詳しく解説!認定介護福祉士ってなに?

公開日:2020年02月07日

更新日:2020年02月07日

詳しく解説!認定介護福祉士

介護職の方へ。認定介護福祉士とはどんな資格かご存知ですか?聞いたことさえないという方も多いかもしれません。そんな方にこちらのコラムでは
■認定介護福祉士とはどんな資格か
■認定介護福祉士としての役割
■受験方法と費用
■給料
についてご紹介していきますのでスキルアップを考えている方、認定介護福祉士に少しでも興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

まず最初に、認定介護福祉士の資格内容について具体的に説明していきます。

認定介護福祉士どんな資格?介護福祉士との違いは?

認定介護福祉士は2015年12月に定められた民間資格です。
介護利用者のニーズに対応していくため、介護業務のみならず医療機関との連携や職員の教育などの幅広い役割を果たすことが求めらる存在。
また、質の高い介護サービスの提供や、チームケアの質を向上することができる介護福祉士であり、介護人材のキャリアパスの中で最上位資格として位置付けられています。

介護職のキャリアパス

介護福祉士は試験に合格しなければ取得できない国家試験であるのに対し、認定介護福祉士は養成研修を受講・修了したのち申請・受理されたら取得できる民間資格です。

認定介護福祉士を取得すると、介護福祉士がおこなう排泄介助などの直接的な介護業務は減ってしまいますが、そのぶん間接的に利用者を支えるための重要な役割が求められます。

では、具体的に認定介護福祉士にはどんな役割が求められるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

認定介護福祉士の役割とねらい

認定介護福祉士としての役割は3点あります。
■介護福祉士よりさらに高度な専門知識・技術でサービスの向上を図り、幅広い利用者ニーズに対応し生活の質の向上につなげること
■看護師やリハビリスタッフなどの他職種との連携や人材育成を担う
■地域包括ケアを推進し、地域の介護力を高める役割
(地域の施設や事業所、ボランティアなどに対して助言や指導をする)

3点を見てみますと、認定介護福祉士は利用者を介助することだけではなく、多職種や地域の方などと幅広く関わることが求められていることが分かります。
そのためコミュニケーション能力、職員を指導するマネジメント能力も必要になります。

認定介護福祉士の資格のねらいとして以下の3点が挙げられます。
■介護福祉士の質を高めることで利用者さんの日常生活の質を向上させる。
地域包括ケアの推進などをはかり、介護サービスに対する高度なニーズに応える実践力を養う。
■介護現場で他職種との連携を強化し、円滑にサポートし合える関係を築く。
介護サービスの提供に活かしていく。
■介護福祉士取得後のキャリアパスの形成

自分のキャリアアップだけではなく、他職種が互いにサポートできる環境を作ることで介護サービスの向上が目指せるでしょう。

では次に、認定介護福祉士は誰でも受験することができるのでしょうか。
受験方法や費用について詳しく見ていきます。

認定介護福祉士の受験方法と費用は?

認定介護福祉士を取得するには、一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構が実施している「認定介護福祉士養成研修」を受講しなければなりません。
取得条件としては、介護福祉士として5年以上の実務経験が必要です。
また、介護チームのリーダー経験、施設・在宅両方の介護サービス経験があることが望ましいとしています。

認定介護福祉士養成研修の受講内容は「認定介護福祉士養成研修?類 」と「認定介護福祉士養成研修||類」で構成されており、両方修了しなければなりません。

認定介護福祉士養成研修|類のカリキュラムと時間数は以下の通りです。

履修科目 領域科目時間数
認定介護福祉士養成研修導入認定介護福祉士概論15時間
医療に関する領域疾患・障害等のある人への生活支援・連携|30時間
疾患・障害等のある人への生活支援・連携||30時間
リハビリテーションに関する領域生活支援のための運動学10時間
生活支援のためのリハビリテーションの知識20時間
自立に向けた生活をするための支援の実践30時間
福祉用具と住環境に関する領域福祉用具と住環境30時間
認知症に関する領域認知症のある人への生活支援・連携30時間
心理・社会的支援の領域心理的支援の知識技術30時間
地域生活の継続と家族支援30時間
生活支援・介護過程に関する領域認定介護福祉士としての介護実践の視点30時間
個別介護計画作成と記録の演習30時間
自職場事例を用いた演習30時間

合計345時間あります。
「認定介護福祉士養成研修|類」 を修了後「認定介護福祉士養成研修||類」を受講します。

認定介護福祉士養成研修||類のカリキュラムと時間数は以下の通りです。

履修科目 領域科目時間数
医療に関する領域疾患・障害等のある人への生活支援・連携|||30時間
心理・社会的支援の領域地域に対するプログラムの企画30時間
マネジメントに関する領域介護サービスの特性と求められるリーダーシップ、人的資源の管理15時間
チームマネジメント30時間
介護業務の標準化と質の管理30時間
法令理解と組織運営15時間
介護分野の人材育成と学習支援15時間
自立に向けた介護実践の指導領域応用的生活支援の展開と指導60時間
地域における介護実践の展開30時間

合計255時間あります。
以上のカリキュラム合わせて約600時間の研修を受ける必要があり、最短でも1年以上はかかると言われています。
受講スケジュールについては研修の実施場所によって変化しますので事前に確認しましょう。

研修修了後に認定申請した後、審査に通過したら資格取得完了となります。
受講費用としては約30万円〜40万円。
安くない金額なので、取得の判断を十分考えてから申し込みましょう。

さいごに、認定介護福祉士を取得したあかつきにはどのくらいの給料が見込めるのかを見ていきます。

給料はどのくらいもらえるの?

現時点で認定介護福祉士は取得人数が少なく明確なデータがありません。
しかし、介護福祉士の場合では基本給や資格手当が高く設定されているところが多いため、その上の資格である認定介護福祉士を取得しておくと少なからず給料面で有利になるでしょう。
今後、認定介護福祉士の認知度が上がることで待遇の向上もすすむ見込みです。
さらに、介護職員処遇改善加算において介護給料を優遇する動きもあるため、認定介護福祉士を取得することで介護経験値が高いと考えられ、加算対象になる可能性も高くなるでしょう。

介護職の処遇改善金についてはこちらのコラムで詳しく紹介しています。
<<介護職なら知っておくべき!介護職員処遇改善金について>>

認定介護福祉士:まとめ

認定介護福祉士のまとめ

認定介護福祉士の取得者は少数でレベルの高い資格であることが分かりました。
しかし、資格を取得しなくてもすでに介護現場でのリーダー業務をこなしたり、多職種と連携して業務にあたっている介護士は認定介護福祉士に近い役割を担っていると言えます。
この資格を取得するには600時間という長い時間と、40万円ほどの高い費用もかかりますが、キャリアアップに繋がる貴重な資格です。
自分に必要な資格かをよく考えて取得を目指してみてはいかがでしょうか?

介護職の転職はカイゴWORKERへ!!

「資格を取って介護職に転職したい」「給料のいい施設に転職したい」などお考えの方はぜひお問合せください!
経験豊富な専任のアドバイザーが親身になってお仕事探しをお手伝いします。
他にはない非公開の求人もたくさんございます。
お気軽にご相談ください。
<<カイゴWORKERを見る>>

認定介護福祉士に関連するコラム一覧

■コラム「介護福祉士の需要と将来性!資格を取ると働く場所はこんなに広がる!!」

■コラム「かんたん解説!介護福祉士とはどんな資格?」

■コラム「介護職の給料事情を徹底解明!あなたの疑問をまるっと解決します。」

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKER公式SNS

あなたにピッタリの求人をご紹介!
トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!