社会福祉主事・社会福祉主事任用

社会福祉主事・社会福祉主事任用の資格について

社会福祉主事・社会福祉主事任用

  • 資格について

    社会福祉主事任用資格(以降、社会福祉主事)とは、社会福祉における資格の中で最も古い資格で、もともとは行政(福祉事業所・各種相談所)や社会福祉施設にて配置が義務づけられているものとなります。(※地域によっては任意設置もあり) 社会福祉主事の資格を有する方が活躍できる場は幅広く、介護業界では主に有料老人ホームなどの介護関連施設において、生活相談員として活躍している方が多い傾向にあります。そのほかにも、社会福祉施設での相談員や生活指導員、施設長なども目指すことが可能で、活動分野はとても広いです。

    【社会福祉士と社会福祉主事の違いは?】

    社会福祉士と社会福祉主事との大きな違いは、社会福祉士が国家資格であるのに対し、社会福祉主事は任用資格であることです。また、社会福祉士は国家資格であることから、公務員やソーシャルワーカーなど、活躍の場が社会福祉主事よりも更に広範囲であることも違いの一つとなります。

    資格取得について

    社会福祉主事の任用資格を取得する方法は大きく分けて3つあります。

    1. 大学等で社会福祉に関する3科目以上を履修していること
    2. 社会福祉法第19条第2号で定められた通信教育(1年)、養成機関(22科目1,500時間)、各地域で行われる講習会(19科目279時間)の課程を修了していること
    3. 社会福祉士や精神保健福祉士、厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格している場合(※社会福祉法第19条第3~5号)

    以上の条件に該当される方は、社会福祉主事任用資格を取得することができます。また、1においては卒業年によって認定されている指定科目は異なるため、社会福祉の分野について大学等で学んだ方は、一度厚生労働省のHPに記載されている指定科目が該当するかチェックをしてみましょう。

    転職・就職について

    社会福祉主事任用資格を有する方の求人は全国で約1、000件以上!実にたくさんの求人が掲載されており、その募集の多くは介護関連施設における生活相談員の募集であることが大半となっています。その理由として、多くの福祉事業所・社会福祉施設などで社会福祉主事の配置を義務づけられていることが挙げられます。そのため、これから新規オープンする予定の施設などでも多くの募集があり、就職先の選択肢は非常にたくさんあるといえます。

    生活相談員の求人では、経験の有無を問わず募集がある場合が多く、まずは資格を有しているかどうかということがポイントとなります。そしてその次に経験者採用です。経験者採用では、介護や日常生活に関するサービス提供における相談業務や、ケアプランに基づいた介護計画書の作成、ケアマネージャーなどの関係機関との連携、スタッフの教育・育成など、任される仕事内容は多岐にわたります。それらを一括して管理できるかどうかという点がポイントとなります。

    待遇面については、勤務は基本的に日勤帯であることが多く、雇用形態は常勤であることが大半です。給与については、介護職員の平均給与よりも少し高め。生活相談員の平均月給は約23万円ですが、経験次第ではそれ以上の高給与を目指すことも可能です。

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

社会福祉主事・社会福祉主事任用-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!