フェイスシートとは?詳しく解説します!

公開日:2020年07月10日

更新日:2020年09月02日

フェイスシートとは?詳しく解説します!

介護業界に欠かせない「フェイスシート」。これは利用者の基本情報がまとめられており、ケアプランを作成するために重要な役割を持っています。
本コラムではフェイスシートの概要や書き方などについてくわしく解説していきます。
ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

はじめに、フェイスシートとはなにかということから説明していきます。

フェイスシートとは?

介護業界におけるフェイスシートは、利用者の名前や家族構成などの基本情報をまとめた用紙のことを言います。簡単に言うと、利用者をすぐに認識できるプロフィールや履歴書、カルテのようなものです。
これは利用者がサービスを利用する際(初回時、入所時)に聞き取りをして作成するのですが、その後のケアプラン作成やサービス考案のために重要な情報源となるため正確な内容が求められます。
また、聞き取りをした内容をはじめ、気がついたこと(家庭環境やご家族の様子など)を詳細に記載しておくことで、他のスタッフが同じ内容を質問してご利用者さんやご家族を不快にさせることもありません。
フェイスシートを事業所全体で情報共有し、記載されている情報を活用していくことで、安全で質の高い医療や介護サービスの提供にもつながるでしょう。
続いて、フェイスシートに書く内容について解説していきます。

どんな内容を書くの?

フェイスシートには定められた様式はなく施設によって様々です。しかし記載すべき情報はある程度決まっているので必要項目についておさえておきましょう。

具体例を挙げると下記のような項目になります。
・氏名
・年齢
・住所
・連絡先
・家族構成
・生活歴
・職歴
・既往歴 (過去に患った病気)
・要介護認定の有無
・相談したいこと・困っていること 等

これ以外にも、性格や趣味・信条といった人柄や経済的状況、家族との関わり方についての情報も加えておくと、提供するサービスを選択する際に役立つでしょう。

家族構成図に関しては、ジェノグラムと呼ばれる一般的な記入方法があり、ほとんどのフェイスシートではジェノグラムを用いて家族関係を表しています。
ここから、そのジェノグラムについて簡単に説明します。

男性は「四角」、女性は「丸」で表現(※地域によって性別不明の場合「三角」を用いることもある)年齢がパッと見てわかるように図形の中に数字を記載して表現することもあります。

ジェノグラムの中心となるご本人のみ「二重のマーク」を使用します。
※男性の場合は「二重四角」、女性の場合は「二重丸」

逝去している方は「黒塗り図形」もしくは「図形に×」で表現しますが、地域によってどちらを使うか分かれているので地域に合わせてください。

下の図はジェノグラムを使用した家族構成の見本です。

家族構成の見本

この図を解説しますと、利用者本人が78歳男性で配偶者は既に逝去されており配偶者との間に50歳の娘がいるということが分かります。
ここでは最低限の表現に留まっていますが、関係性を表す図や線はとても細かく分かれています。
より詳しいジェノグラムの書き方に関してはインターネットなどにも載っていますのでご参考ください。

フェイスシートの管理方法ですが、事業所内に放置したり訪問の際に車の中に置き忘れたりするなど、管理を徹底しなければ重大なトラブルにつながるおそれがあります。
そうならないためにも施錠ができるキャビネットなどにしっかり保管しておきましょう。
フェイスシートは指定地域により使用終了から5年間、サービス終了後から2年間保管しなければならない義務が設けられています。
もう使用しないとしても、保管義務の期間内は慎重に保管することに注意しましょう。

次に、フェイスシートの書き方のポイント・注意点について1つずつ見ていきましょう。

フェイスシートの書き方 ポイントと注意点

フェイスシートの書き方 ポイントと注意点

■分かりやすく共有言語を用いて書く
職種ごとの略語などは他のスタッフに上手く伝わらない可能性もあるため、できるかぎり簡単な誰でも分かる表現を用いるうにしましょう。
また、読みやすく丁寧で分かりやすい文章を心掛け、ボールペンなど安易に消えない筆記用具を使用します。鉛筆やシャーペンはこすれるとすぐに消えてしまう可能性があるので避けましょう。
文章構成そのものについても複雑にせず、できるだけ理解しやすくすることが理想です。

■空白を残さない
記入欄にわからない部分があるからと空欄のままにしたり適当に内容を埋めてしまうと、あとからその利用者に関わっていく多くの職員が困ってしまうおそれがあります。
フェイスシートに記載されている項目は、必要最低限の情報として重要なものばかりであるため、本人や家族から正確な情報を得られるように質問の内容もしっかり考えておくことが必要です。

■常に最新の情報を記入
利用者の主治医や緊急連絡先などが変わったときに、新しい情報に書き換えをしておかなければ緊急時に連絡が取れず困ってしまう可能性があります。
また、フェイスシートはサービスの見直しや評価に必要であるため、細かいことでも変化があったときは追記しておきましょう。
それによってサービス内容の変更も考えられるため最新の情報が必要となります。

ここまでフェイスシートについて解説してきましたが、介護業界には他にもアセスメントシートというものも存在します。
フェイスシートとアセスメントシート、一見似ているように思えますが役割や目的は異なります。
では、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

アセスメントシートとの違い

介護業界におけるアセスメントシートとは、ケアマネージャーが利用者のケアプランを作成するために情報収集し、取得した情報をまとめて記載した書類のことを言います。
大きな違いとして、フェイスシートは基本情報の把握が重要な部分になりますが、アセスメントシートは介護のためにより踏み込んだ情報を記載します。
例えば、利用者の現状を知り原因追及やリスクを考えたうえでどんな対策方法が必要なのかという具体的な内容や情報などです。
また、フェイスシートと同じくサービスの見直しや評価によって繰り返し作成されることがあります。何らかの改善点があれば、常に新しいものを作成していくことになります。

アセスメントシートに関してより詳しい内容を知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。
■「ケアマネ必見!アセスメントのコツ&アセスメントシートの書き方まとめ」

さいごに

フェイスシートについて解説してきました。
フェイスシートには最新の正確な情報を記入しておくことで利用者に適切なサービスを提供できます。
もし不備など抜けている部分が合った場合は、その後のケアプランにも影響を及ぼす可能性があるため慎重に作成し、取り扱いにも注意しなければいけません。
より良いサービスを提供するためにもアセスメントシートとの区別を明確にし、ケアマネや看護師など職員全員で連携をとることが大切です。
利用者が快適に生活するためにフェイスシートをしっかりと理解し現場に活かしていきましょう。

介護の転職ならカイゴWORKER!

「介護の転職をしたい!」「自分に合う職場を見つけたい!」など転職をお考えの方はぜひカイゴWORKERへお問合せください!
経験豊富な専任のアドバイザーが親身になってお仕事探しをお手伝いします。
他にはない非公開の求人もたくさんございます。
お気軽にご相談ください。
<<カイゴWORKERを見る(無料)>>

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう