「介護」と「看護」の違いは3つ!!それぞれの役割とは?

更新日:2021年07月01日

公開日:2021年05月20日

介護と看護の違いは3つ!!~それぞれの役割とは?~

介護と看護の違いってなにか分かりますか?
介護も看護も、高齢者や障がい者などをサポートするという共通点があります。
しかし、はっきりと違いを理解している方は少ないのではないでしょうか。
これから介護職に就く方のために「介護と看護の違い」について分かりやすく解説していきたいと思います。

「介護」と「看護」それぞれの役割とは?!

「介護」と「看護」それぞれの役割とは?! 介護と看護には、どんな役割の違いがあるのかな?

「介護と看護」は、とくに法律で違いを定められているわけではありません。
しかし「介護」と「看護」には役割の違いがあります。それぞれの役割について見ていきましょう。

【介護の役割とは】
「介護」の役割を一言で言うと「介助すること」です。
介護とは、高齢や障がいなどから日常生活に不自由がある方に対して、安全かつ快適にその人らしい生活を送れるようサポートをすること。介助を必要とする方だけでなく、その家族の相談に乗り問題解決のアドバイスをすることも含まれます。

【看護の役割とは】
「看護」の役割を一言で言うと「観察すること」です。
看護とは、病気やケガなどあらゆる人々の治療や療養のサポートをすること。
患者の体調などを常に観察し、適切な判断や対応をして回復するように支援すること、また病気を予防するためのケア、患者本人やご家族の心のケアも含まれます。

上記のように、介護と看護はその役割が異なります。

「介護」と「看護」の3つの違いについて

介護と看護3つの違いについて①職種の違い②業務内容の違い③資格の違い

役割の他にどのような点において「介護と看護の違い」があるのでしょうか?
それぞれを比較してみると、介護と看護の違いは大きく3つあります。
それは「職種の違い」「業務内容の違い」「資格の違い」です。
それぞれ、どのような点が違うのか見ていきましょう。

介護と看護の違い(1)|「職種の違い」

介護と看護の違い①職種の違い

まず、1つ目の違いは「職種」です。
それぞれの職種について見ていきましょう。

【介護の職種】

●介護職員
●訪問介護員(ホームヘルパー)
●介護福祉士
●社会福祉士
●介護支援専門員(ケアマネージャー)

など。

介護の職種は、無資格でも働けるものから国家資格が必要な職種までさまざまあります。
介護を必要とする方に多様な支援をおこなう「福祉職」の一つです。

【看護の職種】

●看護師
●准看護師
●助産師
●保健師


看護の職種は、すべて資格が必要です。准看護師に必要な都道府県知事資格以外は、すべて国家資格の取得が必須となります。
看護職は、医療を必要とする方に必要な支援をおこなう「医療職」の一つです。

介護と看護の違い(2)|「業務内容の違い」

介護と看護の違い②業務内容の違い

2つ目の違いは「業務内容」です。
前述したように、介護は福祉職で看護は医療職となるため、おもな業務内容も異なります。

介護や看護と聞いて最初に思い浮かべる職業は、介護であれば介護職、看護であれば看護師ではないでしょうか?
そこで、介護職と看護師の業務内容をご紹介したいと思います。

【介護職の業務内容】

介護職は、高齢者や障がいを持っている利用者が安心して生活を送れるようにサポートする仕事です。
業務は大きく『身体介護』『生活援助』『その他の支援』3つに分けられます。

■身体介護■
身体介護は、食事や入浴、排せつ、着替え、移動など、利用者さんの身体に直接触れておこなう介助のこと。

身体介護のサービス例と具体的な業務内容は以下です。
●食事介助
1人で食事をスムーズに食べられなくなった方をサポートします。
食事の準備や配膳、そして食事や飲み物を利用者さんの口に運び、食べたり飲んだりしてもらう摂食介助、服薬介助、後片付け、食後の口腔ケアまでをおこないます。
●入浴介助
1人でスムーズに入浴できなくなった方をサポートします。
入浴の準備や衣類の着脱、お風呂で髪や体の洗浄、湯船の出入りサポート、入浴後の清拭、着替えなどをおこないます。
●排せつ介助
1人でスムーズにトイレに行ったり、排せつしたりができなくなった方をサポートします。
トイレへの移動や誘導、衣服の上げ下ろし、排せつの手伝い、おむつ交換、陰部の洗浄、排せつ物の処理などをおこないます。
●更衣介助
1人で着替えをスムーズにできなくなった方をサポートします。
朝や夜、パジャマや服の着脱のサポートや体の清拭、服の段差や皮膚のしわなどのチェックをおこないます。
●移乗介助
1人で移動や乗降がスムーズできなくなった方をサポートします。
起床介助や立位の介助、歩行介助、ベッドから車椅子や車椅子から車など移乗や乗降の介助などをおこないます。

身体介護で提供するサービスは他にもありますが、共通して言えるのは「利用者ができないことだけを手伝う」ということです。

■生活援助■
生活援助は、掃除、洗濯、調理といった、利用者さんの身体には触れずにおこなう身の回りのお世話のこと。利用者本人や家族が家事をすることができない場合に訪問介護員が自宅に伺い日常生活の援助をおこないます。

生活援助のサービス例と具体的な業務内容は以下です。
●洗濯
洗濯は、洗濯物を洗濯するだけではなく、洗濯できた衣類を干す(乾燥)、取り込む、畳む、タンスもしくはクローゼットに収納するまでが基本です。
●掃除
掃除は、利用者宅の掃除の仕方に合わせます。利用者宅にある掃除道具、洗剤などを使用し、掃除機や雑巾で水拭きなどをしてキレイに掃除します。掃除する主な場所は、居室、台所、トイレ、浴室、洗面所などです。あくまで利用者本人が使用する生活を行う範囲となっているため、窓拭きや庭の手入れなどは行いません。
●ゴミ出し
ゴミ出しは、指定の曜日に指定のゴミを出します。
●料理
料理は、利用者の食事の用意から配膳、片付けまでをおこないます。誕生日やお正月だからといって、特別な料理をすることはありません。
●買い物
買い物は、日常生活を営むための最低限必要な品物の購入に限ります。また、購入する場所は日常生活をしている地域内の近隣のお店などで購入しなければなりません。

他にも生活援助のサービスはありますが、共通して言えるのは「利用者本人が日常生活を送るうえで最低限必要なのことをサポートする」ということです

■その他の支援■
その他の支援は、リハビリや余暇活動のレクリエーションの提供、趣味などのサポートをすること。また利用者のメンタル面をケアすることも介護職の仕事の一つです。

【看護師の業務内容】

看護師は、医師の診察や治療をサポートし患者の健康を守る仕事です。
医師の指示に基づいて、患者の診療補助や入院生活の援助、看護をおこないます。

看護師がおこなう業務内容の例は以下です。
●問診
●検温、脈拍数、血圧測定
●巡回
●点滴、注射、採血
●与薬
●患者移送
●入院患者の食事、排泄の補助
●入院患者の入浴介助
●入院患者の体位交換、座位訓練
●入院患者のベッドメイキングなど身のまわりのお世話
●担当患者のカルテ記録
●看護師同士のミーティング
●他職種とのカンファレンス
●夜間のナースコール対応
●手術の準備、執刀医へ器具の手渡し業務(手術室看護師の場合)
など

仕事内容は、勤務する施設や病棟、診療科によって異なってきます。
しかし、患者を観察し症状を正確に把握して医師に報告するということは、どの職場であっても共通する仕事であり、看護師の役割と言えます。
また、看護師は患者だけでなく患者家族の対応や心のケアをおこなうこともあります。

介護と看護の違い(3)|「資格の違い」

介護と看護の違い③資格の違い

3つ目の違いは「資格の違い」です。
介護と看護の資格について見ていきましょう。

【介護の資格】

介護の仕事に就くには、資格が必要という訳ではありません。
未経験や無資格であっても、介護に関わる仕事をすることは可能です。
ただし、介護職以外の訪問介護員(ホームヘルパー)、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)の職種に就くには研修の修了や資格取得が必要です。

<介護資格の種類>
●介護職員初任者研修:公的資格(研修)
●介護福祉士実務者研修:公的資格(研修)
●介護福祉士:国家資格
●社会福祉士:国家資格
●介護支援専門員(ケアマネージャー):公的資格


介護職員初任者研修と介護福祉士実務者研修は、正式には資格ではありませんが介護の基礎知識やスキルを証明するための入門資格、ステップアップ資格として位置づけられています。
介護福祉士、社会福祉士の資格は国家資格となるため、国家試験を受けなければなりません。
介護支援専門員(ケアマネージャー)は公的資格で、取得するには介護福祉士国家資格、社会福祉士国家資格など、定められた国家資格を持っていることが条件の一つです。

◎介護の資格について知りたい方はこちら
「知って得する!介護の資格を徹底調査しました!」

◎介護職員初任者研修について知りたい方はこちら
「どんな資格?介護職員初任者研修を徹底調査!」

◎介護福祉士実務者研修について知りたい方はこちら
「介護福祉士実務者研修ってどんな資格?徹底調査しました!」

◎介護福祉士資格について知りたい方はこちら
「かんたん解説!介護福祉士とはどんな資格?」

◎社会福祉士資格について知りたい方はこちら
「わかりやすく解説!社会福祉士 ってどんな資格?」

◎介護支援専門員(ケアマネージャー)について知りたい方はこちら
「介護支援専門員(ケアマネージャー)ってどんな資格?」

【看護の資格】

看護の仕事に就くには、なにかしらの資格が必ず必要になります。
看護の仕事では、必要資格のほとんどが「国家資格」で、唯一国家資格ではないのが公的資格にあたる准看護師です。

<看護資格の種類>
●看護師:国家資格
●准看護師:公的資格
●助産師:国家資格
●保健師:国家資格


准看護師以外は、すべて国家資格の取得が必要です。
なかでも助産師と保健師は、それぞれの国家資格を取得する前に看護師の国家資格を取得しておかなければなりません。

さいごに

さいごに

介護と看護の違いについて解説してきましたが、いかがでしたでしょか?
介護は「日常生活を安全かつ快適に送るサポート」
看護は「病気やケガなどの治療、療養のサポート」
これが介護と看護のおもな役割であり、違いです。

介護の仕事のなかには、一部の医療行為が条件付きで認められていたり、看護の仕事のなかには患者さんを介助する仕事があったり、それぞれの仕事の中で介護や看護に関わる業務が含まれており、明確には分かれていません。
しかし、どちらにも言えることは「1人ひとりの人生、生活を見守りサポートする」ということです。介護の仕事、看護の仕事、どちらもケアの本質は同じであることを覚えておきましょう。

介護の転職なら介護ワーカー!

職場選びや面接に不安な方はぜひ介護ワーカーまでご相談ください。
求人のご提案、履歴書添削、面接同行まで・・・
経験豊富な専任アドバイザーが、あなたのお仕事探しを手厚くサポートいたします!
他にはない非公開の求人も!お気軽にご相談ください。
<<アドバイザーに相談してみる(無料)>>
<<とりあえず求人を見てみる>>

※掲載情報は公開日あるいは2021年07月01日時点のものです。制度・法の改定や改正などにより最新のものでない可能性があります。

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう