介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の資格について

無資格・未経験がとるべき資格
「介護職員初任者研修」って
どんな資格?

介護職として働くには資格が必要なの?

これから介護職に就こうと思っている方がはじめに気になることは、介護の資格がなくても働くことができるのかどうか?ということだと思います。結論から言いますと、資格はなくても介護職員として働くことは可能です。というのも、介護職に関連する資格はたくさんありますが、介護を必要とする要介護認定を受けた高齢者の身体介護を行うにあたって、国によって必ずしも介護資格を取得しなければいけないという義務付けが成されていないからです。かといって、「じゃあ資格がなくてもやりたい仕事が好きにできるのか?」といえばそういうわけではありません。資格を取得することにより、高齢者に負担をかけない介護ケアのノウハウや、介護に関わる専門知識を身に付けることができるため、介護職員として働く場合、無資格よりも資格があるほうが当たり前ですが良いと考えられています。
どの介護施設においても、はじめは無資格からのスタートだったとしても、のちに必ず介護資格の取得を薦められることになるでしょう。

たくさんある介護資格…
何から取得すればいいの?

介護の資格といっても、ホームヘルパー1級、2級や介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士、社会福祉主事など…介護職員として携わる仕事内容に関連してさまざまな資格があります。現在は廃止となっている資格もありますが、すでに取得している方も有資格者として重宝される存在となっています。
このように、実に介護職員が取得できる資格はたくさんあるのですが、未経験や無資格といった方がはじめに取るべき資格、それは「介護職員初任者研修」です。
すべての介護職員の入門編の資格とされており、この資格を取得しないと介護職員としてのスキルアップは始まらない!といっても過言ではありません。
では、「介護職員初任者研修」資格について詳しく見ていきましょう。

介護職員初任者研修ってどんな資格?

介護職員初任者研修は、厚生労働省が認定している公的資格です。以前はホームヘルパー2級という資格がありましたが、現在は取得が廃止され、代わりに介護職員初任者研修がホームヘルパー2級相当の資格として位置づけされています。
介護職員としてキャリアを築いていくうえで、介護職員初任者研修の取得は最初のステップといわれており、主に介護の基礎知識を学び実践に活かすことのできる資格となっています。

介護職員初任者研修を取得するメリットって?

ここまで、介護職員初任者研修は取得すべき資格だという話をしてきましたが、取得をおすすめする理由として、知識が身につくという点以外のメリットをいくつかご紹介します。

1.資格取得の有無が給与に大きく関係している

ほとんどの介護施設では、資格の有無によって支給する給与に差があります。具体的にいうと、取得している資格の難易度によって支給される給与額が異なるということ。特に、国家資格である介護福祉士や社会福祉士など、資格取得が難しい資格であればあるほど資格手当も高くなり、支給される給与額に大きく反映されていきます。当然、無資格と介護職員初任者研修の資格がある方とでは、資格を取得している方のほうがスタートの給与額は多少なりとも多い傾向にあります。(※カイゴワーカー調べ)働くうえで軽視できない給与面に反映されるとあれば、資格を取得していて間違いはなさそうですよね。

2.介護職員としてキャリアアップのスタートラインに立つことができる資格

介護職のスペシャリストとして位置づけされている国家資格の「介護福祉士」などを後々取得するにあたって、介護職員初任者研修をはじめ、基礎となる資格のステップを踏んでいるということはとても大事です。なぜならば、介護福祉士の資格取得条件として、介護職員初任者研修のひとつ上の資格である「介護職員実務者研修」を取得していなければ、そもそもの受講資格がないからです。さらにもう一つ。増え続ける介護職員のキャリアアッププランとして現在厚生労働省が定めている資格取得の流れでも、スタートラインと定めている資格が介護職員初任者研修なのです。
このキャリアアッププランの流れに応じて、経験を積みながら少しずつ資格を取得していけば、介護職員としてのスキルアップが望めるだけでなく、国が支給する各種手当の支給対象になれるというメリットも生まれてくるのです。

介護職員初任者研修の概要

参照:厚生労働省 介護職員初任者研修の概要より

3.資格を取得していることで転職にも有利!

介護業界では、さまざまな理由により離職する方が多く、それと同時に転職するという方も非常に多い業界です。全国において、実にたくさんの介護職求人が年間を通して募集があるという現状ですが、採用に関しては経験があっても無資格という方よりも、経験は浅くても資格があるという方のほうが重宝されやすい傾向にあります。無資格でも採用はしてくれるところももちろん少なくはないのですが、規模の大きな介護施設などでは資格の有無が採用の分かれ道であるといっても過言ではありません。そのため、介護職員としてのスタートラインとなる介護職員初任者研修は、絶対取得しておきたい資格であるといえるわけなのです。

介護職員初任者研修の受験資格や受験方法、
合格率は?

以下では、介護職員初任者研修の資格取得方法や詳しい受験要項をまとめています。
この記事を読んでぜひ参考にしてみてくださいね♪

1.受験資格

介護職員初任者研修の資格取得において、学歴などの受験資格は特にありません。未資格や未経験といった資格を取得したいすべての方が対象となります。

2.受験方法

介護職員初任者研修は、民間団体や公益法人が運営するカリキュラムを修了し筆記試験に合格することで資格を取得することができます。旧ヘルパー2級では筆記試験の過程はありませんでしたが、介護職員初任者研修では全過程のカリキュラムが終了したあとに筆記試験を受けなくてはいけません。
筆記試験を受けるためのカリキュラム受講においては、専門のスクールもしくは通信講座で受講することができます。
以下ではカリキュラムの内容と試験内容を詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

3.カリキュラムの内容

資格取得において、介護職員としての基礎を学ぶカリキュラムは10項目、全100時間です。講義の振り返りを含めると合計時間は130時間となっています。

項目 時間数
職務の理解 6
介護における尊厳の保持・自立支援 9
介護の基本 6
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9
介護におけるコミュニケーション技術 6
老化の理解 6
認知症の理解 6
障害の理解 3
こころとからだのしくみと生活支援 75
講義の振り返り 4
合計 130

※上記講義項目とは別で、筆記試験による修了評価(1時間程度)を実施。

4.筆記試験の出題項目と科目

項目 科目
1.介護における尊厳の
保持・自立支援
(1)人権と尊厳を支える介護
(2)自立に向けた介護
2.介護の基本 (1)介護の役割、専門性と他職種との連携
(2)介護職の職業倫理
(3)介護における安全の確保と
リスクマネジメント
(4)介護職の安全
3.介護・福祉サービスの理解と医療との連携 (1)介護保険制度
(2)障害者総合支援制度及びその他制度
(3)医療との連携とリハビリテーション
4.介護における
コミュニケーション技術
(1)介護におけるコミュニケーション
(2)介護におけるチームのコミュニケーション
5.老化の理解 (1)老化に伴うこころとからだの変化と日常
(2)高齢者と健康
6.認知症の理解 (1)認知症を取り巻く環境
(2)医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理
(3)認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
(4)家族への支援
7.障害の理解 (1)障害の基礎的理解
(2)障害の医学的側面、生活障害、心理・行動の特徴、かかわり支援等の基礎的知識
(3)家族の心理、かかわり支援の理解
8.こころとからだの
しくみと生活支援技術
(1)介護の基本的な考え方
(2)介護に関するこころのしくみの基礎的理解
(3)介護に関するからだのしくみの基礎的理解
(4)生活と家事
(5)快適な居住環境整備と介護
(6)整容に関連したこころとからだののしくみと自立に向けた介護
(7)移動・移乗に関連したこころとからだの
しくみと自立に向けた介護
(8)介護に関連したこころとからだのしくみと
自立に向けた介護
(9)入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
(10)排泄に関連したこころとからだのしくみと
自立に向けた介護
(11)睡眠に関連したこころとからだのしくみと
自立に向けた介護
(12)死にゆく人に関連したこころとからだの
しくみと自立に向けた介護

※「東京都介護職員初任者研修事業実施要綱 別紙1」より抜粋

5.合格ラインと合格率について

必要なカリキュラムの全過程を修了した後は、各スクールによって定められた試験日に筆記試験を受けることになります。
筆記試験の合格ラインは100点中70点。合格率については具体的な数字は正式には発表されていませんが、あくまでも介護職員として基礎となる知識を身に付けているかどうかという点において筆記試験を実施しているため、しっかりとカリキュラムで学んでいれば合格できる内容だそうです。万が一不合格となった場合でも、各スクールにて再試験を受けることが可能ですので、安心して試験に挑んでいただければ問題ありません。

スクール・通信講座どっちがおすすめ?

介護職員初任者研修の資格は、専門のスクールもしくは通信講座を受講し、筆記試験に合格してはじめて資格を取得することができます。
規模の大きな介護施設などによっては、提携しているスクールなどが決まっている場合もありますが、基本的には資格を取得したい方ご自身で探すことになるでしょう。
そこで気になることといえば、スクールと通信講座、実際どっちが良いの?ということでしょう。
以下では、スクールと通信講座についてご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

時間短縮したいなら通信講座がおすすめ!
ただしカリキュラムの全過程を通信講座で補うことは
不可

通信講座の良いところは、スクールに足を運ばずに自宅で好きなタイミングで学習することが可能な点ですよね。そのため、全カリキュラムをスクールで受講する場合と比較すると、受講に要する時間は大幅に短縮することが可能です。
しかし、残念ながら介護職員初任者研修の受講しなければいけないカリキュラムは全10項目、合計時間にすると130時間。その中で、通信に費やすことができる時間は最大で40.5時間まで。ということは、残りの89.5時間は最低でも提携先の各スクールにおいて授業を受けないといけないということになります。
介護職員初任者研修の資格を取得する場合、通信講座を選択することが可能ですが、カリキュラムの全過程を補うことはできないということはしっかりと覚えておきましょう。

とはいえ、最大で40.5時間までは自宅学習が可能なため、お仕事との両立でなかなかスクールに通う時間がないという方にはありがたい内容ですよね♪
ちなみに、通信講座を利用される方の多くは、月の約半分で受講修了となる「短期集中コース」に人気が集中する傾向にあるようです。

学んだことをおさらいしながら時間をかけて学びたいならスクールがおすすめ

時間に余裕があるという方や、自宅学習はついついさぼってしまいがちという方は、スクールに出向き全カリキュラムを受講することをおすすめします。
スクールによっては、実技を通して実際に介護業務を詳しく学ぶという方法を取り入れているところもあるなど、自宅学習では学びきれない部分もしっかりと学ぶことができます。おさらいしたい部分を講師の方に質問する機会も多くありますので、カリキュラム修了後の筆記試験対策もしっかり行うことができますよ。
お仕事休みの日を利用して土日に集中して受講するコースや、平日に1日8時間みっちり学ぶコースなど、スクールによって本当にさまざまなコースがありますので、お仕事やプライベートとの両立がしやすいコースを選択してくださいね。

なお、就職や転職を視野に入れながら資格取得を目指している場合は、就職を希望する介護施設の福利厚生に『資格取得支援制度』がないかどうかをチェックしてみることをおすすめします。
提携先のスクールもしくは同法人が運営するスクールにて、全額負担で受講することが可能な場合も多くありますので、見逃せない制度なのですよ。

まとめ

介護職員初任者研修は、厚生労働省が認定している公的資格です。以前はホームヘルパー2級という資格がありましたが、現在は取得が廃止され、代わりに介護職員初任者研修がホームヘルパー2級相当の資格として位置づけされています。
介護職員としてキャリアを築いていくうえで、介護職員初任者研修の取得は最初のステップといわれており、主に介護の基礎知識を学び実践に活かすことのできる資格となっています。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

介護職員初任者研修-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!