ベテラン訪問介護士が教える移乗介助マニュアル【動画付き】

公開日:2019年12月05日

更新日:2019年12月25日

ベテラン訪問介護士が教える移乗介助マニュアル

学校や研修で移乗介助の基礎は学んだものの、いざ利用者さんの介助に入ると全然上手くできないという経験はありませんか?
実際の現場では、教科書通りにやってもなかなか思うようにいかない事ばかりです。
「でも利用者さんには迷惑はかけられないし、先輩にも聞きづらい・・・」
そこで訪問介護歴10年のベテラン介護士の監修のもと、
“驚くほどラクになる!明日から早速活用できる移乗介助のコツ” をご紹介します!

まずはおさらい!移乗介助の基本編

まずは基本的な事のおさらいからです。
基本的ですがとても大事なボディメカニクスの原理。 普段からちゃんと活用できていますか?

ボディメカニクスとは?

ボディメカニクスとは、骨格や筋肉、関節の相互関係を活用した身体力学のことです。
このボディメカニクスの原理を用いれば、余分な力を使わずに介助ができ、腰痛や労力の負担を抑えることができます。

ボディメカニクスの基本原理

1. 利用者さんの体を小さく球体に近づける

重量は同じだけれど大きさが違うものが2つあるとします。

例えば重さ3kgのゴルフバッグと同じく3kgの野球ボールを移動させたいとき、支える面積の小さい野球ボールのほうが力が分散されないので移動させやすいはずです。

移乗介助においてもこの原理を活用し、腕を胸の上で組み、足を立てるなどできる限り体をコンパクトにさせることで移乗させやすくなります。

腕を胸の上で組み、足を立て、仰向けで寝ている男性

2. 利用者さんに近づく(重心を近づける)

物を持つ時、人は自然と対象物の近くで持とうとします。なぜなら対象物が遠いほど重心が不安定になり重たいと感じてしまうからです。

利用者さんとの距離が離れていると重心がぐらつきうまく移乗できないだけでなく、腕や腰に負荷がかかり腰痛を引き起こしてしまいます。

利用者さんに密着し、互いの重心を近づけることで、利用者さんの体重を足や背中、腕といった広範囲の筋肉で支えることができ、余分な力を使わず体への負担も最小限に抑えることができます。

利用者さんに近づく

3. 重心を下げ、支持基底面を広くとる

支持基底面とは、体重を支えるために必要な床面積の事で、左のオレンジ色の部分です。この部分を広くとり、重心を下げると介助する際の安定感が増します。

足を大きく開くと左右の動きが安定しますが、前後の動きには少し不安定。そこで足を大きく開くだけでなく前後にも開くことで左右・前後どの方位も安定感がアップします。

重心を下げ、支持基底面を広くとる

4. 腕だけでなく全身を使う

利用者さんを腕だけで動かそうとすると腕や腰に負荷がかかってしまいます。

支持基底面を広くとり重心を下げ、腕や足、背中など全身の筋肉を使うことで負荷が分散し、体への負担が抑えられます。

腕だけでなく全身を使う

5. 水平移動

利用者さんを無理に持ち上げようとすると腰を痛める原因に。

移乗させる際は持ち上げるのではなく、水平に移動させることでより少ない力で利用者さんを動かすことができます。

水平移動

6. 体をねじらない

ねじった態勢で移乗を行うと、姿勢が不安定になり本来の力が出せないばかりではなく腰に負担がかかってしまいます。

移乗介助を行う際は、足の向きや位置を工夫し、肩と腰が平行を保つ姿勢を意識しましょう。 車椅子からベッドに移乗させる際は、左の写真のように車椅子とベッドのちょうど中間あたりを向くことで稼動領域が狭くなり、無理な体勢になるのを防ぐことができます。

体をねじらない

7. てこの原理を利用する

利用者さんの膝や肘を支点にし、遠心力を利用する事で自分よりも重たい利用者さんでもラクに上体を起こす事ができます。

てこの原理を利用する

「密着しすぎると利用者さんが不快な思いをするかもしれない」と遠慮がちに介助をしていると重心が離れてうまく介助できません。

ボディメカニクスの基本原理をしっかりと抑えるだけでもスムーズに介助できるようになりますし、何より安心安全でかつ自身の負担軽減にも繋がります。

基本を振り返ったところで次は移乗介助のコツ・ポイントについてご紹介していきます。

ベッドから車椅子への移乗方法

・利用者さんの体格が大きくてふらついてしまう

・腰が痛くなる

・腕がつらい

・上手く起き上がらせられない

ベッドから車椅子での移乗介助でこのような事に困っていませんか?

基本にちょっとしたコツをプラスするだけで、移乗介助は驚くほど簡単にできるようになります

右半身麻痺の利用者さんの設定で移乗介助のコツ・ポイントを解説していきます。

移乗介助の手順

1. 挨拶

まずは挨拶から。 相手の目を見ながら、
「これから車椅子に移動していきますね」とお伝えしましょう。

目を見て伝えることで利用者さんが安心し、介助がしやすくなります。

挨拶

2. 利用者さんの体を小さく丸める

“ボディメカニクスの原理1 利用者さんの体を小さく球体に近づける”に基づき、胸の上で腕を組み、足を立たせ利用者さんの体を小さく丸めていきます。

 利用者さんの体を小さく丸める

3. ベッドの脇まで水平移動させる

車椅子に移乗させやすいよう利用者さんをベッドの端に水平移動させます。

ベッドの脇まで水平移動させる

4. 利用者さんの体の向きを変える

利用者さんの上体を起こしやすいよう体の向きを変えておきます。

 利用者さんの体の向きを変える

5. テコの原理を活用して上体を起き上がらせる

利用者さんの首の下と膝の裏に手を回し体を支えます。

テコの原理を活用して上体を起き上がらせる

POINT:てこの原理と遠心力

上体を起こす際は、持ち上げるのではなく、てこの原理と遠心力を利用して回し起こす。

てこの原理と遠心力を利用して回し起こす

お尻を支点にし、掛け声とともに利用者さんの体重と遠心力を利用して右回転させます。

持ち上げる動作よりも格段に少ない力で利用者さんを起き上がらせることができます。

お尻を支点にし、掛け声とともに利用者さんの体重と遠心力を利用して右回転させます。 持ち上げる動作よりも格段に少ない力で利用者さんを起き上がらせることができます。

お尻を支点にし、掛け声とともに利用者さんの体重と遠心力を利用して右回転させます。 持ち上げる動作よりも格段に少ない力で利用者さんを起き上がらせることができます。

6. ベッドの高さを調整する

POINT:ベッドは車椅子よりもやや高くなるように

移動地点から見て移る側の方が高いと重力に逆らうことになりますので、利用者さんの体重がダイレクトに介助者の負荷となって伝わります。

移る側が低くすることで重力を利用しスムーズに車椅子に移乗できます。

ベッドの高さを調整する

7. 車椅子の角度を調整する

POINT:車椅子の角度はベッドに対して45度

ベッドに対して車椅子が45度になるよう車椅子を調整します。
体をねじる範囲が狭くなるので介助者の負担が軽減されます。

車椅子の角度を調整する

◆注意◆

ブレーキがかかっているか、フットレストは上がっているかもしっかりと確認しましょう。

車椅子の角度をベッドに対して45度に調整

8. 足の角度を調整する

POINT:利用者さんの足をやや斜めにしておく

車イスに移る前に、足の角度をまっすぐではなくやや斜めにしておくことで車椅子に着座した際、利用者さんの足がまっすぐになります。

足の角度を調整する

9. 今から車椅子に移動することを伝える

利用者さんに今から車椅子に移るという事を改めてお伝えします。
「1.2.3で車椅子に移りますね」と動くタイミングをしっかりとお伝えしましょう。

利用者さんも持っている力で協力してくれますので、移乗介助が格段にしやすくなります。

今から車椅子に移動することを伝える

10. 掛け声とともに車椅子に移乗する

支持基底面を大きく取り、腰を落として重心を下げます。 利用者さんに密着し、重心を近づけます。

掛け声とともに車椅子に移乗する

POINT:前かがみの姿勢を上手く利用して移乗させる

右手を利用者さんの脇の下から回し、利用者さんは麻痺のない左手を介助者の肩に回し、介助者にしっかりと持ってもらいます。

自身の肩に体重を乗せながら前かがみになるよう利用者さんにお伝えします。掛け声とともに介助者は腰を引きながら(落としながら)車椅子に移乗させます。なぜ利用者さんに前かがみになってもらうのか。

