分かれます。

    基本的に運営は民間企業が主体となっており、入居時に入居一時金が必要であったり、月々の費用が軽費老人ホームよりも高くなっています。

    介護保険で特定入所者生活介護の指定を受けた施設のみ介護付き有料老人ホームとなります。

    仕事内容について

    有料老人ホームに関しては施設によって要介護の人数や程度が大きく変わり、仕事内容も変わります。

    基本的には生活のサポートが中心で入居者個別に対応することになります。

    有料老人ホームは入居一時金が何百万〜何千万の高額な施設もあり、高額な程要介護が必要な方の割合も少ない傾向にあり、より個別でのケアが必要でホスピタリティ(おもてなしの心)が必要と言われています。高額な一時金が必要なホームの場合、人員的配置には余裕がありますが現役時代に社会的地位が高かった入居者も多く、言葉づかいから接し方まで、細やかな配慮が必要だとも言います。

    人員設置に余裕の少ない有料法人ホームは特養や老健などの介護保険施設に近い業務になりがちです。

    転職・就職について

    民間企業の運営が主体となっているため、昇給・昇格がしっかりと体系化がしっかりとされている場合も多いですが、運営会社の方針でいろいろと違う為確認することが重要です。

    住宅型と介護付きによりますが、介護付きの場合、特養などのケアよりも入居者ごとの個別ケアがしたい方にはおすすめの施設になります。

    また礼儀など接遇面が重要になってきますので、接客業経験された方などは採用時有利になる場合があります。

    施設内での勤務ですが訪問形式の為、訪問介護から施設への転職をお考えの方にはおすすめです!

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

会社情報

リンク

トップに戻る

有料老人ホーム-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!