介護支援専門員ってどんな資格?

介護支援専門員の資格について

介護支援専門員ってどんな資格?

介護支援専門員とは、2000年の介護保険法の施行にともなって位置づけられた職種で、ケアマネジメントを行う立場の者のことを指します。また、介護支援専門員は一般的に「ケアマネージャー」と呼ばれています。介護保険のスペシャリストとして、要介護者に対して介護保険法に基づいた適切な支援を行っていきます。なお、介護支援専門員は公的資格であり、国家資格ではありません。

介護支援専門員の役割主な職場は?

「介護サービスのコーディネート職」ともいわれる介護支援専門員ですが、具体的にどのような活躍の場や役割があるのでしょうか?ここからは、介護支援専門員の役割と主な職場をご紹介します。

介護支援専門員の役割
1. ケアプランの作成と介護給付費の管理

介護支援専門員の役割は、要介護の方が適切な介護サービスを受けられるよう、状態に応じたケアプランを立てることです。ケアプランの作成には、課題の把握(=アセスメント能力)が求められます。要介護者の現状の課題を把握し、一緒に目標を決めて、その達成状況を観察しながら把握していく必要があります。また、要介護者が介護サービスを利用するなかで発生する介護給付費の管理も、介護支援専門員の重要な仕事です。

介護支援専門員の役割
2. 要介護者と介護サービス事業所の間の調整役

介護支援専門員のもう1つの役割が、要介護者と介護サービス事業所を繋ぎあわせることです。介護サービスを提供する場所として、訪問介護や通所介護などさまざまな事業所があります。多くの介護サービス事業所のなかから、要介護者の状況にあった事業所の情報を提供し、要介護者が希望通りの事業所を見つけることができるようサポートをします。また、要介護者が直接介護サービス事業所に伝えづらい要望などを、介護支援専門員が代弁して伝える、調整役としての役目もあります。

介護支援専門員の主な職場
「居宅介護支援事業所」または「介護老人福祉施設」

施設写真

介護支援専門員の主な職場は、大きく分けて「居宅介護支援事業所」か、特別養護老人ホームなどの「介護老人福祉施設」です。それぞれの職場によって、介護支援専門員の業務は若干異なります。たとえば、居宅介護支援事業所に勤務する場合、在宅の要介護者のケアプラン作成や、通所介護への紹介などの調整業務が主な仕事です。一方、介護老人福祉施設で勤務する場合は、調整業務の仕事はありません。その代わり、施設行事の参加や利用者の送迎など、ケアマネジメント以外の業務にも携わる可能性があり、施設によって業務の幅は異なってきます。

介護支援専門員の
資格を取得するメリットって?

ここからは、介護支援専門員の資格を取得することで得られる、2つの大きなメリットをみていきましょう。

お給料アップやキャリアアップへとつながる

介護支援専門員は、いきなり資格を取得して始められる仕事ではありません。つまり、介護支援専門員の資格を取得しているということは、介護職員としての実務経験を積み、さらに専門的に介護知識を学んだ証になります。実際に介護支援専門員として仕事ができるようになれば、ケアマネージャーとしての経験が積めるのはもちろんのこと、資格手当の上乗せや、さらなるキャリアアップの選択肢も広がるチャンスとなります。また、資格の知名度が高いため、履歴書に記載することで評価をされやすく、就職や転職時にも有利になるでしょう。

仕事とプライベートの両立が可能

介護支援専門員の主な仕事である、要介護者の自宅への訪問やケアプラン作成などの事務作業は、基本的に日中に行います。 介護職員のように夜間勤務の必要がないため、結婚や子育てでライフスタイルに変化があっても、続けやすい仕事といえます。また要介護者の自宅への訪問は、自身の都合で調整することも可能なため、自由度が高い働き方ができます。介護職でのキャリアアップとプライベートを両立させたい方には、大きなメリットといえるでしょう。

介護支援専門員実務研修受講試験の
受験資格や受験方法、合格率は?

介護支援専門員になるためには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要です。以下では、介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格や受験方法などを詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

介護支援専門員実務研修受講試験の概要

ペンとノート

介護支援専門員実務研修受講試験は、例年10月に試験が行われ、12月に試験結果が発表されます。試験問題は、「介護支援分野」と「保険医療福祉サービス分野」の2つに分かれています。介護支援分野が25点、保険医療福祉サービス分野が35点の合計60点満点で、マークシートの「五肢複択方式」です。五肢複択方式とは、1つの問題に対して5つの選択肢があり、複数の適切な解答を選ぶ方式のことです。つまり、選択した解答が1つでも間違っていると点数にはならないため、幅広く正確な知識が必要な試験となります。

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格は、2018年以降の試験から一部が変更されました。新たな受験資格では、以下のいずれかの業務に関して、「通算5年以上の実務経験と900日以上の従事日数」が必要となります。なお、この実務経験は試験前日までカウントすることが可能です。

国家資格などに基づく業務

医師、看護師 / 理学療法士、作業療法士 / 社会福祉士、介護福祉士など

生活指導員

特定施設入居者生活介護 / 介護老人福祉施設などの施設における生活相談員としての業務

支援相談員

介護老人保健施設における支援相談員としての業務

相談支援専門員

計画相談支援 / 障害児相談支援における相談支援専門員としての業務

主任相談支援員

生活困窮者自立相談支援事業などにおける主任相談支援員としての業務

介護支援専門員実務研修受講試験の受験方法

ここからは、介護支援専門員実務研修受講試験に申し込むために必要な手順について、ご説明します。

1. 願書を受け取る

介護支援専門員実務研修受講試験に申し込むためには、まず願書を手に入れる必要があります。願書の申請方法や手数料などは、都道府県や試験実施団体によって異なるため注意が必要です。また、願書の申請期間は例年5月末〜6月末までの約1ヶ月間となっています。しかし、受験申込期間も同じ期間内で設定しているところがほとんどなので、願書の申請は早めに行うようにしましょう!

2. 受験申込期間内に願書を送付する

願書を受け取ったら、きちんと内容を確認して、受験申込期間内に願書を送付しましょう。願書の送付と同時に、受験料の払込みも必要です。受験料は、都道府県や試験実施団体によって異なりますが、相場は8000円〜9000円となっています。

3. 受験票を受け取る

自宅に受験票が届いたら、試験当日まで無くさないよう大切に保管してください。また、試験日の2週間前になっても受験票が届かない場合は、指定の問い合わせ先に確認するようにしましょう。

介護支援専門員実務研修受講試験の合格率

介護支援専門員実務研修受講試験は、介護福祉系の資格のなかでも難関資格の1つといわれています。実際に、介護支援専門員実務研修受講試験の気になる合格率は約15〜20%で、難易度が高めであることがわかります。介護支援専門員実務研修受講試験は、正答率70%が合格基準点のため、介護支援分野で18点、保険医療福祉サービス分野で25点獲得することが合格ラインといえます。

合格率グラフ

参考:厚生労働省「第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」
(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187425.html)を基に弊社独自に作成

介護支援専門員実務研修受講試験を
合格した後の流れは?

男女

介護支援専門員実務研修受講試験に晴れて合格した場合、「介護支援専門員実務研修の受講」「介護支援専門員資格登録簿への登録」が必要になります。これらの必要な申請を行うことで、ようやく介護支援専門員として業務に携わることができます。以下では、実際に介護支援専門員として働くために必要な手順をご紹介します。

1. 介護支援専門員実務研修を受講する

まずは年に数回、各都道府県で実施されている「介護支援専門員実務研修」を受講することが必要です。全部で87時間の研修時間となっており、実施期間や受講料は各都道府県によって異なるため、ホームページなどで確認をしておきましょう。

2. 介護支援専門員資格登録簿への登録申請

介護支援専門員実務研修を修了した、3ヶ月以内に「介護支援専門員資格登録簿への登録申請」を行う必要があります。

3. 介護支援専門員証の交付申請

介護支援専門員資格登録簿への登録申請と同時に行っておきたいのが、「介護支援専門員証の交付申請」です。交付申請には、証明写真と交付手数料が必要です。この交付手数料や申請先は各都道府県によって異なるため、事前に確認が必要です。

介護支援専門員の資格は更新が必要なの?

介護支援専門員の資格は、5年ごとに更新が必要です。更新には「介護支援専門員更新研修」を受講する必要があり、介護支援専門員としての知識や能力を維持することを目的としています。この研修を受講するべきかどうか、また受講する場合はどのような研修を受講するべきかは、更新回数などによって異なってきます。また、更新の期間を過ぎてしまった場合でも、速やかに更新申請もしくは介護支援専門員再研修を受講することで、登録の取消し処分を避けることができます。しかし、基本的には更新の年を向かえたら早めに研修の受講や、更新申請を行うようにしましょう。

まとめ

介護支援専門員は、介護保険のスペシャリストとして高度な知識とスキルが幅広く求められる仕事です。高齢化が進む日本において、ケアマネージャーの活躍の場や需要は今後も増えていくでしょう。また、長年の実務経験や知識をもとに作成されるケアプランは、要介護者やその家族にとって、介護の要といえます。介護に直接携わるのではなく、要介護者と介護サービス事業所の双方をサポートする介護支援専門員の役割はとても重要で、大きなやりがいを感じられるでしょう。更新のたびに研修を受け、常に新しい知識やスキルを学ぶ必要がある介護支援専門員は、まさに介護職のキャリアを極めることができる資格です。今までの実務経験を活かして、介護職でキャリアアップしていきたい方は、ぜひ介護支援専門員の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

ケアマネの求人はこちら キャリアアップ求人特集

ケアマネになりたい方におすすめ!

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

求人を検索する

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

お役立ち情報

会社情報

リンク

トップに戻る

介護支援専門員(ケアマネージャー)-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!