施設ケアマネに転職!施設での仕事内容・向いてる人の特徴とは?!

更新日:2021年02月15日

公開日:2021年02月15日

どんな仕事?施設ケアマネ 仕事内容・向いている人の特徴もご紹介

ケアマネージャーは、勤務する職場が「介護施設」もしくは「居宅介護支援事業所」なのかによって働き方が変化します。介護施設で働くケアマネージャーは通称「施設ケアマネ」、居宅介護支援事業所で働くケアマネージャーは通称「居宅ケアマネ」と呼ばれます。

これからケアマネージャーを目指す方や、介護職からキャリアアップしケアマネとして転職を考えている方など、施設ケアマネの仕事に興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は施設ケアマネに興味を持っている方のために、施設ケアマネと居宅ケアマネの違いや施設で働くケアマネージャーの仕事内容、向いている人の特徴について紹介していきたいと思います。ではさっそく、施設ケアマネとはどのような仕事なのか見ていきましょう。

施設ケアマネとは

施設ケアマネとは? 施設ケアマネが働く介護施設・特別養護老人ホーム・老人保健施設・有料老人ホーム・グループホーム

施設ケアマネとは、介護施設に勤務するケアマネージャーのことを指します。
施設ケアマネが働く介護施設は
・特別養護老人ホーム
・老人保健施設
・有料老人ホーム
・グループホーム

などが挙げられます。

施設ケアマネは、施設に入居する方・入居中の方のためにケアプランを作成することが主な業務です。ケアプランの作成は、施設内のサービスを組み合わせて作成していくため、生活相談員や介護職員、看護職員など他のスタッフとの連携がとても大切になります。
他職種のスタッフが同じ施設で働いているため、情報収集や連携しやすいのが施設の特徴です。

施設ケアマネのおもな業務であるケアプラン作成は、施設の規模によってその数も大きく違いが出てきます。大規模な施設の場合であれば、担当する利用者さんの数は100名ほどになることもあります。

多くの利用者さんを担当する場合は、書類作成など事務作業にかかる時間をどれだけ短縮できるかが重要になってきます。また反対に利用者さんの数が少ない小規模や中規模の施設は、ケアプランの作成以外に介助業務や相談業務などを兼務することも少なくありません。施設ケアマネといっても、勤務する施設や規模によって仕事内容は異なってきます。

施設ケアマネと居宅ケアマネの違い

表で分かりやすく解説!施設ケアマネと居宅ケアマネの違いとは?!

「施設ケアマネ」と「居宅ケアマネ」にはどんな違いがあるのでしょうか?
その違いについてまとめてみました。

 施設ケアマネ居宅ケアマネ
職場・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設
・介護医療院
・介護療養型医療施設
・特定施設入居者生活介護(介護付有料老人ホーム)など
居宅介護支援
給料月給22万円~32万円※月給21万円~30万円※
賞与職場による職場による
仕事内容ケアプランの作成、更新
・利用者の意向と施設の方針に沿って作成
・施設内のサービスから選びプランを作成
ケアプランの作成、更新
・自宅訪問し利用者の生活環境や身体状況に合わせて作成
・外部機関のサービスから選択しプランを作成
兼務兼務することがあるほとんどない
担当件数100人以内35人以内
研修頻度少ない多い

※給料額は、弊社「介護ワーカー」の求人情報をもとに算出したものです。

施設ケアマネと居宅ケアマネの違いは、大きく分けると以下の3つ
・担当件数の違い
・ケアプランの違い
・仕事内容の違い

に分けられます。
それぞれの違いについて見ていきましょう。

◇担当件数の違い◇

施設ケアマネと居宅ケアマネの違いで最も異なる点は担当件数です。
居宅ケアマネの担当数は35人以下に対し施設ケアマネは大規模施設であれば100人ほどとその差は大きく違います。多くの担当数をこなさなければならない施設ケアマネは、書類作成など事務作業にかかる時間をどれだけ短縮できるかがポイントになります。

◇ケアプランの違い◇

ケアマネのメイン業務であるケアプランの作成も施設と居宅では違いがあります。
施設ケアマネは、基本的には施設内でおこなえるサービスから選び、利用者さんに合ったケアプランを作成します。
居宅ケアマネは、利用者さん一人ひとりの自宅へ訪問し生活環境や身体の状態に合わせて、外部機関のサービスから取捨選択しケアプランを作成していきます。

そのため、居宅ケアマネは関連する介護サービス事業所との連絡調整が多くなるため、ケアプラン1件にかける時間は施設ケアマネより長くなってしまいます。

◇仕事内容の違い◇

施設ケアマネは、利用者さんのケアプランを作成することがおもな仕事ですが、施設規模が大きいほど担当するケアプランの数も多くなります。そのため、書類作成など事務業務をいかに早く済ませられるかがポイントとなってきます。また、中小規模の施設では介護業務を兼務する場合も少なくありません。

居宅ケアマネは、現場ではなく事業所に出勤するため介護業務との兼務はほとんどありません。しかし、ケアプラン作成やモニタリングのため、担当する利用者さんの自宅訪問は多く、一日の移動は施設ケアマネよりも多くなります。

居宅ケアマネについてもっと詳しく知りたい方は以下のコラムをチェックしてみてください!
「居宅ケアマネの仕事内容とは?」

施設ケアマネ|仕事内容は施設によって変わる?

施設によって変わる?施設ケアマネの仕事内容

施設ケアマネの仕事内容について見ていきましょう。

施設で働くケアマネの基本的な業務内容は以下です。
□利用者のケアプラン作成と更新
□介護給付費の管理
□医療や保健、介護サービス事業所の連絡調整
□介護業務(施設によって異なる)


施設ケアマネが担当するのは、基本的には施設に入所している利用者さんです。
ケアプラン作成や更新のために利用者さんと面接をおこなう際も、施設内で面接をするため居宅と比べてスケジュール管理はしやすく、利用者さんの状況確認なども効率的におこなえます。

施設ケアマネでも、働く施設によって仕事内容は多少異なってきます。
基本的なケアマネの仕事のほかに、それぞれの施設でどのような仕事内容があるのか見てみましょう。

◆介護保険施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設など)

介護保険施設である特別養護老人ホームや介護老人保健施設などで働くケアマネの仕事内容は、基本的な業務に加えて生活相談員や介護業務を兼任する場合があります。
生活相談員としては、利用者さんやその家族の悩みや困っていることなどに耳を傾けます。また、介護業務は現場の介護職員と同じように介助や身体介護などをおこないます。

◆介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームで働くケアマネの仕事内容は、基本的な業務のほか施設独自の業務が追加される場合があります。なぜなら介護付き有料老人ホームは民間企業が運営しているため、企業それぞれに方針があり特徴のあるサービスを提供しているからです。
そのため、介護職員と同じように介護業務や夜勤をすることもあります。

◆グループホーム

グループホームに勤務するケアマネの仕事内容は、基本の業務に加えて介護業務や管理者を兼任する場合がほとんどです。なぜならグループホームは、少人数制となっており利用者さんの人数を最大18人までと定められているからです。
ほかの施設と比べて利用者さんの人数が少ないため、ケアマネ単体の仕事はそれほど多くなく介護職員としての業務の方が多い場合もあります。

施設ケアマネに向いている人の特徴

施設ケアマネに向いている人の特徴

施設ケアマネには向いている人と向いていない人がいます。
どのような人が施設ケアマネに向いているのか、その特徴を見ていきましょう。

施設ケアマネに向いている人の特徴は以下3つです。

〇ケアマネージャーとして経験を積みたい

ケアマネとしてたくさんの経験を積みたいという方には、中規模や大規模施設での仕事が向いています。ケアマネの基本であるケアプランを数多く作成するため、経験を積むのに最適な職場といえます。
反対に利用者さんが少ない小規模の施設は、ケアプランの作成頻度などケアマネとしての仕事は少なめで介護業務などが増えるため、ケアマネとしての業務経験を積みたい方にはおすすめできません。

〇給料が高い職場を希望している

施設ケアマネの給料は、居宅ケアマネに比べて高い傾向にあります。その理由は、介護職員を兼務することも多く夜勤などもあるからです。
そのため施設ケアマネの給料は、基本給に加えて各種手当がつき、さらに資格手当や残業手当、夜勤手当などがつきます。もちろん、施設規模や勤務年数によっても金額は変わってきますが、高い給料を希望している方には向いているといえます。

〇ケアマネの仕事だけでなく現場の介護にも携わりたい

施設ケアマネは、居宅と違い現場で介護業務と兼務する施設が多くあります。
そのため、ケアマネとしてだけでなく利用者さんの介護業務にも携わっていたいと思う方に向いています。とくに、大規模施設よりは中規模・小規模施設で働く方が介護業務に携わりやすくなります。介護業務の比率は働く施設によって異なりますが、少人数制の施設ほどケアマネの業務のうち介護業務が占める割合は多い傾向になります。

まとめ

施設ケアマネは、ケアマネージャーとして多くの経験を積みたい方や利用者さんの介護に携わりながら働きたいと思っている方など、さまざまな働き方を選ぶことができます。
自分に合った施設を選ぶには、自分自身がケアマネージャーとして「どのように働きたいか」ということを考えることが大切です。そして勤務する施設の種類や特徴、規模などを絞り希望している働き方に合う施設を探していきましょう。

ケアマネージャーの仕事内容や資格取得方法、メリットなど、「ケアマネージャーについてもっと知りたい」という方は、以下にまとめているコラムも併せてお読みください!

●「護支援専門員(ケアマネージャー)ってどんな資格?」

●「教えて!介護支援専門員(ケアマネージャー)受験資格のすべて」

●「介護支援専門員(ケアマネージャー)試験内容と勉強方法をご紹介!」

●「介護支援専門員(ケアマネージャー)気になる仕事内容と魅力とは!?」

●「介護支援専門員(ケアマネージャー)の給料はいくら?年収アップする方法とは

介護職での転職をお考えの方へ!

「ケアマネ資格を取って転職したい」
「ケアマネとしてキャリアアップしたい」
などお考えの方はぜひ介護ワーカーへお問合せください!

経験豊富な専任のアドバイザーが親身になってお仕事探しをサポートいたします。
他にはない非公開の求人もありますので、お気軽にご相談ください。
<<アドバイザーに相談する(無料)>>
<<とりあえず求人を見てみる>>

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう