過疎化・地方における介護の現状と課題

過疎化・地方における介護の現状と課題のイラストイメージ

地方では、子どもが親元を離れ、都会に就職や進学し、両親が田舎での生活を継続するというケースが増えてきています。都市部に若者が集中し、田舎は高齢者が中心といういわゆる過疎化が社会的に問題になっています。高齢者が高齢者を介護する老老介護もこうした地域では当たり前に行われています。今回は過疎化した地域における介護の現状と課題について説明します。

過疎化の現状

若者が都市部に集中することによって、地域の人口の減少が起こります。人工の減少により、今まで賑わっていた商業施設が撤退し、より人口が多い都市部に移動します。また、仕事する場所も減少し、人は仕事や買い物に行く際に自宅から遠く離れた場所まで足を運ばなくてはならないようになります。そこでより利便性のよい住居に移り住むようになり、ますます地域から人口が減っていきます。
高齢化率が50%を超えている地方もかなり増えてきているようです。住民の2人に1人が高齢者なので、何か問題が起こった時に対処が遅れる、介助する人も高齢者という問題も生じています。
また、地方行政によっては、人口が低下することから税収が低下し、医療サービスや公的事業への予算が削られてしまう場合があります。予算が削られてしまうことでサービスの質が低下したり、必要な公共事業が行われなくなり、全体として地域の行政サービスが悪化することが予想されます。

過疎地域で暮らす高齢者

住み替えがしづらい高齢者

利便性を求めて若者は移動することは容易にできますが、長くその土地に住む高齢者はなかなか簡単にはいきません。住み慣れた地域や守るべき家やお墓を持っている人は利便性が悪くなったからってその土地を離れてしまうことに対して抵抗感を持っている人も多いようです。
今まで築き上げた人間関係もそう簡単に切れる訳ではありません。住み慣れた土地を離れて新しい環境で一から新しい人間関係を作り上げていくのは、高齢者にとっては、高いハードルのように思います。結果として、不便さを感じながらもなんとか生活を継続している高齢者の方が多くなってしまいます。

移動手段の確保が重要

過疎化地域では、商業施設や医療機関が少なくなる傾向があります。そのため、ちょっと買い物しようと思っても、気分が悪いから受診をしようと思いっても、遠く離れたところまで足を運ばなくてはなりません。バスや電車などの公共の交通機関も十分に整備がされておらず、80歳を超えても自動車の運転をする高齢ドライバーもたくさんいます。

過疎化した地域での介護環境

過疎地域では、介護が必要な高齢者が多いのにも関わらず、介護サービスの利用頻度は週1回未満という家庭が多いというデータもあります。介護サービス事業所自体が不足しており、介護を担当するのは主に同居する家族や配偶者であることが多いようです。また、同一事業所にサービス利用が集中してしまい、介護サービスを受けることができない介護難民も深刻な問題となっています。

過疎地域での課題

介護サービスの量と種類が少ない

過疎地における介護サービスの課題として、まず介護サービスの種類や量の不足が挙げられます。都市部はサービス事業所が多く、ご利用者様はそれぞれのニーズに合わせた様々なサービスを組み合わせて受けることができます。サービス事業所の数が増えれば競争原理が働き、事業所間でサービスの質を向上させようと努力します。過疎地はサービス事業所が少ないため、同一事業所に利用者が集中しがちで、サービスの質の向上や広がりは期待できません。介護サービス事業所数の増加は急務だと思います。

介護職員の高齢化

介護に携わる介護職員の高齢化も大きな問題となっています。利便性を求めて若者が都市部に移動する現状もあり、若手の介護職員が確保しづらい状況にあります。介護の魅力を伝え、幅広い層の介護職員を確保することも大事な課題であると思います。

ボランティアグループの活用

都市部との地域格差が広がる現状において、介護保険サービスだけで充足させることは困難であると思います。今後はいかに介護保険外のサービスを利用するか、ボランティアグループなどのインフォーマルサービスをどう利用していくかが、過疎地域においては特に求められていると思います。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!