介護福祉士

介護福祉士の資格について

介護福祉士

  • 資格について

    近年の急速な人口の高齢化の進行に伴い、福祉に関する相談や介護を依頼することが専門能力を有する人材を養成し在宅や施設における介護の充実強化を図ること、国民の福祉を向上させることを目的として制定された国家資格です。

    介護の仕事に関しては、資格がなければできないという仕事ではありませんが、介護の専門職である介護福祉士の資格を必要とされることが多くなってきています。

    資格取得に関して

    平成25年度では実務経験3年以上、特例高校等卒業の場合実務経験9ヶ月以上(新カリキュラムの高校の場合、実務経験無しでも可)の方に受験資格があり、筆記試験・実技試験(介護技術講習、実務者研修を受けた方は免除)に合格し登録することで資格を取得可能です。

    福祉系大学、介護福祉士養成施設等を卒業した場合は筆記試験、実技試験は免除され登録のみで資格取得することが可能です。

    ※平成27年度(28回)からは、実務経験ルートは、実務経験3年以上かつ実務者研修を修了した方が受験資格になります。

    ※養成施設において、必要な知識及び技能を修得した方も、国家試験の受験が必要になります。

    転職・就職に関して

    高齢化と少子化が急速に進む日本では介護福祉士の数は慢性的に不足しており、常に人材を募集している業種となっています。

    また、介護福祉士の資格を持つことで就職・転職も無資格者に比べ優位になり、給与に関しても無資格者に対して比較的高い傾向にあります。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

会社情報

リンク

トップに戻る

介護福祉士-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!