前かがみの姿勢を上手く利用して移乗させる

それは、利用者さんの体重が分散されるからです。

持ち上げた場合は利用者さんの全体重が介助者の腰や腕に負荷としてのしかかってしまいます。

利用者さんが前かがみになることで、利用者さんが麻痺のない足に力をいれやすくなり、介助者の力+利用者さんの持っている力が合わさり、スムーズに移乗できるのです。

利用者さんがうまく前かがみになれないときは、介助者の腰をできるだけ低くしてみてください。前かがみの姿勢がしやすくなります。

前かがみの姿勢を上手く利用して移乗させる

11. お尻の位置を整える

利用者さんが座りにくくないかどうかお尻の位置を確認します。
ずれているようであればお尻の位置を整えます。

この際もボディメカニクスの基本「5、水平移動」を活用し、水平方向の動きでずらしていきます。

お尻の位置を整える

12. おわり

移乗が終わった事をお伝えしましょう。

移乗おわり

いかがでしょうか?
ちょっとしたコツですが、移乗がしやすくなり介助者への負担も大幅に軽減されるはずです。


画像だけでは分かりづらいので、ぜひ動画で流れをマスターしてみてください。

ポイント動画

ここがポイント!
利用者さんの力遠心力テコの原理を利用すること!
介助者の負担軽減と事故防止に繋がります!

おさらい

ベッドから車椅子への移乗介助のポイントは5点!

  • 上体を起こす際は、持ち上げるのではなく、てこの原理と遠心力を利用して回し起こす
  • ベッドの高さは車椅子よりもやや高くする
  • 車椅子の角度はベッドに対して45度
  • 利用者さんの足の角度をやや斜めにする
  • 前かがみの姿勢を利用して上手く体重移動させる

車椅子からベッドへの移乗方法

車椅子からベッドへの移乗介助もベッドから車椅子と同様に、

「利用者さんの体格が大きくてふらついてしまう」
「腰や腕が痛くなる」
「上手くトランスファーできなくて自信がない」

といった悩みを抱える新人介護職員が多いようです。


どうやれば車椅子からベッドへスムーズに移乗できるのか、こちらも手順を追いながらコツ・ポイントをご紹介していきます。

移乗介助の手順

1. ベッドに対して45度の角度で車椅子を停止させます

POINT:車椅子の角度はベッドに対して45度

ベッドに対して車椅子が45度になるようポジショニングします。腰に負担をかける事なく利用者さんをスライドさせやすい角度です。ポジショニングができたら、ブレーキをかけフットレストをあげましょう。

 ベッドに対して45度の角度で車椅子を停止させます

2. ベッドの高さを調整

POINT:ベッドの高さは車椅子よりも低くする

車椅子よりもやや低くなるようベッドの高さを調整します。 ベッドの方が高いと利用者さんを持ち上げないといけないので介助者の腰に利用者さんの体重と重力の負荷がダイレクトにかかります。

乗り移る側を低くする事で重力を上手く利用し、腰に負担をかける事なく 少ない力でも簡単にスライドできます。

ベッドの高さを調整

3. 声かけ

利用者さんに今からベッドに移乗する旨をお伝えしましょう。 目を見ながら話すというのもちょっとしたポイントです。 利用者さんが安心して体を委ねてくれます。

 声かけ

4. お尻の位置を調整

移乗しやすいよう利用者さんのお尻をずらします。 まずは左、そして右というように少しずつずらしていきます。 この時、前方に引くように水平移動させましょう。

お尻の位置を調整

5. 足の位置を調整

POINT:利用者さんの足の角度を斜めにしておく

この時、利用者さんの足の角度を少し斜めにしておくと、 ベッドに移った際に利用者さんの足首が捻じ曲がりません。

ほんの些細なことですが、どうせなら利用者さんにとって 心地よい介助がしたいですよね。

足の位置を調整

◆注意◆

利用者さんの足が車椅子の奥に入り込んでいると 移乗の際にフットレストに当たってしまい怪我の 原因に!利用者さんの足は必ず前方に出しておきましょう。

利用者さんの足は必ず前方に

6. 健常な腕の方を自分の肩に回してもらう

右手を利用者さんの脇の下から回します。 利用者さんには麻痺のない左手を自分の(介助者)肩に回してもらい、しっかりと抱きついてもらいます。

健常な腕の方を自分の肩に回してもらう

7. 掛け声とともにベッドに移乗

POINT:麻痺のない足を軸に、利用者さんの力も使って移乗

掛け声とともにベッドに移乗する旨と移乗する際に前傾姿勢で左足を踏ん張りながら移乗して欲しい旨を利用者さんにお伝えします。

麻痺のない方の足を軸にし、 利用者さんの持っている力を使って一緒に移乗する

掛け声をかけながら移乗しましょう。

「このまま掛け声とともに、おじぎ姿勢でベッドに移動しますね。左足で少しだけ踏ん張ってください。
ではいきますね!
1、2、3!!」

掛け声をかけながらベッドに移乗

POINT:前かがみの姿勢を利用して体重移動

移乗する際にまっすぐ上に持ち上げるのではなく、おじぎの姿勢になってもらいながら(上体を少し倒しながら)移乗させると簡単にベッドに移乗させることができます。

また、腕だけの力で移乗させるのではなく、腕、足、腰の筋肉を利用して移乗させると介助者への負担も軽減されます。
利用者さんをベッドに降ろす際は、ゆっくりと降ろすように心がけましょう。

前かがみの姿勢を利用して上手く体重移動させる

8. 車椅子を遠ざける

片手で利用者さんを支えながら車椅子を遠くに移動させます。

車椅子をベッドから遠ざける

9. お尻の位置を整える

利用者さんのお尻の位置を整えます。 片方ずつ丁寧に奥に水平移動させます。

お尻の位置を整える

10. 移乗終了

これで移乗が終了した事を利用者さんにお伝えします。

移乗終了

ポイント動画

車椅子からベッドへの移乗介助のポイント

ここがポイント
麻痺のない足で踏ん張ってもらう” 、“おじぎの姿勢
この2点でベッドへの移乗介助はグンと楽になります。

おさらい

車椅子からベッドへの移乗介助のポイントをおさらい!ポイントは5点!

  • 車椅子の角度はベッドに対して45度
  • ベッドの高さは車椅子よりも低くする
  • 利用者さんの足の角度をやや斜めにする
  • 麻痺のない方の足を軸にし、利用者さんの持っている力を使って一緒に移乗する
  • 前かがみの姿勢を利用して上手く体重移動させる

ぜひ試してみてくださいね!

床からの移乗(起き上がらせ方・立ち上がらせ方)

“移乗介助中にバランスを崩して利用者さんが床にずり落ちてしまった” こんな経験はありませんか? 床からの移乗介助はとても難易度が高く、自分よりも体格が大きい利用者さんを一人で介助する場合 なかなか上手く起き上がらせる事ができませんよね。

でも実は、振り子の原理を利用すれば一人でも簡単に床から起き上がらせる事ができるんです。 この振り子の原理を使い、片側麻痺の利用者さんを床から起き上がらせるコツ・ポイントをご紹介します。

まずはやり方を動画でチェック!


いかがですか?
一見難しそうですがコツを掴めば誰でも簡単にできるようになります。
ポイントは、以下の2点のみ。

  • 振り子の原理を利用して利用者さんを一気に立ち上がらせる
  • 立ち上がる際、利用者さんには健常な足の方で踏ん張ってもらう

では、画像を使って床からの起き上がらせ方、立ち上がらせ方の流れを見ていきましょう。

起き上がらせる手順

1. 利用者さんの体を小さく球体に近づける

利用者さんの上体を起こすため、両腕を胸の上で組み 小さく球体に近づけていきます。

利用者さんの体を小さく球体に近づける

2. 利用者さんの体を横にする

支える面積をできるだけ小さくしたほうが体への負担を減らせるので利用者さんの体を横に倒します。

利用者さんの体を横にする

3. スペースを確保する

振り子の原理を利用して利用者さんを一気に立ち上がらせる

起き上がらせる時に車イスにぶつからないよう車椅子を遠ざけスペースを広くとります。

スペースを確保する

4. 利用者さんの上体を引くように起こす

抱えやすいよう利用者さんの体を 「く」 の字にします。

利用者さんの上体を引くように起こす

左手は利用者さんの首の下を通り左肩甲骨の下あたりを支え、 右手は両膝裏に回して支えます。

利用者さんの上体を引くように起こす

利用者さんのお尻部分を支点にし、テコの原理を用いて利用者を起こします。 このとき自分の腕を手前に引きながらカーブを描くように起こすと、体格の良い利用者さんでもラクに起きあがらせる事ができます。

利用者さんの上体を引くように起こす

起き上がらせ完了

立ち上がらせる手順

5. 利用者さんをしっかりと抱え込む (起き上がらせ方4.からの続き)

起き上がらせることができたら次は利用者さんを立ち上がらせます。
まず介助者は利用者さんの背後に回り膝を立てます。

利用者さんをしっかりと抱え込む

次に利用者さんの両脇から手を回し、麻痺のない左手をしっかりと持ちます。

両脇から手を回し、麻痺のない左手をしっかりと持つ

6. 振り子の動きで反動をつける

POINT:振り子の反動を利用して、 利用者さんを一気に立ち上がらせる

利用者さんをしっかりと抱えながら振り子のように大きく前後に動きます。

振り子の動きで反動をつける

「いーち」→「い」で前に、「ち」で後ろに
「にーい」→「に」で前に、「い」で大きく後ろに引き、
「さん!!」でリズミカルに立ち上がります。


利用者さんを前にあげるイメージで立ち上がると上手くいきます。

振り子の動きで反動をつける

◆注意◆

立ち上がる際あまり勢いが強すぎると利用者さんと共に前のめりになってしまうので加減に注意しましょう。

勢いが強すぎると利用者さんと共に前のめりになってしまう

POINT:立ち上がる際、 利用者さんには健常な足の方で踏ん張ってもらう

立ち上がる際、 利用者さんには健常な足の方で踏ん張ってもらう

利用者さんには麻痺のない足で踏ん張ってもらい、 介助者は利用者さんの軸足とは反対の足で蹴りだします。 介助者一人の力では重くて持ち上げられなくても、 振り子の反動と利用者さんの持っている力を借りることで ラクに立ち上がらせることができます。

振り子の反動と利用者さんの持っている力を借りて立ち上がらせる

床にずり落ちた場合は焦らないことが大切です。

“ 床にずり落ちてしまった!”

そんな時はまずは心を落ち着かせ、ご紹介したコツを思い出して実践してみてください。

あまりにも体格差のある場合は、一人で無理をせず他の介護職員に手伝ってもらいましょう。

女性でも簡単!重たい人の移乗介助

「利用者さんとの身長差が20cmあるのでふらつく」など、利用者さんとの体格差で移乗介助が苦手だと感じている女性介護職員さんも多いのではないでしょうか。 体格差があると一人では難しいと思いがちですが、

「利用者さんの体を小さくまとめる」
「利用者さんに密着する」
「支持基底面を広くとる」

などボディメカニクスの基本をしっかりおさえ、ご紹介したポイントを実践すれば、難易度の “高い床からの移乗” も容易にできます。

※女性:154cm 利用者さん:174cm ( 身長差20cm )

体格差がある場合は利用者さんを小さく球体に近づけ、くの字の状態にする

利用者さんを小さく球体に近づけ、 くの字の状態にする

テコの原理を用いカーブを描きながら引き寄せる

テコの原理を用いカーブを描きながら引き寄せる

テコの原理を用いカーブを描きながら引き寄せる

小柄な女性でも自分より重たい利用者さんを起き上がらせることができました!

小柄な女性でも自分より重たい利用者さんを起き上がらせることができた

ポイント動画

ここがポイント!
てこの原理体をしっかり密着させること!


さいごに

訪問介護歴10年で培われた移乗介助のコツを動画、画像でご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
ぜひ明日からの介護で実践してみてください。

難しすぎる技術ではないので、きっとすぐに自分のものにできるはずです。

現実は教科書通りにはなかなか上手くいきませんが、失敗を恐れず、自信を持って利用者さんに寄り添うことが成功の鍵です。
成功できる姿をイメージしながらチャレンジしてみてくださいね。

記事監修

<保有資格一覧>

・介護職員基礎研修
・大阪府移動支援従業者養成研修(全身性障害課程)
・同行援護従業者養成研修

瀬戸 一馬さん

瀬戸 一馬(せと かずま)

18歳の時にボランティアでデイサービスの職員を体験し、楽しさを感じたのが始まり。
訪問介護職員として働く母親にデイサービスの体験を伝えたところ介護の資格取得を勧められる。 19歳の時に介護資格を取得し、知人の紹介で訪問介護事業所へ就職。
訪問介護の1対1の楽しさを感じ、以降10年訪問介護を続けている。


介護のお仕事探しはカイゴWORKERへ!

「給料が高い職場に転職したい!」
「資格手当がつく職場に転職したい!」
など、細かいことでも一度お気軽にご相談ください。
経験豊富な専任のアドバイザーがあなたのお仕事探しをサポートいたします!

経験豊富な専任のアドバイザーがあなたのお仕事探しをサポートいたします!
<<アドバイザーに相談する>> 

<<カイゴWORKERとは?>>


◆移乗介助についてより詳しく知りたい方におすすめのコラム
移乗介助はもう恐くない! ベテラン介護職員が教える移乗介助のポイント

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKER公式SNS

あなたにピッタリの求人をご紹介!
トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!