託児所が完備されている施設はある?

公開日:2020年04月16日

更新日:2020年05月21日

赤ちゃんと遊ぶ保育士

もくじ

介護と託児所

介護の仕事に興味や関心のある人が歓迎される時代となっている昨今ですが、介護の仕事のイメージである夜勤や不規則なシフトという面を考えると、特に育児期間中の人にとっては、就職先としては少しハードルの高さを感じてしまうかもしれません。
現在育児中にはなくとも、将来的に出産や育児を控え、考える人にとっても中々足を踏み入れにくい仕事の可能性もあります。
中には、せめて託児所があれば……。そういう人もいるかもしれません。
折しも現在は保育士不足や保育園の不足で、育児を行う人や考える人にとって非常に働きにくい環境となっており、その風を受けて、園内保育所や託児所を設ける企業も増えつつあります。
こういった企業のように、介護の仕事においてもせめて託児所があれば就職先として考えやすい人は少なくないでしょう。
そうはいっても、給料が低い、待遇が悪いと揶揄されているのが介護の仕事です。託児所など夢のまた夢と感じるかもしれません。中々先入観で無いと考えてしまうかもしれませんが、託児所を完備した介護の仕事も意外と存在しているのです。

まず、託児所のある介護の仕事ですが、パターンとして二種類と少々趣きが異なるものが一種類あります。
一つ目のパターンは介護施設が託児所併設の施設であるものであり、もう一つのパターンは院内保育所などの託児施設を設けている病院における介護の仕事です。加えて、趣きが異なるものとして、就労先の近くに託児所がある場合となっております。
就労先の近くに託児所がある場合については、一般的な託児所と変わらないため、今回説明はいたしませんが、先に提示した二種類のパターンについて続けて詳しくご説明いたします。
これらは、概ねその施設ないし病院で働く人に向けた託児所となっており、その利用料が毎月給与から引かれる形で利用できるものがほとんどです。
働く人が利用することが前提となっているため、働く人の働き方に応じて柔軟な対応をしてもらえることが少なくありません。企業によっては、日勤の人の利用のみに限定している場合もありますが、特に病院内の保育施設については、病院が夜勤の対応を行っていると24時間利用できることも少なくありません。
通常の保育所などと異なり、仕事が長引いた際に預かる時間に配慮してもらえるなど、利用するにあたり時間の心配が減ることや単純に一般的な託児所などと比較して割安に利用できることが多いため、費用の負担が減るといったメリットがあります。
もちろん託児所である以上、インフルエンザに罹患している間は利用できないといった、子供の状態に応じて利用の制限がかかることはありますが、所得や雇用形態、就労時間といった面で制限を受ける可能性が通常の託児所と比較して少ないなどメリットは多いです。
介護施設にしても病院にしてもスタッフとして看護師が常駐しているため、非常時の対応に安心感が出るというのも大きな魅力と言えます。
一つ注意としては、いくら一般的な託児所と比較して割安といっても、収入自体が少なければ、負担は相応のものになるという点です。特に収入が少なくなる短時間勤務などにおいては、収入が半減することになるといったケースもあります。そのため、利用にあたっては、割安であるはずだと慢心せずに、費用と収入とのバランスはしっかり把握することは大切です。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKER公式SNS

あなたにピッタリの求人をご紹介!
トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!