介護職の給料って年齢別でどう違うの?

年齢別で平均給料ってどのくらい差があるの?など疑問をまとめました!

「介護職の年収調査!年齢別で比較検証してみよう!」

画像

年収といえば”年齢とともに上がるもの”というイメージがありますが、介護職ではどうでしょうか?
今回は、各職種の年齢別年収について厚生労働省のデータを基に弊社独自に調査してみました♪
さらに、男性と女性では年齢別で同じように年収が推移するのか!?という点についても比較検証してみました。

意外と知らない!?年収事情!

キャリアアップを検討されている方にもきっと役立つ情報になるはず♪

■まずは職種別の平均年収をランキングしてみよう!

今回比較するのは、介護支援専門員(ケアマネージャー)、ホームヘルパー、福祉施設介護員の3つの職種です。
厚生労働省の賃金構造基本統計調査に基づき、弊社独自に算出した年収データを参考にしています。
参照:厚生労働省

年収ランキング ※男女計

    • 1位
    • 介護支援専門
      (ケアマネージャー)
    • …平均年収:378万円
    • 2位
    • 福祉施設介護員
    • …平均年収:322万円
    • 3位
    • ホームヘルパー
    • …平均年収:308万円

3つの職種では圧倒的に介護支援専門員(ケアマネージャー)の年収が高いですね!
続いて福祉施設介護員、ホームヘルパーが続く結果となりました。
では、こちらのデータを踏まえて職種別・年齢別の平均年収はどのような流れとなっているのでしょうか。
以下の項目もチェックしてみましょう!

■表で見る!年齢別の年収データ

年収ランキングの上位から順番に、年齢別の年収データをまとめてみました。
比較しているのは10代~70代まで。
さて、想像通りの年収でしょうか?比較してみましょう。

あなたの該当する年齢年収はいくら?比べてみよう☆

介護支援専門員(ケアマネージャー)
年齢 平均年収(男女計) 平均年収(男) 平均年収(女)
10代
20代 330万円 341万円 318万円
30代 362万円 384万円 339万円
40代 394万円 423万円 365万円
50代 394万円 411万円 376万円
60代 336万円 337万円 335万円
70代 254万円 215万円 292万円

男女計の平均年収では、最も年収が高い年齢は40代・50位タイの394万円!続いて30代の362万円でした。20代から50代にかけて徐々に年収が上がり、60代以降は下降しています。
また、男女別では男性の平均年収が全体的に女性よりも高く、最も年収が高い年齢は男性が40代、女性が50代でした。

福祉施設介護員
年齢 平均年収(男女計) 平均年収(男) 平均年収(女)
10代 219万円 214万円 224万円
20代 298万円 302万円 295万円
30代 337万円 356万円 315万円
40代 341万円 366万円 310万円
50代 336万円 357万円 316万円
60代 258万円 249万円 267万円
70代 220万円 215万円 224万円

男女計の平均年収では、最も年収が高い年齢は40代の341万円で、30代の337万円、50代の336万円が続く結果となりました。
また、男女別では50代までは男性の年収が高く、60代以降は女性の年収のほうが高いことが分かりました。

ホームヘルパー
年齢 平均年収(男女計) 平均年収(男) 平均年収(女)
10代 215万円 217万円 212万円
20代 279万円 280万円 279万円
30代 323万円 338万円 308万円
40代 317万円 333万円 300万円
50代 309万円 311万円 307万円
60代 268万円 145万円 286万円
70代 300万円 293万円 306万円

男女計の平均年収では、最も年収が高い年齢は30代の323万円で、次に40代の317万円、50代の309万円が続く結果となりました。
また、男女別ではホームヘルパー同様50代までは男性の年収が高く、60代以降は女性の年収のほうが高いことが分かりました。

■データから読み解く!年齢別年収の推移

上記の「表で見る!年齢別データ」から分かるように、いずれの職種においても10代~40代頃までは徐々に年齢とともに年収が上昇していることが分かりました。

そして、年収が最も高くなるピークは40代!

経験や知識、スキルや資格などを総合的に身に付けて、管理職などとして活躍していることが予想されます。
また、ピークの40代を過ぎた後は、50代から年収が一気に下降気味となっていることも分かります。
この理由は一目瞭然!雇用形態を変更するタイミングが50代以降に集中していることが起因しているのでしょう。
正職員の雇用期間は60代まで、その後再雇用制度がある場合は65歳までの雇用が一般的となりますが、50代以降から徐々に正職員から嘱託社員やパート職員などへ雇用形態を変えて働いている方が多いということがデータの推移から分かります。

終わりに

介護職の年齢別で比較する年収調査はいかがでしたか?
あなたはデータのように年齢に合わせて順調に年収が上昇していますか?

年収に対して疑問があればその他のコラムも是非参考にしてみてくださいね☆
年収を上げる選択肢はさまざまです!ご参考までに・・・
同一事業所で長く経験を積んで少しずつ昇給を重ねる
地道に資格取得やキャリアを磨いていく
給料の高い事業所へ転職する

介護ワーカーではあなたの希望年収にマッチする求人も多数掲載しています
◎転職に際する年収に対するお悩みなども専任コンサルトが解決致します!!

介護職へ就職・転職をお考えの方は、ぜひカイゴWORKERにご相談ください!

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKERについて

転職のプロが教える

資格について

施設形態について

役職について

会社情報

リンク

トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!

,