介護におけるノーマライゼーションとは?意味や考え方など分かりやすく解説!

更新日:2021年12月22日

公開日:2021年12月22日

介護の基本理念のもとノーマライゼーションとは?

みなさん「ノーマライゼーション」という言葉を知っていますか?
ノーマライゼーションは、介護を行う上でとても大切になる理念の一つです。

すでに介護職として働いている方、これから介護に携わる方のなかには、
「聞いたことがない」
「聞いたことはあるけれど、どういう意味かあまり覚えていない」
という方は少なくないはず。

そんな方のために、ノーマライゼーションの意味や考え方、歴史、8つの原理などについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

ノーマライゼーションとは

ノーマライゼーションとは障がいを持つ人も、障がいを持たない人も平等に生活できる社会にしていこうという考え方

ノーマライゼーションとは、
「障がいを持つ人も障がいを持たない人も、平等に生活できる社会にしていこう」
という考え方を意味する言葉です。

現代においては、若年者や高齢者、障がいの有無など年齢や心身の状態に関係なく“みんな同じように普通の生活や権利が保障された環境”を作っていくための理念となっています。
厚生労働省もノーマライゼーションを推進しており、障害者福祉だけでなく高齢者介護などにおいてもこの理念を基本としています。

ノーマライゼーションの歴史

ノーマライゼーションの発祥やその歴史について解説していきたいと思います。

ノーマライゼーションの理念は、1950年代にデンマークの行政官であるニルス・エリク・バンク=ミケルセン(Niels Erik Bank-Mikkelsen 1919-1990)によって提唱されました。

1950年代、知的障がい者は一般の人から隔離され大規模施設に入り生涯を施設で生活することが当たり前となっていました。知的障がい者たちの施設での暮らしは、決して良いものではなく、苦しい生活を強いられており、非人道的な扱いをしている施設が多い状況でした。

そんなとき、デンマークの知的障害者施設でも人権侵害が行われていることを知った知的障がい者の親たちは、この状況を改善するための運動を始めました。

当時、知的障害者施策の行政官だったニルス・エリク・バンク=ミケルセンは、知的障がい者たちが収容所のような大規模施設で、彼らが非人道的な扱いをされている状況に疑問を持っており、知的障がい者の親の会と共に政府に対して「非人道的な処遇の改善」を要請しました。

このようななかで、ニルス・エリク・バンク=ミケルセンは「障がいのある人も障がいのない人々と同じ生活と権利が保障されるべき」という考え方を提唱し、1959年にデンマークの法律として成立しました。

その後、スウェーデンのベンクト・ニィリエ(Bengt Nirje 1924-2006)がノーマライゼーションの理念を整理し「すべての知的障がい者の日常生活様式や条件を、社会の普通の環境や生活方法に可能な限り近づけること」と定義。
1969年に“ノーマライゼーションの原理”(The normalization principle)を発表し8つの原理が生まれました。

ベンクト・ニィリエがこの「ノーマライゼーションの原理」をアメリカに広めたことがきっかけとなり、世界中にノーマライゼーションの理念が広まったといわれています。
当時のノーマライゼーションの理念は、知的障がい者の生活や権利を保障するために作られていたものでしたが、今では社会福祉全般の理念として定着しています。

のちに、ノーマライゼーションの理念を提唱したニルス・エリク・バンク=ミケルセンのことを「ノーマライゼーションの父」または「ノーマライゼーションの生みの親」と呼ぶようになり、ノーマライゼーションの原理を定義し世界中に広めることに貢献したベンクト・ニィリエのことを「ノーマライゼーションの育ての親」と呼ぶようになりました。

ノーマライゼーション「8つの原理」とは

ノーマライゼーションの8つの原理

ベンクト・ニィリエが定義した「ノーマライゼーションの原理」として掲げられている、8つの原理について見ていきましょう。

【ノーマライゼーションの8つの原理】
(1)一日のノーマルなリズム(Normal rhythm of the day)

