終末期ケア専門士とは?資格の取得方法、メリット、試験について解説!

更新日:2021年04月16日

公開日:2021年04月16日

どんな資格?終末期ケア専門士

超高齢化社会の日本。高齢者が増えるということは、今後亡くなられる人の数も増えるということ。2040年代、団塊の世代が平均余命を迎える頃には年間の死亡者数が最大になる見通しが立っています。

これから多死社会を迎える日本において「終末期をどう迎えるか」は、大きなテーマのひとつとなっています。
そんな中で創設されたのが、人生の最期を迎える人をサポートするための「終末期ケア専門士」という資格です。

本コラムではまだ新しい「終末期ケア専門士」という資格をご紹介していきます。
資格の取得方法や、どのような人におすすめの資格かといったこともお伝えします。

介護従事者にとっても学びの多い大変役立つ資格だと思いますのでぜひご一読ください。

終末期ケア専門士とはどんな資格?

終末期ケア専門士とは?

終末期ケア専門士は一般社団法人 日本終末期ケア協会(JTCA)によって2020年に新設されたばかりの民間資格です。
主に医療・介護に関わる職種を対象に「エビデンスに基づいた臨床ケアができる人材」を育成することを目的としています。

終末期ケア(ターミナルケア)は「近い将来、死が避けられないとされた人に対し、身体的苦痛や精神的苦痛を緩和・軽減するとともに、人生の最期まで尊厳ある生活を支援すること」とされており、現状は医療中心で行われています。

しかし人生の残りの時間を自宅で迎える人もいれば施設や病院で迎える人もおり、終末期の過ごし方に正解はありません。
だからこそ多職種が連携しながら多様な終末期ケアを実践していくことが求められています。

終末期ケア専門士は、業種・地域・立場などの垣根を越えて人生の最期を迎える方に寄り添い、支える役割を担う終末期ケアのスペシャリストに与えられる資格です。

終末期ケア専門士資格で学べる内容

終末期ケア専門士の学習は公式テキストを使って独学で進めていきます。

公式テキストには疾患別のターミナルケア、さまざまな身体症状に対するケア、ご家族のグリーフケアや社会保障制度に関する知識など、終末期に関する幅広い知識が網羅されています。
テキストに沿って学習を進めることで、終末期ケアを体系的に学び、具体的なケアを実践できるようになるでしょう。

公式テキストは下記の内容で構成されています。

出典:終末期ケア専門士公式テキスト|日本終末期ケア協会 

概論
1.生と死
 
2.終末期に関する定義と概念

3.全人的苦痛とは

4.わが国における看取りを取り巻く状況
終末期におけるチームケア
1.チームケアとは

2.チームケアの実際

3.よりよいチームとなるために
日常生活を支えるケア
1.加齢に伴う変化

2.コミュニケーション

3.食を支えるケア

4.口腔ケア

5.排泄ケア

6.褥瘡ケア

7.終末期リハビリテーション
身体症状とそのケア
1.痛みの治療とケア

2.呼吸困難の治療とケア

3.消化器症状の治療とケア

4.全身倦怠感の治療とケア

5.浮腫の治療とケア

6.せん妄への治療とケア

7.不眠の治療とケア

8.抑うつの治療とケア
意思決定支援
1.終末期の意思決定支援

2.バッドニュースの伝え方

3.終末期にまつわる倫理

4.意思決定支援の実際

5.意思決定支援で大切なこと
家族ケア
1.家族とは何か

2.家族のアセスメント

3.終末期における家族のニーズ

4.家族ケアの実際

5.終末期における家族への支援
スピリチュアルケア
1.スピリチュアルケアの成り立ち

2.スピリチュアルペイン

3.ケアのいとなみ

4.ケアする人のケア
グリーフケア
1.グリーフとは

2.悲嘆反応

3.喪失と悲嘆の諸相

4.悲しみへの配慮

5.グリーフケアとしての遺族会
看取り期のケア
1.看取りケアの実際

2.死亡確認と死亡診断書

3.エンゼルケア
終末期を取り巻く社会資源
1.社会資源とは

2.社会保障制度

3.社会保険制度

4.社会福祉法

5.障害者福祉制度

6.公的扶助

7.終末期における介護保険・医療保険

8.終末期を取り巻く現状と課題
疾患別終末期ケア
1.悪性腫瘍の終末期ケア

2.認知症の終末期ケア

3.脳血管障害の終末期ケア

4.慢性閉塞性肺疾患の終末期ケア

5.心不全の終末期ケア

6.腎不全の終末期ケア

7.神経難病の終末期ケア

資格を取得するメリット

終末期ケア専門士の学習を通して、エビデンスに基づいたケアを実践できるようになること、終末期ケアの引き出しを増やせることが資格取得のメリットです。

終末期の医療・介護の現状を理解しながら基礎から学ぶことができるので、これまでにターミナルケアの経験がない人でも安心して学習を進められます。

終末期ケア、死の迎え方には正解がない分、必ずしも身につけた知識通りにいかないこともありますが、エビデンスに基づいたケアを基礎から学ぶことで、終末期を送る一人ひとりの方とどのように向き合い、どう対応すべきかを考えられる力がつくでしょう。

こんな人におすすめ

受験資格については後で詳しく説明しますが、終末期ケア専門士は医療・介護に関わる職種を対象とした専門資格です。

そのなかでも特に高齢者に深く関わる人が推奨されます。
直接看取る機会の多い緩和ケア病棟や介護施設などにおいては、終末期ケア専門士での学びを必ず実践で活かすことができるでしょう。

なお、ターミナルケアに関わる立場でない人にとってはあまり関係がない資格のように感じられるかもしれませんが、そんなことはありません。

終末期は死期が近づいた数日間だけを指すわけではなく、「死を迎えるまでの残された時間をどのように過ごすのか」という、老後の暮らし方や亡くなるまでの過程がとても大切です。
またその時期においては特に、医師、看護師、介護士、その他の専門職など多職種の連携が重要となります。

したがって看取りやエンゼルケア(死後のケア)に直接関わる機会がない方でも、終末期ケアを学ぶことで高齢者の残された時間を豊かにするための医療・介護を提供できるようになるのではないかと思います。

終末期ケア専門士 認定試験について

終末期ケア専門士の試験概要

終末期絵ケア専門士資格は、試験に合格することで取得できる資格です。
ここからは終末期ケア専門士資格を取得するための資格要件や試験の概要についてお伝えしていきます。

受験資格

2年以上の実務経験が必要
医師
歯科医師
看護師
保健師
薬剤師
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
臨床工学技士
歯科衛生士
管理栄養士
介護支援専門員
社会福祉士
精神保健福祉士
臨床検査技師
公認心理師
救急救命士
放射線技師
介護福祉士

3年以上の実務経験が必要
栄養士
准看護師
臨床心理士
音楽療法士
介護士(実務者研修修了者)

なお上記の職種に関して勤務形態(常勤・非常勤)は不問です。

試験要項

試験日時
10月頃予定
(2020年:11月開催/ 2021年:10月開催)

※最新の情報は公式サイトでお確かめください。

試験会場
CBT方式(パソコン試験)
日本全国270ヶ所のテストセンターで受験可能
パソコン操作は、クリックやマウス操作ができればOK

出題数
90問・選択式
制限時間は90分

費用
受験料:10,000円
登録料:10,000円

申込み方法
受付期間内に公式ホームページから申込むと申請書類が届きます。
申請書類に必要事項を記入し、必要書類とあわせて提出すれば申込み完了です。

定員あり(※申込期間内であっても定員に達したら締め切る場合あり)

必要書類
本人確認書類として次のいずれかのコピーが必要
1.運転免許証
2.パスポート
3.写真付き住民基本台帳カード
4.マイナンバーカード(写真付き)

学習方法

試験問題は公式テキストからの出題と時事問題です。
基本的には、協会認定の「終末期ケア専門士公式テキスト」に沿って独学で進めていきます。

また協会が開催している試験対策もあります。
オンラインで受講可能な動画での講習会です。
※受講には費用19,800円(税込)が必要です。

合格率・難易度

2020年にできたばかりの新しい資格のため難易度が見えづらい状況ですが、第1回終末期ケア専門士認定試験の合格状況は次のように発表されています。

受験者数:2310人
合格者数:1516人
合格率:65.6%


このデータだけ見れば、合格率は決して高くはありません。
テキストの内容をしっかり勉強して理解を深めておかなければ合格することは難しいといえるでしょう。

資格の更新について

終末期ケア専門士は更新が必要な資格です。
更新期間は3年ごとで、更新料として5,000円がかかります。

また資格更新には単位が必要です。
資格所有者専用のシステム(月額550円)を使って動画視聴やWEBセミナーへ参加することで、単位が取得できる仕組みになっています。

上級資格について

終末期ケア専門士はステップアップ式の資格となっています。

上級資格として、
・終末期ケア上級専門士
・JTCAアドバンスインストラクター

の2つの資格があります。

終末期ケア上級専門士資格は、チームマネジメントに重点を置いた資格です。
チーム管理や教育について学びを深め、組織や人を「育む人」を育成します。

さらなるステップアップ資格にJTCAアドバンスインストラクターがあります。
地域に根差した専門アドバイザーとして社会に働きかける、終末期ケアを「伝える人」を育成します。
また、協会に届いたアドバンスインストラクター宛の仕事の依頼を受けることもできる資格です。

まとめ

終末期ケア専門士はこれからの多死社会を迎える日本の終末期ケアにおいて重要な役割を持つ資格です。
介護従事者にとっても、この資格を取得することで、利用者の人生の最期をより良い時間となるようなサポートができるようになるのではないでしょうか。

終末期ケアの勉強がしたいと思われた方はぜひ、公式サイトもご覧ください。
日本終末期ケア協会 公式サイト

<あわせて読みたい>
看取り介護を解説!高齢者施設における看取り・ターミナルケアとは
 

介護のお仕事は介護ワーカー!

「介護現場で働きたい」 
「キャリアアップできる環境で働きたい!」 
そんなあなたはぜひ、業界最大手の介護ワーカーをご利用ください。   

経験豊富な専任アドバイザーがあなたの転職をサポートいたします。 
まずはお気軽にご相談を! 

★アドバイザーに相談してみる(無料) 

★求人を見てみる

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう