元介護職員が“介護職あるある”をご紹介!

公開日:2020年03月25日

更新日:2020年03月25日

介護職あるある

もくじ

介護の仕事をしている方が集まると「職場でこんなことあった!」「うちの職場でもよくある!」など仕事の話で共感できることが多くあるでしょう。
カイゴWORKERではそんな場面を「介護職あるある」としてInstagramで発信しています。
今回はこのコラムで実際に介護職員であった筆者の実体験とInstagramに寄せられたコメントを交えながら「介護職あるある」をまとめて紹介していきます!
仕事の息抜きや職員同士のちょっとした会話のネタにぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

食事あるある

はじめに、食事シーンでのあるあるをご紹介していきます。

食事介助するとき、相手が口を開けると自分も口を開けている

利用者さんの食事介助中に口を開ける姿を見ると、つられて口が開いちゃうときってありませんか?
しかも、その瞬間を誰かに見られてたらと思うとさらに恥ずかしくなりますよね。
それに対して、食事のときになかなか口を開けてくれない利用者さんもいると思います。
1つの対応法として、介助者が口を開ける動作を見本で行うとつられて利用者さんも口を開けてくれることがありますので実践してみてください。

介護職あるある

昼食後にお茶の提供をすると「今日のお昼ごはんはなんですか?」 と利用者さん・・・

認知症の利用者さんが食事を食べたことを忘れてしまう場面よくありますよね。
食べ終わってしまっていることを伝えても納得してくれないことが多いと思います。
そこでインスタで頂いたコメントをふまえて対応法をご紹介します。
・食事のペースが同じ利用者さんに近くに座ってもらう
・食事が終わっても食器は下げない
・もし訴えがあったら「何が食べたいですか?」と聞いてみたり、その利用者さんが好きな食べ物の話をするなどして会話をふくらましていき話をそらしていく
認知症の方への対応はすごく難しいかもしれませんが、いろんな方法で実践してみてはいかがでしょうか。

介護職あるある

食事の場面で「食欲がないから全部食べきれないわ」と言っていたのにそれを忘れて完食する利用者さん

「食欲がないの」と言っていた利用者さんに「食べれるだけでいいですよ」と伝え、後からお膳を見ると完食している。というシーンはよくあると思います。
「あれ?さっきまで体調悪そうにしていたのに」と疑問に思うことも。
でも完食されてると体調不良の心配が少し解消されますね。

介護職あるある

入浴あるある

続いて、入浴シーンでのあるあるをご紹介します。

入浴介助で母校のジャージ履きがち

これは入浴介助中の職員の姿でよく見ますよね。
学校卒業後だったら高確率でこの光景を見ることがあるのではないでしょうか?
主婦の方でしたら、お子さんの学校ジャージを履いている方もいたり・・・
ジャージはすごく便利で捨てるに捨てられないですよね。

介護職あるある

入浴介助 利用者さんよりもビショビショになりがち

入浴介助はとにかく暑い!
そんな中ふと自分の体を見ると、もはや汗なのかお湯なのか分からないくらいビショビショになっていることがありますよね。
ほぼお湯なのに利用者さんに「汗っかきは大変ねー」と心配されることも。
でも、利用者さんがお風呂に入って気持ちよさそうにしているとやりがいを感じますね。
風邪を引かないようにしっかり拭いて着替えましょう!

介護職あるある

入浴介助中「いい湯だから一緒に入ろう」と誘われることがある

このお誘いも介護職ならではの光景だと思います。
利用者さんは介護職員の忙しそうな姿を見ているので、お風呂に入って疲れを取ってほしいのかもしれません。
また、普段あまり会話をしない方でもお風呂では心を開いてくださることもあります。
たくさん会話をしてコミュニケーションをとっていきましょう。

介護職あるある

夜勤あるある

つぎに、夜勤のあるあるをご紹介します。

夜勤が続くと朝ドラの歌を歌えるようになってしまう

ちょうど朝食の時間に朝ドラが始まるという施設も多いはず。
朝ドラの曲を聴いたら「もう少しで夜勤が終わる!」と気合いが入る方や
その歌が好きになってカラオケの十八番になっている方もいるそうです。
毎回聴いていると覚えようとしなくても覚えてしまいますね。

介護職あるある

夜勤を繰り返していると少しの物音にも敏感になる

夜勤は転倒のリスクが高いため、気を張っていて音に敏感になっていることが多いです。
少しの物音でもヒヤッとするため、自分を落ち着かせるよう巡視の回数を増やすなどして対応することもあります。
利用者さんが安全に夜を過ごせるのは介護職員の苦労があってこそですね。

介護職あるある

ナースコールあるある

つぎに、ナースコールに関してのあるあるをご紹介します。

静かで平和な夜勤と思ったのもつかの間数人のナースコールが一斉に鳴り始める 一瞬で忙しい夜勤に

夜勤が落ち着いていると油断していたときに限ってナースコールがなり始めることってありますよね。
しかも、一人ではなく数人重なってなるという過酷な状況。
さっきまでの静けさは何だったのでしょうか。

介護職あるある

家に帰ってもナースコールが鳴っている気がしてしまう

これは一種の職業病ともいえますね。
毎日ナースコールを聞いていると、音が耳に残り遠くで鳴っているような気がするため家でも落ち着かないことがあります。
福祉だけでなく医療関係でもあるあるではないでしょうか。

介護職あるある

ナースコールが鳴り 部屋に伺うと押したことを忘れている

認知症の利用者さんにありがちな場面です。
絶対に押したはずなのに押していないと意見を曲げない利用者さん。
じゃあ誰が押したのでしょうか。その日の夜勤は謎に包まれます。

介護職あるある

その他介護職あるある

さいごに、その他の介護職あるあるをまとめてご紹介!

ときに利用者さんよりも年上であろうスタッフがいる

定年後にまだ働きたいという元気なアクティブシニアの介護職員さんが増えています。
利用者さんと同じ年代で気持ちをくみ取りやすいこともあり、若い職員さんが頼りやすいです。
高齢化が進んでいるため今後もさらに増えるでしょう。

介護職あるある

介護職に就くと曜日の感覚がなくなり、のど自慢を見て日曜日だと気付く

シフト制だと曜日の感覚が薄れてしまうことって多いですよね。
そこで曜日感覚忘れを防ぐためにできることをいくつかご提案します。
・みんなが目につくところに日めくりカレンダーを設置する
・朝のごみ出しの日を意識する
・曜日ごとに行うレクや掃除などを決める
利用者や職員がみんなで取り組んでいくことがとても大事ですね。

介護職あるある

普段は「手伝って!」と何度も言ってくるのに家族が来るとなぜかしっかりする利用者さん

家族が来る前は「できないから手伝ってくれ」と訴えがあるのに、家族が来るとしっかりしたところを見せたいのかテキパキとなんでもできてしまうという場面よくありますよね。
本人は家族に心配をかけたくないのかもしれません。
同様に体調が悪いと訴えがあって受診に来たのに、いざ先生の前になると「どこも悪くない、元気です」と元気になったり・・・
自分でできることは最初から自分でやってほしいと感じてしまいますよね。

介護職あるある

スタッフがサンタに変身!利用者さんはそれを見てクリスマスだと気付く

スタッフと同様に利用者さんも日付の感覚が分からなくなることも多いです。
気合いを入れて利用者さんを楽しませようとしたつもりがこういう状況になって切ない思いをしたりとか。
しかし、毎月何かしらのイベントをおこない季節を味わってもらうことは利用者さんにとってすごく刺激になるのでめげずに実施してほしいですね。

介護職あるある

自分の歩行器をロールスロイスと呼ぶ

車好きの利用者さんが歩行器や車いすを、乗ってみたい車の車種に例えている方が多いですよね。
利用者さんのなかには「俺のは早いんだぞ」と自慢する方も。
自分の好きなことだと会話が弾みますね。

介護職あるある

長く働いていると誰の洗濯物か一目でわかるようになってしまう

なかには洗濯物の香りで誰の洗濯物かわかるスタッフもいるそう。
長く働いていると洗濯物だけではなく、利用者さんの持ち物であれば誰のものか自然と覚えてしまうことが多いようです。

介護職あるある

さいごに

介護職あるあるいかがでしたか?
皆さんの職場だけのあるあるもたくさんあると思いますので職場の方と会話するときのネタとして考えてみるのもいいかもしれません。
コミュニケーションをとるための1つのきっかけになったらいいですね。

カイゴWORKERのInstagramをご紹介!

今回ご紹介した「介護職あるある」は、カイゴWORKERのInstagramで毎週投稿している中の一部です。このInstagramでは「介護職あるある」や「介護職お役立ち情報」を発信しています。介護のお仕事をされている方々と繋がれたらと思っていますのでぜひフォローをよろしくお願いします。

<<カイゴWORKER Instagram>>
アカウント名:kaigo_worker

また、Twitterも毎日更新していますのでぜひチェックしてみてください!

<<カイゴWORKER Twitter>>
アカウント名:@kaigo_worker

介護職のお仕事をお考えの方へ!

「自分に合う職場を見つけたい!」「キャリアアップしたい!」などお考えの方はぜひカイゴWORKERへお問合せください!
経験豊富な専任のアドバイザーが親身になってお仕事探しをお手伝いします。
他にはない非公開の求人もたくさんございます。
お気軽にご相談ください。
<<カイゴWORKERを見る>>

関連コラム一覧

■コラム「食事介助のポイントと注意点-安心・美味しい・楽しい食事を-」

■コラム「介護職員さんのお仕事を徹底解説!!」

■コラム「徹底調査!介護職の夜勤の実態とは?!」

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKER公式SNS

あなたにピッタリの求人をご紹介!
トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!