グループホームに転職する方へ!採用される志望動機とは?

更新日:2021年02月03日

公開日:2021年02月03日

どんな内容が好印象?グループホームに採用される志望動機

転職で就職先を早く決めるためにも、志望動機の内容はしっかりと書きたいところ。 
しかし、どのような志望動機を書けば採用に繋がるのでしょうか? 

今回は、グループホームへの転職を考えている方に向けて、志望動機を書くポイントや採用担当者が「採用したい!」と思う人物の特徴などをお伝えしていきます。 
また、グループホームへ転職する方用の例文も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね! 

「グループホーム」とはどんな施設?

グループホームってどんな施設?

グループホーム(認知症対応型老人共同生活介護)とは、認知症高齢者を対象とした少人数で共同生活をする介護施設のことです。「認知症高齢者グループホーム」「集団生活介護」と呼ばれることもあります。 
グループホームは地域密着型サービスの一つで、認知症を患っている高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるようにすることを目的とし、市町村から認定を受けた事業者がサービス提供しています。 

グループホームの基本的な入居条件は以下。 

<グループホームの概要> 
入居定員:1ユニット5~9人(最大2ユニットまで) 
入居期間:終身利用(施設により看取りに対応していない場合がある) 
入居条件:下記 
●65歳以上の高齢者で、要支援2または要介護1以上の認定を受けている方 
●65歳未満で若年性認知症、初老期認知症と診断され、要支援2または要介護1以上の認定を受けている方 
●医師に認知症の診断を受けた方 
●集団生活に支障のない方 
●施設と同じ市区町村に住民票がある方 

グループホームでは、1ユニット5人~9人の入居者で共同生活をし、定員は2ユニット(10人~18人)までと定められています。施設が小規模である理由は「入居者が心穏やかに安心して暮らしてもらうため」です。 
大規模な施設になってしまうと、入居者や職員の数が多く、入れ替わりも増えてしまいます。 

新しいことを記憶することが難しい認知症の入居者にとって、知らない人が多い状況はストレスに繋がり、心を落ち着けて生活できる環境とは言えません。 結果、認知症を悪化させたり、パニックを引き起こしてしまったりとトラブルの原因になることもあります。 

そういったことを防ぐためにも、小規模で家庭的な生活ができる環境が重要です。小規模であれば、長く生活するうちに顔なじみの入居者や職員の顔を認識し、信頼関係を築きやすくなり、また会話がしやすくなるなど落ち着いた環境の中で暮らすことができます。

グループホームでの仕事内容

グループホームで働く介護職員のおもな仕事内容について見ていきましょう。
【介護職員の仕事内容】 
□生活支援 
料理、洗濯、掃除、買い物同行など、必要に応じたサポートをおこないます。

□身体介助 
身体介助が必要な方には食事、入浴、排せつなどの介助をおこないます。(要介護度が高い方、認知症状が進行している方など)

□入居者の健康管理 
看護師が配置されていない施設では、介護職員が入居者のバイタルチェックや服薬管理をおこないます。 
□レクリエーションやイベントの企画・実施 
五感を刺激すると、認知症状の改善や進行を防ぐのに効果があるとされているため、入居者が楽しめるレクリエーションやイベントをおこないます。

□夜間の見守り 
入居者の見守り、排泄介助、急変時の医療機関への連絡などの対応をします。

□ケアプラン作成
ケアマネージャーが入居者のケアプラン作成をおこないます。

 ◎ケアマネージャーのケアプラン作成について知りたい方は次のコラムをチェック! 「ケアプランの作成方法とは?作成の流れ・記入例・ポイントもご紹介!」 

□看取り
医師や看護師と連携のもと、サポートをおこないます。
ただし、施設の医療体制によって看取りの対応をしていない施設もあります。

グループホームと他の老人ホームや介護施設との違いは、入居者の能力に応じて料理や掃除、洗濯といった役割を担いながら自立した生活をするという点です。
介護職員は、入居者自身ができないことなど必要に応じたサポートをおこないます。

志望動機を書くときのポイント

志望動機を書く3つのポイント①その施設で働きたい具体的な理由②今後の目標やキャリアプランを伝える③貢献できるスキルや強みを伝える

採用担当者が応募者に志望動機を聞く理由は
・この施設で働きたいという意欲を確認したい
・施設の理念や方針とマッチした人物かを判断したい

といった狙いがあります。

グループホームの採用担当者に「うちで働いてもらいたい!」と思ってもらうには、どのような志望動機を書けばよいのでしょうか?
グループホームに応募する際の志望動機を書くときに押さえておきたいポイントを3つご紹介したいと思います。

POINT1|その施設で働きたい具体的な理由

採用担当者は、志望動機の内容から
・この施設でなぜ働きたいのか
・施設の方針や理念に共感し活躍してくれる人か

ということを知りたいと思っています。

採用担当者に「採用したい」と思ってもらうには、入職意思の強さや熱意を伝えられる志望動機を書くことが大切です。ありきたりな言葉や使い回した表現ではなく、自分の言葉で思いを伝えなければなりません。

そのためには、まず徹底的に応募先の情報集をすることが重要です。
応募先のホームページなどを見て、基本方針や理念、力を入れている取組み、またどのようなサービスを提供しているのか、施設の雰囲気などを細かく確認し、その施設の「特徴・魅力」などを書き出してみましょう。

そして「自分がなぜこの施設に入職し働きたいと思うのか」を考え、言葉にしてみてください。そうすることで、自分が本当にこの施設で働きたいと思った理由が明確になります。
自分が希望する働き方とのミスマッチを防ぐためにも、自分が「どのような働きたをしたいのか」「働くうえで大切なことは何か」を知っておくとよいでしょう。

POINT2|今後の目標やキャリアプランを伝える

入職したらその施設でどのように活躍したいと考えているのか、また目標としていることや身につけたいことなどを具体的に考えましょう。

採用担当者は、志望動機の内容から応募者の仕事に対する熱意や前向きな姿勢を知りたいと思っています。これまでに得た経験をどう活かしたいと考えているのか、また今後チャレンジしたいことや取得したい資格など目標などを明確に伝えましょう。

自分が掲げる目標やキャリアプランをしっかりと伝えることで、採用担当者に仕事への熱意や向上心をアピールでき、好印象に繋がるため採用されやすくなります。

POINT3|貢献できるスキルや強みを伝える

志望動機では、自分のやる気や思いばかりを書くのは逆に印象が悪くなってしまうこともあるため気を付けましょう。
一方的なアピールにならないように、これまでに得た「経験・スキル」と「自分の強み」をどう職場で活かせるのかを伝えることが大切です。
自分が「応募する施設に貢献できること」はなにかを考えてみましょう。

採用担当者に「貢献できること」をアピールすることで、入職後のイメージに繋がり「採用したら活躍してくれそう!」と思ってもらうことができます。

グループホームの採用担当者が「採用したい」と思う人物とは

採用担当者が「採用したい!」と思う人物とは◇長く働いてくれる人◇チームワークを大切にする人◇優しく穏やかで、相手の気持ちを尊重できる人

グループホームの採用担当者には「こんな応募者ならぜひ採用したい」と思う人物像があります。どのような人物が採用に繋がりやすくなるのか、その特徴について見ていきましょう。

◇長く働いてくれる人

グループホームの入居者にとって、職員が頻繁に変わることは大きなストレスとなり、パニックを引き起こす原因にもなるため、安心して生活できる環境ではありません。
そういったことを防ぐためにも、グループホームは長期で働いてくれる人が採用のポイントにもなっています。

認知症状のある入居者にとって「顔なじみで信頼できる人」になるためには、少しずつ信頼関係を築いていかなければならないため、時間をかけて心を開いてもらうしかありません。
そのため、短期ではなく長く働いてもらえる人であることが重要です。

◇チームワークを大切にする人

グループホームでは、施設で働くさまざまなスタッフと協力し、利用者の生活をサポートします。役割はそれぞれ違っていても、何かあればお互いがフォローしあえる体制でいることが大切です。

◇優しく穏やかで、相手の気持ちを尊重できる人

グループホームではどちらかというと、テキパキと仕事をこなしさっぱりとした性格よりも、気配りができ穏やかな性格の方に向いている傾向にあります。
もちろん、仕事を効率よくこなすことは大切ですが、入居者の気持ちや声を第一に考えられること、相手のペースに合わせられることが大切になってきます。


グループホームでは、上記の他にレクリエーションなどに力を入れている施設もあります。そういった施設であれば、レクリエーションやイベントなどの企画力をアピールするのもよいでしょう。グループホームが求めている人物像を知っておくことで、自分のどのような点を志望動機でアピールすればよいかが分かるのではないでしょうか。

