地域密着型特定施設入居者生活介護とはどんなサービス?

更新日:2021年09月08日

公開日:2021年09月08日

地域密着型特定施設入居者生活介護とはどんなサービス?

「地域密着型特定施設入居者生活介護」というサービスがあります。
長い名称であまり聞き慣れないかもしれません。

名前の通り、地域密着型の介護サービスですが、具体的にはどのようなサービスなのでしょうか?

本コラムでは、サービス内容や特徴についてわかりやすく解説していきます。
仕事内容に興味のある介護職員さんはぜひ参考にしてください。

地域密着型特定施設入居者生活介護とは

地域密着型特定施設とは

地域密着型特定施設入居者生活介護とは2006年よりスタートした地域密着型サービスの1つで、定員29名以下の小規模介護サービスです。

市町村の指定を受けた特定施設が、身体介護や生活支援、機能訓練、療養上の世話などを提供します。

役割

地域密着型特定施設入居者生活介護の役割は、地域に住む高齢者ができる限り住みなれた地域で、自立した生活を送れるように介護支援を行うことです。

厚生労働省令では基本方針について、
「入居者が指定地域密着型特定施設においてその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするもの」と定めています。

地域に根付いたアットホームな施設であることが特徴です。

利用対象者

利用対象となるのは、特定施設が所在する地域に住民票がある要介護1~要介護5の高齢者および、その配偶者です。
要支援1、要支援2は対象外となります。

そもそも特定施設とは?

特定施設とは、厚生労働省が定めている基準(人員基準・設備基準・運営基準)を満たし、都道府県や市町村の指定を受けた施設のことで、指定を受けた施設では、身体介護や機能訓練などのサービスを提供することが可能(介護付きホーム)になります。
特定施設に該当するのは
・介護付き有料老人ホーム
・軽費老人ホーム(ケアハウス)
・養護老人ホーム
・サービス付き高齢者住宅(一定の条件を満たしている場合)

です。

特定施設の利用者は、デイサービスなどの外部の介護サービスを受けられなくなりますが、定額制で24時間体制の介護サポートを受けられるというメリットがあります。

地域密着型特定施設入居者生活介護のサービス内容

地域密着型特定施設で提供されるサービス内容は次の通りです。

・食事(おやつ)
・排泄介助
・入浴介助(週2回以上)
・健康チェック
・服薬介助
・口腔ケア
・起床・就寝介助
・機能訓練
・レクリエーション
・散歩、外出介助
・居室清掃
・その他、身の回りのお世話
・生活に関する相談・助言

などです。

特定施設では週2回以上の入浴を提供することが運営基準に盛り込まれており、地域密着型特定施設入居者生活介護においてもその基準が適用されます。

また多くの施設で看護師が常駐し、健康チェックを欠かさず実施。急な体調変化にも適切な処置で対応します。

介護職員の仕事内容

地域密着型特定施設の介護職員の仕事内容

地域密着型特定施設での介護職員の仕事内容は、上記のサービス内容から

・身体介助
・居室整備
・清掃・洗濯
・機能訓練の補助
・レクリエーション企画・実行
・外出の付添い
・買い物代行
・身の回りのお世話
・事務作業


といった業務が挙げられます。
24時間体制ですので、もちろん早朝出勤や夜勤もあります

これらの業務内容は、従来の特定施設での業務内容と大きく変わりません。

ただ、地域密着型特定施設の場合は29名以下の小規模施設であるため、より利用者一人ひとりに向き合った手厚い介護サービスを提供することが求められます
接遇マナーやホスピタリティが重視され、季節の行事やレクリエーションなどに力を入れているところも多いでしょう。

また地域密着型特定施設は要介護1の高齢者から受け入れ可能のため、比較的介護依存度が低い利用者が多いことも特徴です。
同じような地域密着型の施設である「地域密着型介護老人福祉施設」に比べると、身体介助などの重労働が少ない傾向にあります。

<地域密着型介護老人福祉施設についてはこちら>
◆地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(地域密着型特別養護老人ホーム)とは

人員配置

地域密着型特定施設の人員基準は以下の通りです。

管理者
 専従1名
 (運営上、支障がなければ他職務と兼務可)

生活相談員
 常勤1名以上

看護師
 常勤1名以上

介護職員
 常勤1名以上

機能訓練指導員
 1名以上
 (運営上、支障がなければ他職務と兼務可)

計画作成担当者
 介護支援専門員1名以上 
 (運営上、支障がなければ他職務と兼務可)


介護職員の資格要件はなく無資格未経験であっても働くことはできますが、身体介助業務があるため、求人では初任者研修の修了者を条件にしている施設が多いでしょう。

まとめ

地域密着型特定施設入居者生活介護を解説しました。

比較的、介護依存度の低い元気な方が利用されることの多い施設です。
利用者さんとコミュニケーションをとることが好きだったり、
一緒に行事やレクリエーションなどを楽しみたいという職員さんに
おすすめの介護施設ではないかと思います。

求人数はあまり多くありませんので、転職を希望される方は転職活動の早い段階からこまめに求人情報をチェックされることをおすすめします。
★介護ワーカーの求人を見てみる

<関連コラム>
◆地域密着型サービス
介護の地域密着型サービスとは何か?サービスの特徴や種類をまとめました 

◆地域包括ケアシステム
地域包括ケアシステムとはどんな制度?目的や構成要素を簡単に解説します

◆地域包括支援センター
地域包括支援センターとは?役割や仕事内容、課題などわかりやすく解説します

地域密着型サービスのお仕事も介護ワーカーへ!

「地域密着型サービスで介護の仕事がしたい」
「地域密着型特定施設の求人ってないの?」
など、お住まいの地域での転職をご希望のあなたは、地方の求人も豊富な介護ワーカーへお問合せください!

他にはない非公開の求人も多数!
地域の情報に精通したアドバイザーがあなたのお仕事探しをお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください。
★介護ワーカーに相談してみる(無料)

※掲載情報は公開日あるいは2021年09月08日時点のものです。制度・法の改定や改正などにより最新のものでない可能性があります。

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう