介護支援専門員

介護支援専門員の資格について

介護支援専門員

  • 資格について

    主任介護支援専門員は、2006年度に行われた介護保険法改正によって新たに創設された資格です。介護支援専門員としての経験が5年以上ある方(※一定の実務経験や研修受講の条件を満たす必要あり)を対象にしており、いわば介護支援専門員の資格よりも一つランクが上の資格ということになります。そのため、介護支援専門員の資格を有するケアマネージャーが、ステップアップやキャリアアップのために取得する場合が多く、主に地域包括センターなどの現場で活かされている傾向にあります。近年ますます注目されている資格であり、介護相談のスペシャリストという位置づけで確立されつつある、注目度ナンバーワンの資格でとして需要がますます高まっています!

    資格取得について

    介護支援専門員との違いが分からないという方が多いと思いますが、専任の介護支援門員として従事した期間が通算して 5年(60ヶ月)以上であることをはじめ、地域によって定められたその他の要件を満たした方が取得できる資格となります。そのため、まずは介護支援専門員の資格を有していなければ、そもそもの資格取得のための受講資格がありません。

    資格取得のためには、地域によって受講日程などが異なりますが、おおよそ約10日間の研修期間で座学・実習を学ばなければいけません。研修では、ケアマネージャーのリーダー的位置づけとして、介護サービスや福祉サービスを行う関連先との連携力を身に着けたり、地域包括ケアシステムの構築を実施するためのケアマネージャの養成など、介護相談のエキスパートとして活躍していくために必要となる項目について学び、ノウハウを身につけることを目的としています。

    転職・就職について

    主任介護支援専門員の資格を有するケアマネージャーは転職に非常に有利といえるでしょう。なぜならば、ケアマネージャーの中でも通算5年を超える経験とさまざまな専門知識を身に付け、さらには人材育成にも注力できる人材はなかなかいないからです。新たに介護関連事業所を新設する場合、特に主任介護支援専門員の資格を有するケアマネージャーの需要は高く、スタッフの養成やチームの連携、また地域ネットワークへの介入など、主任介護支援専門員として身に付けた能力を存分に発揮できる人材として、積極採用に至るケースも多くあります。

    求人傾向では、常勤職としての募集が大半で、年収は約370~400万円程度と高給与の求人も多く見られます。当直なし・日勤のみのお仕事が中心ですので、子育て中の方も資格を活かして活躍することができ、長く腰を据えて働くことができる環境といえるでしょう。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

介護支援専門員-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!