在職中?退職後?介護職の転職活動を始めるタイミング

仕事を辞めてから?それとも辞めずに?介護職の転職活動

転職をするとき悩むことのひとつに、「現在の仕事を辞めるタイミング」があります。
 
先に退職してから転職活動を始めたほうがいいのか?
それとも内定をもらうまで今の仕事を続けるべきか?

介護業界での転職の場合はどちらの方がいいのでしょうか。
 
これから介護職への転職活動を始めるあなたに、

●退職後に転職活動を行う場合のメリット・デメリット

●在職中に転職活動を行う場合のメリット・デメリット

●現在の仕事を辞める時期はいつがいいのか

●ほかの介護職員はどのように転職活動を行っているのか

についてお伝えします。

介護職の転職活動┃仕事を辞めてから行う場合のメリット・デメリット

退職後の転職活動 メリット・デメリット

まずは、今の仕事を辞めてから転職活動を始める場合のメリット・デメリットを順に見ていきましょう。

退職後に転職活動をするメリット

転職活動に集中できる

面接などのスケジュールが組みやすい

採用決定後、すぐに勤務を開始できる

新着の求人などの情報収集やリサーチに時間をかけられる

仕事を辞めてから行う最大のメリットは、転職活動だけに集中できること。
急な面接や、即入社の求人にも対応できますし、情報収集などの事前準備も十分に可能です。

退職後に転職活動をするデメリット

現職からの収入がなくなるため貯蓄が必要

ブランク期間が長引くと、転職活動に不利になることもある

なかなか内定がもらえない場合に焦りや不安が大きい

焦りから希望条件に合っていなくても、妥協して就職してしまう

保険や年金などの支払いや引継ぎを自分で行わないといけない

仕事を辞めてから転職活動する際は、焦って転職して後悔することがないようにしたいものです。
在職中に、求人検索や希望条件の洗い出しなどを少しでも進めておくと転職がスムーズに。
まずは「いつまでに転職したいか」という目標期間を決め、スケジュールを組んで動いていきましょう。

介護職の転職活動┃仕事を続けながら行う場合のメリット・デメリット

在職中の転職活動 メリット・デメリット

在職中に転職活動をすること自体に問題はなく、「在職中」ということがマイナスイメージになることはありません。

仕事を続けながら転職活動するメリット・デメリットは以下です。

在職中に転職活動をするメリット

現職の収入があるので金銭的な心配がない

社会保険、年金などがスムーズに引き継ぎできる

ブランク期間の長さが採用に影響しない

焦ることなく、じっくり時間をかけて転職先を選べる

仕事を続けながら行うメリットは、じっくり納得がいくまで転職活動ができること。「経済的な不安から焦って転職先を決めてしまう」というような失敗がありません。

在職中に転職活動をするデメリット

面接や入社の時期など、スケジュール調整が必要

仕事との両立で忙しくなる

応募先の情報収集や面接対策などが準備不足になりがち

退職予定日が何か月も先になる場合は、採用見送りとなることもある

介護の仕事を続けながらの転職活動は、非常に忙しくなることがデメリット。休みや空き時間を利用して、効率的に進めなければいけません。「急な面接で日程の調整ができない」「準備ができない」ということが起こりがち。

スケジュール管理や準備不足が心配な方は、介護職専門の転職エージェントの利用がおすすめです。
求人紹介だけでなく、アドバイザーが応募先とあなたとの間に入り、面接や入職日、条件面の調整をしてくれるので、働きながら無理なく転職活動を続けたいという方にピッタリです。
業界最大手「カイゴWORKER」を利用する 

介護職員の転職事情┃カイゴWORKERアドバイザーが教えます!

カイゴWORKERアドバイザーに聞きました 介護職の転職事情

他の介護職員の方々は、実際にどのように転職活動をしているのでしょうか?

カイゴWORKERのアドバイザーに、転職を成功させるためのコツもふまえて教えてもらいました!

ライター:
「カイゴWORKERの利用者の皆さんが、どのように転職活動しているのかを教えていただきたいです!
転職活動は在職中にする方が多いのでしょうか?
それとも退職後に転職活動を始める方が多いのでしょうか?


アドバイザー:
利用者さまの多くが在職中に転職活動をされています。我々も、仕事を辞めずに続けながらの転職活動をおすすめしています。


ライター:
「そうなんですね!!それはなぜでしょうか?」


アドバイザー:
「仕事をしていない状況で転職活動をやっていると、「早く決めないと!」と焦ってしまう方が非常に多いんです。本当はもっといいところにいけるのに、「採用をもらったからここにしよう」という決め方になってしまいがち。もったいないですよね。

それから、何か不満があって転職する場合には、今の職場とこれからの職場をしっかり比較して検討すべきですが、先に仕事を辞めてしまうとそれができません。
その結果、せっかく転職しても前職と同じ部分に不満を感じてしまったり、早期退職に繋がってしまったり・・・ということが起こります。より良い転職にするために、在職中から転職活動を始めることをおすすめします。」


ライター:
ちなみに介護職の転職活動にかかる期間ってどのくらいですか?


アドバイザー:
ほとんどの方が1か月程度で転職活動を終えています。
介護はマンパワーの業界なので、即戦力を求めているところばかりです。長期を見据えての転職活動よりも1〜2か月後の転職を想定して、スピーディーに行うことがポイントです。

カイゴWORKERでは利用者さまのご希望に合わせて、まず2〜3件の求人をご紹介しています。面接を受け、理想としては全社の採用を勝ち取り、その中から最も働きたいところを選んでいただくという流れで進めていきます。」


ライター:
「2〜3件の面接を受けて、退職手続きまでを1か月で終えるのですか?在職中にそれをするのは大変そうですね・・・。スケジュール管理は難しくないのでしょうか?」


アドバイザー:
「確かに自己応募で何社も受ける場合は、スケジュール調整や情報収集を自分で行う大変さがあります。そんな方にこそ転職エージェントをぜひ利用していただきたいです。

カイゴWORKERの場合は、1〜2週間で2〜3社の面接を入れていきます。面接日時の交渉は、我々が行いますのでご安心ください。
利用者さまのお休みを1日頂戴できれば、午前と午後で2社の施設見学と面接を入れるといったことも可能です。例えばケアマネージャーさんのように「土日しか休みがない」という方もいらっしゃいますが、その場合は仕事後に面接を入れるなどして調整します。

一般の企業とは違い、1回の面接ですぐに採用が決まるので、2週間程度で3社の内定をもらえることも少なくありませんよ。「忙しくて転職活動できない!」という方はいらっしゃいませんね。」


ライター:
「なるほど!働きながら転職活動をする場合に転職エージェントはとても心強いです!ちなみに転職するのにおすすめな時期ってあるんでしょうか?この時期は求人が増えるとか…」


アドバイザー:
「特別に求人が増える時期はありません。
介護業界は、皆さん辞めるタイミングがばらばらのため、年中どの時期にも求人はあります。
ボーナス後に若干求人が増えるといわれますが、その分、求職者も増えるので人気の求人はあっという間に埋まってしまいます。ボーナス後の転職を狙う場合は、その2〜3か月前から転職活動を始めることをおすすめします。


ライター:
「では、スムーズに転職を成功させるための秘訣はありますか?」


アドバイザー:
フットワークが軽い方がいいですね。希望の求人を選び、積極的に施設に足を運ぶ方はすぐに採用が決まっています。

そのためにも、求人を選ぶ際は「今の職場をなぜ辞めたいのか」を必ず把握しておくことがポイントです。希望を挙げればキリがありませんので、働く上で何を一番重視するのかを明確にしておくと迷いが生じません。

また、介護業界は転職先を見つけるよりも退職する方が大変といわれています。どこも人手不足なので、退職を引き止められてしまうことがよくあるんですね。労力をかけることなく、円満に退職することがスムーズな転職につながります。

カイゴWORKERでは退職のアドバイスもいたしますよ!」


ライター:
「そんなことまで!転職エージェントを利用するメリットは大きいですね!」


アドバイザー:
「はい。無料でご利用いただけますので、お気軽にご相談いただけると嬉しいです。

特に弊社では「医療WORKER」をはじめ、他業種の人材紹介事業も行っています。そのネットワークから施設だけでなく病院や企業も紹介できるんです。
例えば、「体力面が不安」という方には、施設ではなく病院で患者さまの身の回りのお世話をする仕事をご提案することもあります。

全国の各エリアに担当アドバイザーが在籍し、転職をサポートいたします!面接への同行はもちろん、入職後のフォローもお任せください!」

まとめ┃介護業界の転職はスピーディー!在職中の転職活動が吉!

介護業界では、多くの方が仕事を辞めずに転職活動しています。一般企業よりも転職期間は短い傾向にあり、1〜2か月で転職先を決められる方がほとんど。

何か特別な事情で辞めざるを得ない場合は別ですが、焦って転職して後悔しないためにも、働きながらの転職活動をおすすめします。


■仕事を辞めてから介護職の転職活動をする場合のメリット・デメリット

メリット

●転職活動に集中できる
●面接などのスケジュールが組みやすい
●採用決定後、すぐに勤務を開始できる
●新着の求人などの情報収集やリサーチが十分にできる


デメリット

●現職からの収入がなくなるため貯蓄が必要
●ブランク期間が長引くと、転職活動に不利になることもある
●なかなか内定がもらえない場合に焦りや不安が大きい
●焦りから希望条件に合っていなくても、妥協して就職してしまう
●保険や年金などの支払いや引継ぎを自分で行わないといけない



■仕事を続けながら介護職の転職活動をする場合のメリット・デメリット

メリット  

●現職の収入があるので金銭的な心配がない
●社会保険、年金などがスムーズに引き継ぎできる
●ブランク期間の長さが採用に影響しない
●焦ることなく、じっくり時間をかけて転職先を選ぶことができる

 
デメリット
 

●面接や入社の時期など、スケジュール調整が必要
●仕事との両立で忙しくなる
●応募先の情報収集や面接対策などが準備不足になりがち
●退職予定日が何か月も先になる場合は、採用見送りとなることも


スムーズに転職活動を進めるポイントは、「なぜ今の職場を辞めたいのか」という理由と転職の希望条件を把握すること。たくさん挙げるのではなく、「働く上でここは譲れない!」という点を明確にしておきましょう。

そして経験や資格以上に、「一生懸命頑張ります!!」という意欲をアピールすることが大切です。


働きながらの転職活動に不安な方は、ぜひカイゴWORKERをご利用ください!専任アドバイザーがあなたの転職をしっかりとサポートいたします!

アドバイザーに相談する

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!