高齢者の認知症|種類や症状の特徴を知って適切なケアを!

公開日:2020年04月16日

更新日:2020年06月13日

本を読む高齢者

超高齢化社会における認知症の割合

認知症という言葉は、日本において広く知られるようになりました。現在、日本の65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症と言われています。最近の厚生労働省の発表では、2025年には、700万人を突破するという衝撃的な内容でした。軽度認知症を含めると、高齢者の3人に1人が認知症もしくは、認知障害であるということです。
しかし、軽度の人と障害を持つ人数は、潜在的にもっと多いという予想もあります。学者によっては、1500万人以上が、認知に何らかの問題を抱えるという説もあります。
認知症を患う方の受け入れ先やケアは、現在十分とは言えない状態です。自宅介護で、介護疲れからの悲しいニュースも後を絶ちません。

認知症と痴呆症、アルツハイマーとは

ところで、痴呆症という言葉をご存知の方も多いでしょう。痴呆症は昔からある病気で、認知症は最近見つかった病気、と誤解されている方もいるのではないでしょうか。
実は、この2つは全く同じものです。
「痴…知恵が足りない、おろか」「呆…おろか、あきれる」など、2つの漢字のもつ意味はどちらも大変差別的な意味が含まれています。そこで、厚生労働省が公募して名称を変更しました。それ以来定着した新しい呼び方が、「認知症」です。
一方、アルツハイマーというのは、認知症の中の種類の1つです。認知症も、原因が明らかになってきて、いくつかの種類に分かれています。
しかし、その前に認知症の症状を簡単にご説明いたします。

認知症の症状ってどんなもの?

認知症になると、脳の神経細胞が傷つき破壊されることにより、記憶障害が起こります。
記憶障害の始まりは、直前にあったことを忘れることで、過去の出来事はよく覚えています。しかし、進行すると過去の記憶も失われていきます。
他には、判断力の低下、時間や場所がわからなくなる、人の名前や自分との関係が分からなくなるなどの症状が表れます。
よく物忘れと記憶障害を混同して、心配なさる方がいらっしゃいます。でも、物忘れと記憶障害は違います。「待ち合わせの時間を忘れた」、「物の置き場所を忘れた」ということを体験されたことがある方は多いですね。物忘れの場合は、待ち合わせをしたことや自分で物を置いたということは、覚えています。
しかし、認知症患者の場合は、「待ち合わせをしたこと自体を忘れてしまう」、「自分が置いたということ」を忘れてしまうのです。そして、そこに妄想が加わると、「相手が嘘をついている」、「物がないのは盗まれたからだ」と思いこんでしまうのです。
いろいろなことが判断できなくなっていくにつれ、妄想を抱く、幻覚を見る、暴力や徘徊などの精神的な症状や不安感、無気力、気持ちが沈むなどの感情の障害も表れます。
これらは、本人の性格や環境、人間関係などがもとになって起こるので、その人によって表れ方が違います。
また、相手や時間帯、その日の天候などの外的な要因によっても変わります。

認知症の種類や原因は?

代表的なものに、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。認知症患者の約60%がアルツハイマー型認知症、約20%が脳血管型認知症を占めています。
アルツハイマー型認知症は、脳にある種のたんぱく質がたまることで正常な脳細胞が破壊されて、脳の委縮が起こります。
脳血管型認知症は、脳梗塞や脳出血など、脳内の血管が傷ついたり詰まったりすることで起こります。
レビー小体型認知症も、ある種のたんぱく質がたまることで正常な脳細胞が破壊されて、脳の委縮が起こります。パーキンソン病との関連が見つかってきています。
前頭側頭型認知症は、原因がまだはっきりと確定されてはいません。ある種の異常な構造体やたんぱく質が脳内にたまっていることがわかり類別されています。
他にも、水頭症やヤコブ病によるもの、アルコール性のものなど、原因がはっきりとしてきたものがいくつかあります。

種類の違いは症状の違い、そしてケアの方法も違います

それぞれ原因が違うように、その症状や特徴にも違いがあります。全身や運動の状態、認知の仕方、進行の仕方、そして、治療の仕方は、認知症のタイプによって違うのです。
ですから、ケアの仕方も、それぞれの特徴に合わせて、適切に行っていく必要があります。介護にあたる方は、その点に十分注意しましょう。

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう