混合介護が施行されるとどうなるの?

混合介護が施行されるとどうなるの?のイラストイメージ

現在、政府内でも混合介護についての議論が続いています。混合介護(選択的介護)とは、従来の介護保険サービスに介護保険外サービスを組み合わせて、よりご利用者様のニーズに対応したサービスです。混合介護が導入されるとメリットだけでなく、様々なデメリットも生じます。そこで今回は、混合介護について紹介します。

混合介護(選択的介護)って?

混合介護(選択的介護)とは、ご利用者様が介護費用の1割を支払って介護保険適応内で受けるサービスと、全額自己負担の介護保険外のサービスを同時に使うことを言います。現在の制度でも混合介護を受けることが可能ですが、介護保険内のサービスと、保険外のサービスを明確に分けることが必要とされており、同時間内にサービスを提供することは認められていません。
例えば、訪問介護場面を例に挙げると、訪問介護士がご利用者様の分のご飯を作り、同時に別の家族の分のご飯を作るには、一度その介護士が自分の事業所に戻り、再度訪問して家族のご飯を作るか、別の訪問介護士が訪問して家族のご飯を作る必要があります。これはとても非効率ですし、その分人件費もかかってきます。
混合介護が認められるようになると、このような費用や時間の無駄が省かれ、効率よくサービスが提供されるようになります。

混合介護の弾力化

現在の混合介護における課題を受けて、介護保険サービスと保険外のサービスを同時・一体的に行えるようにすることと、介護サービス価格の自由化を推進し、多様なサービス提供を図ることを推進するように提言しました。これを「混合介護の弾力化」と言います。これが実現されると、訪問介護場面で、本人と家族の分の食事を一緒に作れたり、デイサービスの送迎時に買い物支援や病院への送迎などを一緒に行えるようになります。
価格が自由化されることにより、特にスキルや資格を持つスタッフのサービスを受ける場合に指名料を課したり、料金はそのままでサービスに付加価値をつけたりして、他事業所と差が生まれることで競争原理が働き、介護サービス自体が活性化する可能性が生まれます。事業所収入が増えることで職員の給料に反映されることも夢ではありません。

混合介護のメリット・デメリット

混合介護が活発化するようになると、どのような点がメリットになるでしょうか。また、同じようにデメリットも生まれますが、どんな点が懸念されるでしょうか。それぞれについて説明します。

混合介護のメリット

サービスの幅が広がる

時代の変化と共に高齢者のニーズも多様化していくことが考えられます。今までの同じようなサービスだけでは対応できないようになっていくのではないでしょうか。今までの介護サービスで対応できなかった部分は、介護保険外サービスで対応できるようになり、よりサービスの幅が広がるのではないでしょうか。

介護スタッフの働き方が変わる

今まで、非効率的だったサービスが一体化されると、サービス時間の短縮や業務効率が上がり、介護スタッフそれぞれに時間的な余裕が生まれると思います。また、価格の自由化によって、付加価値をつけることが出来、事業所収入が増え、介護職の地位の向上や金銭的な余裕が生まれると思います。

混合介護のデメリット

ご利用者様の費用負担が増える

混合介護が機能し始めると、介護サービスに付加価値が盛り込まれるため、ご利用者様の費用負担は増加してしまう恐れがあります。また、低所得者と富裕層と間に格差が生じ、混合介護の費用を払えない人も出てくると懸念されています。

利用者被害に遭う恐れ

判断力が低下したご利用者様につけ込んで、不必要なサービスを契約させようとする悪徳な事業者が出現してしまう可能性があることも示唆されています。

混合介護を理解して、必要に応じた利用をしよう!

2018年から東京・豊島区が混合介護のモデル事業を開始する予定です。全国初となるこの試みは今後、他府県にも広がっていくことが予想されています。このモデル事業の取り組みも参考にして、必要なサービスを柔軟に選択できるように我々も混合介護について考えていく必要があると思います。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

お役立ち情報

会社情報

リンク

トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!