グループホームでは、資格やスキルよりもその人の「人間性」が重視されます。未経験やスキル不足だからといって不採用になるということはありません。今後どのようにスキルアップをしようと考えているのかなど、仕事に対して前向きな姿勢を伝えることで意欲は伝わるでしょう。

グループホームの志望動機|例文紹介

では、上記の内容を踏まえたうえで、グループホームへの志望動機の例文を紹介したいと思います。ぜひ志望動機作成の参考にしてみてください。

例文1|認知症の方のケアを極めたい

私はこれまで有料老人ホームで4年働き、うち2年は認知症対応フロアを担当していました。貴施設を志望した理由は、コミュニケーションを大切にしている点や精神ケアと身体的ケアの両立を目指している点に惹かれたからです。
私がグループホームへの転職を決めた理由は、認知症の入居者様を担当したことがきっかけとなり、より認知症ケアを極めたいと思う気持ち、一人ひとりに寄り添ったケアをおこないたいと思う気持ちが強くなったからです。
貴施設ではケアの方針が明確にされており、入居者様が人生を楽しむことを第一に考えられているため、私が理想とする入居者様を尊重したケアをおこなえると思いました。
入職後は、これまでの経験を活かし貢献するとともに、認知症介護実践者研修や認知症ケア専門士資格の取得を目指したいと考えております。

例文2|小規模のホームで一人ひとりに寄り添った介護をしたい

私は、従来型の特別養護老人ホームで介護職員として5年働いてきました。
前職では集団ケアが中心で、利用者様の意思を尊重してあげられないことも多々ありました。働くうちに、もっと小規模のホームで利用者様の思いや考えを尊重したケアをおこないたいと考えるようになり、転職を決めました。
転職をするにあたり、どのような働き方をしたいのかなど考えたとき、認知症の方にもっと寄り添った介護をしたいと思っていたことを思い出し、ユニット型への転職ではなくグループホームへ転職したいと考えました。
貴施設であれば、利用者様を尊重し一人ひとりに寄り添った介護をおこないながら、より知識やスキルを高められると思い志望しました。
貴施設で認知症ケアについての知識やスキルをさらに高めながら、これまでに培った経験を活かし貢献できればと考えております。

例文3|時間に追われず、じっくりと利用者さんと関わりたい

私は、デイサービにて2年勤務してきました。デイサービスで働くなかで、認知症を患う方が普通の生活を送る難しさ、そして適切なケアが重要であることを知りました。
はじめは認知症特有の症状に戸惑いましたが、先輩や上司に相談しながら認知症に関する知識などを身につけてきました。
デイサービスでは、一人ひとりとじっくり向き合える時間が少なく、その人の意思を尊重してあげられないことを残念に思っていました。次第に、もっとじっくりと認知症の方と関わりたいという気持ちが強くなり、グループホームへ転職することを決意しました。
貴施設では、利用者様一人ひとりとじっくりと向きあい信頼関係を築くことや、その人意思を尊重することに力を入れているとホームページを見て知り、この職場で働きたいと思い志望しました。
入職後は、実務経験を積み知識とスキルを高めながら、認知症ケア専門士や認知症介護実践者研修の取得を目指したいと考えております。介護職としての経験は浅いですが、一日でも早く貴施設に貢献できるよう精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

まとめ

グループホームに受かる志望動機にするには、採用担当者の心を掴まなければなりません。
そのためには、なぜこの施設で働きたいのかをしっかりと伝えることが大切です。
未経験の方や経験が浅い方でも、これまでの経験や身につけたスキルをどのように活かせるのかをアピールし、仕事への意欲を伝えることで採用に繋がりやすくなります。
志望動機のポイントと例文を参考にして、自分の言葉でその想いを伝えましょう。

◎介護職の志望動機をもっと見たい!という方は、ぜひ以下も参考にしてみてください。
▼【2020年版】介護業界の志望動機文例20選!採用担当者に響く、受かる志望動機をプロが分析!

▼特養に転職!好印象な志望動機の「書き方と例文」をご紹介

▼有料老人ホームに採用される志望動機の書き方

▼受かる志望動機とは?老健への転職で大切なこと

介護の転職なら介護ワーカー!

職場選びや面接に不安な方はぜひ介護ワーカーまでご相談ください。
求人のご提案、履歴書添削、面接同行まで・・・
経験豊富な専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポートいたします!

<<アドバイザーに相談してみる(無料)>>

<<とりあえず求人を見てみる>>

<<グループホームの求人を見てみる>>

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう