介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格について

介護支援専門員(ケアマネージャー)

  • 資格について

    正式な資格名は介護支援専門員ですが、一般的な職種の呼称としては英語のCare Manager(ケアマネージャー)となります。

    介護支援専門員は介護利用者と介護関係機関の間に立ち相談援助や連絡調整行う国家資格です。

    介護を利用される方、家族と面接(インテーク)し、どのような介護サービスが必要か査定(アセスメント)、適用される介護保険に合わせたサービスが利用できるように計画を作成(プランニング)するのが主な仕事内容になりますが、介護サービス利用開始後に提供サービスが適切かどうかを定期的に評価(モニタリング)するのも重要な仕事になっています。

    より介護利用者、家族が適切な介護サービスを受けれるようにアセスメント、プランニングしていく介護の職場にとって非常に重要な資格となっております。

    ※5年ごとの更新が必要です。

    資格取得に関して

    『介護支援専門員実務研修受講』に合格後、『介護支援専門員実務研修』の全日程を全て受講した上で、レポートを提出することで登録・任用され資格取得となります。

    受験する為には、介護福祉士などの法定資格所持者、社会福祉士主事任用、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)のいずれかの資格取得者で5年以上の実務経験が必要です。

    上記に該当しない方でも所定の福祉施設などでの相談援助・介護に従事した期間が10年以上の方も受験することが出来ます。

    転職・就職に関して

    介護福祉士などの資格に比べ、現状はケアマネージャーのポストは少ないのに対して供給過多ということもあり就職・転職市場は厳しいです。経験のあるケアマネでさえも転職が難しいという声も少なくありません。

    しかし、就職・転職活動の仕方で希望に合った職場を見つけることも出来ます。

    給与・待遇・職場環境など何を優先順位におくのか、特にケアマネージャーは職場ごとに仕事内容が大きく変わることもあるのでしっかりと見極めることが重要です。

    給与・待遇に関しては、介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格保持者に比べ、高くなる傾向があります。

ケアマネの求人はこちらキャリアアップ求人特集

ケアマネになりたい方におすすめ!

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

会社情報

リンク

トップに戻る

介護支援専門員(ケアマネージャー)-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!