福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の資格について

■ 福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門相談員とは、介護保険を使って福祉用具を利用される方に、福祉用具の使用方法の指導や福祉用具の選定におけるサポートなどを行う専門職のことをいいます。
現在、福祉用具貸与・販売事業所などにおいては、福祉用具専門相談員を2名以上配置することが義務づけられています。
また、少子高齢化に伴い介護ニーズが高まっているため、福祉用具専門相談員の活躍できる場も今後増加すると考えられるでしょう。
なお、福祉用具専門相談員の資格がなくても、保健師、看護師、理学療法士など特定の国家資格を持っている方は、福祉用具専門相談員の業務を行うことができます。

■ 福祉用具専門相談員の仕事とは?

まず、福祉用具専門相談員の仕事は、福祉用具を利用する方の住環境や心身の状態を考慮しながら、その方に最適な福祉用具を選定することから始まります。
次に、福祉用具専門相談員は選定した福祉用具を、どのように利用していくかケアマネージャーなどと相談し、「福祉用具サービス計画書」を作成します。福祉用具の利用計画作成後、使用環境に問題がないか自宅に訪問するなどして最終確認を行い、利用者さんやご家族に福祉用具の使用方法を説明するといったことがおおまかな一連の仕事の流れです。
また、福祉用具を購入した後も福祉用具の点検を行ったり、適切に使用できているか確認したりして、事故が起きないように予防することも福祉用具専門相談員の重要な仕事です。
福祉用具は種類が年々増加してきているため、常に情報収集をし、専門性の高い知識を養っておくことが福祉用具専門相談員には求められています。

■ 福祉用具専門相談員の資格取得のメリットとは?

福祉用具専門相談員の仕事内容についておわかりいただけたかと思います。では、福祉用具専門相談員の資格を取得するメリットには何があるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

1.福祉用具の専門知識が身につく!

介護分野で仕事を続けていくうえで、福祉用具の知識は必ず必要になってきます。介護現場では、福祉用具専門相談員の資格を持っている方が未だ少ない現状にあるため、福祉用具の使用方法が曖昧なまま働いている方もいらっしゃいます。福祉用具について専門性の高い知識があれば、福祉用具を利用する方だけでなく、介護をする側にも福祉用具に関するアドバイスをすることができ、様々なシーンでより要介護者に寄り添ったケアを行うことができます。

2.転職に有利に働く!

介護職は資格がなくても働くことができますが、無資格者と比べると資格を持っている方のほうが転職は有利に進められます。福祉用具専門相談員の資格を取得することのハードルはそこまで高くはなく、介護資格の中では比較的取得しやすい資格といえます。
また、前述したとおり福祉用具貸与・販売事業所では福祉用具専門相談員の配置が義務づけられていることから、福祉用具専門相談員は必要不可欠な存在となっています。福祉用具貸与・販売事業所での採用に有利に働くことはもちろん、介護職員としての仕事の幅を広げたい、スキルアップしたいとお考えの方にとっても取得しておきたい資格なのです。

■ 福祉用具専門相談員の資格取得までの流れ

福祉用具専門相談員の資格を取得するには、各都道府県知事の指定を受けた事業所が実施している、「福祉用具専門相談員指定講習」を受講し、講習修了後に行われる修了評価試験に合格する必要があります。受験資格や資格取得までの流れについては以下のとおりになります。

1.福祉用具専門相談員の受験資格について

福祉用具専門相談員の資格取得において、学歴や経験などの受験資格はありません。そのため、未経験の方でも受験が可能となっています。

2.福祉用具専門相談員の受験申込について

福祉用具専門相談員の資格を取得するためには、前述したとおり、福祉用具専門相談員指定講習を受けなければなりません。講習実施事業所は全国各地にあるため、各都道府県のホームページを参考にお近くの事業所をお探しください。講習の開始時期は実施事業所によって異なるため、確認が必要です。受講料は事業所によって異なりますが、大体3万円~6万円ほどと介護の資格の中では比較的安く済むため、取得しやすい資格といえるでしょう。

3.福祉用具専門相談員の講習カリキュラムについて

福祉用具専門相談員の資格を取得するためには、合計50時間の福祉用具専門相談員指定講習を受ける必要があります。1週間程度ですべての講習を修了できる事業所がほとんどであるため、資格取得までそれほど時間はかかりません。講習のカリキュラムは以下の表のとおりになります。(※)

学習科目 内容 時間数
福祉用具と
福祉用具専門相談員の役割
福祉用具の役割 1時間
福祉用具専門相談員の役割と職業倫理 1時間
介護保険制度等に
関する基礎知識
介護保険制度等の考え方と仕組み 2時間
介護サービスにおける視点 2時間
高齢者と介護・医療に
関する基礎知識
からだとこころの理解 6時間
リハビリテーション 2時間
高齢者の日常生活の理解 2時間
介護技術 4時間
住環境と住宅改修 2時間
個別の福祉用具に
関する知識・技術
福祉用具の特徴 8時間
福祉用具の活用 8時間
福祉用具に係るサービスの仕組みと
利用の支援に関する知識
福祉用具の供給の仕組み 2時間
福祉用具貸与計画等の意義と活用 5時間
福祉用具の利用の
支援に関する総合演習
福祉用具による支援の手順と
福祉用具貸与計画等の作成
5時間
合計時間数 50時間
(※) 大阪府 福祉用具専門相談員指定講習について

4.福祉用具専門相談員の修了評価試験について

50時間の福祉用具専門相談員指定講習修了後に、1時間程度の筆記試験を受ける必要があります。この試験の結果が講習修了評価となり、試験に合格すれば修了証明書が発行されます。修了証明書を受け取った方はすぐに福祉用具専門相談員として働くことができます。

5.福祉用具専門相談員修了評価試験の合格率と難易度

福祉用具専門相談員修了評価試験の合格率は公表されてはいませんが、難易度は高くない試験といえます。福祉用具専門相談員指定講習の内容が理解できているか確認するための試験であるため、学習内容をしっかり復習していれば十分合格できるでしょう。

■ 福祉用具専門相談員が活躍できる職場って?

福祉用具専門相談員は主に福祉用具貸与・販売事業所で働いていますが、近年活躍できる職場が増加してきています。
例えば、ドラッグストアやホームセンター、生活用品販売店などで働いている方もいらっしゃいます。これは、私たちにとって身近なドラッグストアやスーパーでも、多くの種類の福祉用具を取り扱うようになってきたことが影響していると考えられます。
また、「福祉住環境コーディネーター」や「介護職員初任者研修」の資格を合わせて取得しておくことで、さらに介護分野で仕事の幅を広げることができるでしょう。

■ まとめ

介護分野で仕事をしていると、福祉用具を使用する機会は必ずあるでしょう。そんな時に正しい使用方法がわからないとなれば、介護を受けている方も不安になってしまいます。
そのため、福祉用具専門相談員の資格は介護職を続けていくうえで、取っておいて損はない資格といえるでしょう。
今後、さまざまな分野で活躍が期待される、福祉用具専門相談員。ぜひ、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

求人を検索する

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

お役立ち情報

会社情報

リンク

トップに戻る

福祉用具専門相談員-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!