【転職エピソード13】新卒から13年勤めた施設を辞めました

公開日:2020年03月16日

更新日:2020年03月17日

現在管理職。現場で介護をしていたころが懐かしい・・・。なんだかなぁ。

みなさんこんにちは!カイゴWORKER編集部です。
本日の転職エピソードは新卒から13年間働いていてた施設から転職をされたKさんの体験談をご紹介します!

介護職の転職エピソード

Kさん
女性/35歳 一回目の転職
前職:特別養護老人ホーム(従来型)/フロアリーダー
現職:特別養護老人ホーム(ユニット型)/ヘルパー

介護職の転職エピソード/Kさんの場合

Kさん、お久しぶりです。本日はよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

転職されて3ヶ月ですね。新しい職場には馴染めましたか?

はい。おかげさまで徐々に慣れてきました。

よかったです。改めてお話を伺えたらと思います。

なりたかったフロアリーダー。実際は激務になっただけでした。

早速ですが、前職は従来型の特養で働いていらっしゃったとお聞きしました。

はい。大学を卒業してからずっと同じところで働いていたので13年勤めたことになります。

13年はすごいですね!順調にキャリアを積んでおられたように思うのですが、なぜ転職を考えるようになったのでしょうか。

5年前にフロアリーダーになりました。それまでは担当のご利用者様を受け持ち、ケアにあたる日々だったのですが、リーダーになってからは業務内容のほとんどが管理業務になりました。

15843449150891.png

管理職になると利用者さんと直接関わる業務が減るというのはよく聞きます。

合間をぬっての職員の指導や、スタッフが急病で休んだときはそのスタッフの業務も入ってきますし、利用者さんと関わることに時間を使うことが難しくて、こんなことがしたかったんじゃないと思うようになりました。

なるほど…そうだったんですね。思っていることとやりたいことが違ってくるとストレスになりますよね。

はい。少しずつストレスが溜まっていきました。
私は子どものころから人の上に立つのが好きというか、場を仕切るのが好きなタイプだったこともありリーダーになりたいなぁ…とは思っていました。

ですが、シフトを作成したりトラブルに対応したり、実際にリーダーになってみてそういったことはあまり得意じゃないことがわかりました。

15843449150891.png
15752638103979.png

そのようなお話を他の方からも聞くことが多いです。
みなさん利用者さんと関わりたいけれど、役職が上がるにつれて直接的な介護業務ではなくスタッフの管理業務がメインになるとよくおっしゃられています。

そうなんですよね。
続けていれば慣れてくるかと思ったのですが、特にシフトなんていうのは皆さんそれぞれ希望がありますので、毎月かなり頭を悩ませていました。

15843449150891.png
15752638103979.png

恥ずかしながら私自身も学生時代のバイト先で休み希望が通らないときはよく怒っていました。

ですよね。あれ、本当に難しいんです。
休み希望が数人かぶっちゃったりすると誰かに出てもらわないと現場が回らないので…。
そういったお願いをすることも苦痛でしかなかったですし、平社員に戻りたい気持ちが強まりました。

15843449150891.png

人材不足のところは避けたい

15752638322434.png

役職なしで働きたいということですよね。とはいえ、現実的に可能なのかというところも気になります。
新しく働く事業所を探すときにこだわったところ等があればお聞かせくださいますか。

はい。とにかく人材不足の事業所はどうしても避けたいという思いがありました。なので、募集理由が「増員」のところを探していました。
転職を急いでいたわけではなかったので、良さそうなところの求人が出るまで粘り強く待ちました。

15843449150891.png
15752638167874.png

なるほど。増員であれば、人手不足というイメージは持たないですもんね。

いまどき人手が足りているところのほうが珍しいかもしれませんが、やっぱり人手不足のところっていうのは余裕がないと思っていましたので…

15843449150891.png
15752638103979.png

たしかにおっしゃる通りだと思います。

増員できるってことは業績も上がっているからだろうし、マイナスの印象を持たないのでそこはこだわっていました。
実際には増員のための求人自体が少なくて、転職活動には半年以上かかってしまいました。

15843449150891.png
15752638167874.png

かなり戦略的な転職だったんですね。参考になります。

希望を最初に伝えることがお互いのミスマッチを防ぐ

15752638167874.png

転職先はユニット型の特養ですね。業務内容はいかがでしょうか。

面接の時点で正直にリーダーはしたくない、利用者さんと関わりたいということを伝えていました。
アドバイザーさんに相談した際に正直に伝えても大丈夫とおっしゃっていただいていたので、伝えたいことは全部伝えました。そのほうがお互いにとって良いことだというのもわかっていたので。

15843449150891.png
15752638322434.png

たしかにミスマッチを防ぐためにも自分の希望を伝えるということは大切なことです。
とはいっても、採用されて働き始めると実際とは違ったという話もよくお聞きします。そのあたりはいかがでしたか?

入ってからも思っていたことと違うことはなかったです。質の高いサービスを提供している事業所なのでモチベーションの高いスタッフが集まっていて働くことが楽しいです。
ワークライフバランスへの取り組みも会社として行っているので働きやすいと感じています。

15843449150891.png
15752638167874.png

希望を叶えることができたようでよかったです。また何かあればいつでもおっしゃってください!今後のご活躍を心より願っています!

【編集部より一言】
まず13年同じところで勤めることができたというのはたいへん素晴らしいで尊敬いたします。
継続は力なりと言いますし、確実に自分の中で自信になっているだろうなと感じました。
転職に際しても情報収集をされ、戦略的に行動されたことが望み通りの結果に繋がったのだろうなと思いました。
これからも自信を持って働いてください!素晴らしいお話を聞かせてくださってありがとうございました!

他の介護職の転職エピソードを見る

他の介護職の転職エピソードはこちらからご覧いただけます。

▼転職エピソード1
「介護職歴5年。責任だけが増えて給料はヘルパーと同等…先が見えないキャリアアップ」
▼転職エピソード2
「専業主婦歴約20年。未経験でも働きやすい場所で無理なく働ける?」 
▼転職エピソード3
「虐待が横行している職場から人間関係がいい職場へ転職したい!」 
▼転職エピソード4
「希望とは裏腹に期待されないキャリアアップ」
▼転職エピソード5
「効率重視な職場にうんざり。利用者さんに寄り添った介護がしたい!」 
▼転職エピソード6
「利用者さんと直接的に関わることが怖くなってしまった」 
▼転職エピソード7
「上司に否定され続け、心が壊れそうになり転職を決意しました」
▼転職エピソード8
「上司と衝突。意見を尊重してくれる職場で働きたいと思った。」
▼転職エピソード9
「サービス残業の毎日。疲れ果ててプライベートまで影響が…。」
▼転職エピソード10
「入社前に提示された条件と違ったので転職を考えるようになりました」 
▼転職エピソード11
「指示がきつく精神的に追い詰められていった」 
▼転職エピソード12
「ギスギスした雰囲気に気持ちが暗くなっていく日々を終わりにしたかった」 

転職をお考えの方、まずはカイゴWORKERまでお問い合わせください。
アドバイザーがご希望をお伺いし、あなたにピッタリの職場をお探しします。
お気軽にご相談ください。
★アドバイザーに相談する

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKER公式SNS

あなたにピッタリの求人をご紹介!
トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!