認知症実践者研修

認知症実践者研修の資格について

認知症実践者研修:介護の資格

  • 資格について

    認知症実践者研修では、認知症介護技術の向上と認知症介護の専門職員を養成することにより、認知症高齢者へ充実した介護サービスを提供することを目的としています。近年、介護業界で注目が高まりつつある資格であり、都道府県が主催し受講することが可能となっています。

    グループホームや小規模多機能居宅介護施設など、認知症ケアを目的とする介護施設は増加傾向にあり、事業所が資格取得を要請するケースが大半となります。というのも、グループホームでは1ユニットに1名は修了者の配置が義務付けられているからです。また、認知症実務者研修の修了者であれば、計画作成担当者として従事することができ、認知症対応施設の管理者としても従事することが可能となります。(※管理者の場合はその他の資格も必要となります。)

    資格取得について

    認知症実践者研修の受講資格は以下になります。

    【受講要件】

    ・認知症高齢者の介護経験が原則2年以上あること

    ・認知症に関して介護福祉士と同程度の知識を持っていること

    ・施設内で介護のチームリーダーである、または近い将来そうなる予定であること

    上記の要件を満たすものであり、さらには事業所の推薦があってはじめて受講することが可能となります。また、申し込み人数が多い場合は抽選となることもあります。

    受講期間などについては、都道府県または各市区町村によって異なります。

    研修内容は、大きく分けて「講義」「演習」「自施設実習」の3つから構成されており、講義では座学などを学び、レポート提出も行います。

    これらの研修内容を修了したものが、認知症実践者研修の修了者として認定されます。認知症対応施設に配置が義務付けられている資格のため、資格取得後は履歴書にも記載することが可能となります。

    転職・就職について

    認知症ケアのエキスパート”として認知されている資格であり、グループホームなどでは配置を義務付けられていることもあり、有資格であれば認知症ケアに関連する施設で活躍することができます。今後ますます高齢化社会は進むといわれ、認知症に対応する施設も増加していくと予想されています。となると、今後はますます介護職員の知識や技術などのスキルが強く求められることとなるでしょう。

    そのときに、認知症ケアについてさまざまな専門知識や技術を要する認知症実践者研修の修了者であるということは、転職・就職に非常に有利であるといえます。認知症対応施設の求人は全国的に多く、常に介護職員の募集がある状況となっています。そのため、介護職員自体の平均給与はさほど高めとはいえませんが、認知症ケアのリーダー格、または管理者として貢献することができるこちらの資格があれば、給与の交渉をはじめ、待遇面などについても優遇してもらえる可能性は大いにあるでしょう。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

認知症ケア専門士-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!