柔道整復師

柔道整復師の資格について

柔道整復師

  • 資格について

    柔道整復師とは、整復・固定などの治療を行うために取得する国家資格です。厚生労働省では柔道整復師を整骨医、接骨医と定められており、柔道整復師が施術する治療は医業の一部として認められています。

    柔道整復師の主な業務内容は、打撲、捻挫、脱臼及び骨折に対して手術や薬に頼らず「非観血的療法」にて治療し、回復に導くことを目的とした施術が中心となります。

    柔道整復師の有資格は、整骨院などの病院やスポーツトレーナー、ケアマネージャー、機能訓練指導員として活躍することができ、”医学の現場”、”福祉の現場”、”スポーツ分野”においてそれぞれ専門知識と資格を活かして働くことができます。

    よく間違われがちな整体師との違いについては、柔道整復師は国家資格であることに対し、整体師は民間の資格であることのほか、柔道整復師の治療は保険適用になるのに対し、整体師の治療においては保険適用外となることが一番の違いとなります。

    資格取得について

    柔道整復師の資格を取得するには、高校卒業後に柔道整復師養成課程のある大学や短大、専門学校で3年以上学び、必要な科目を履修し国家試験に合格 することが必須となります。国家試験は毎年3月上旬に行われ、受験者のうち約7割以上が合格している傾向にあります。

    主に専門学校などで受けるカリキュラムには、解剖学や生理学、一般臨床医学などの科目を含むさまざまな授業があり、 医療資格を取得するための実習や、実際に医療現場での講習などが組み込まれています。近年では、国家資格である柔道整復師の資格取得に向けた学習を基本に、そのほかにもカイロプラクティックやアロマテラピーなど、+αとなるワンランク上の技術の習得を目指したカリキュラムが組み込まれていることが多くなってきています。

    転職・就職について

    柔道整復師の有資格者の活躍フィールドは幅広く、整骨院や整形外科などの医療機関で施術を行うほか、経験年数などに応じて介護や福祉関連施設にてケアマネージャーとしても活躍することができます。近年では、少子高齢化が進む中、柔道整復師が介護業界で活躍する場も増えており、柔道整復師によるプログラムに沿ったリハビリを行うデイサービスなどでは積極的な募集があります。

    一方で、現在柔道整復師は飽和状態となりつつあり、就職先となる整骨院などの競争は激しくなってきています。そのため、近隣に同様の医療機関が多数展開されていないかどうかなど、長く働いていくためにさまざまな視野を持って就職先を探すことが必要となってきています。しかしながら、柔道整復師は安定して需要のある資格ですので、働きたい勤務地や条件にマッチしたお仕事は探せば見つかる傾向にあります。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

柔道整復師-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!