(2)一週間のノーマルなリズム(Normal rhythm of the week)

(3)一年間のノーマルなリズム(Normal rhythm of the year)

(4)ライフサイクルにおけるノーマルな発達経験(Normal life cycle developmental experiences)

(5)ノーマルな個人の尊厳と自己決定権(Normal right to choices and self-determination)

(6)その文化におけるノーマルな性的関係(Normal sexual patterns of their culture)

(7)その社会におけるノーマルな経済水準とそれをえる権利(Normal economical patterns of their society)

(8)その地域におけるノーマルな環境形態と水準(Normal environmental patterns of their)

ノーマライゼーションの8つの原理は、大きく次の2つに分けられます。
それぞれどのようなことを意味するのかも合わせて見ていきましょう。

[生活リズムやサイクルに関する原理]
● 1日のノーマルなリズム
「朝ベッドから起き、顔を洗い、洋服に着替え、学校や職場へ行く」といった、一般的な普通の1日のリズムのこと。

たとえ重い障がいがあっても、起きたら着替え、ベッドではなく食卓で食事をする。
また、家族や介護職員の都合で夕方の早い時間に夕食を食べるのではなく、一般的な夕食の時間に食べるなど、ごく普通の1日のリズムを保とうということです。

● 1週間のノーマルなリズム
「平日は学校や仕事に行き、週末は休みを取る」といった、一般的な1週間のリズムのこと。

学校や仕事以外にも他の場所へ遊びに行ったり、休日には友達と会ったり家でのんびりしたり、障がいの有無に関係なく一般的な1週間のリズムを作っていこうという考えです。

● 1年間のノーマルなリズム
長期の休みやお祝いや行事をする、また季節ごとの旬なものを食べたり、旅行に行ったりといった、1年の普通のリズムのこと。

障がいを持っている人も障がいを持っていない人と同じように、スポーツやイベントを楽しみながら1年を過ごそうということです。

● ライフサイクルにおけるノーマルな発達経験
人が経験する当たり前の成長過程をたどるということ。

子供の頃には、公園で遊んだり、夏にキャンプへ参加したり、思春期には服装や髪型などおしゃれや音楽、恋に興味を持ったり、大人になれば仕事を通して責任を持ったり、老年期にはこれまでの経験から得た知恵がたくさんあり、なつかしい思い出に浸ったりする。
障がいの有無に関係なく、当たり前の経験を重ねていくということです。

[経済、環境、自己決定などに関する原理]
● ノーマルな個人の尊厳と自己決定権
自由と希望を持ち、周囲の人もそれを認め尊重しようということ。

障がいを持っていても、大人になれば自分が望む場所に住み、仕事を見つけ、好きな時に遊びに出かける、といった権利があります。その権利を尊重しようということです。

● その文化におけるノーマルな性的関係
子供や大人にかかわらず、男女が共に住む世界で生活し、異性との良い関係を築くということ。

同性ばかりの環境ではなく、恋をしたり交際をしたり、結婚を考えられるような環境で生活するということです。

● その社会におけるノーマルな経済水準とそれを得る権利
一般的な方と同じような経済水準が保障されるということ。誰もが公的財産援助を受ける権利を持ち、そのための責任を果たします。

児童手当、老齢年金、最低賃金基準法などの保障を受けることができ、また自由に使えるお金があって、必要なものや欲しいものを購入することができる環境であるということです。

● その地域におけるノーマルな環境形態と水準
障がいがある人も障がいがない人達と同じような生活環境で生活を送るということ。

大きな施設で社会から隔離されて住むのではなく、ごく普通の家で地域の人達と交流しながら生活をするということです。

介護におけるノーマライゼーションとは?

介護におけるノーマライゼーションとは?

ノーマライゼーションの理念は、今の介護における基本理念の根底となっています。

少し前までは、特別養護老人ホームのような大型の老人ホームが多く、介護が必要になった高齢者が入居し大人数で生活をしている施設が多くを占めていました。
大人数の施設では、タイムスケジュールに合わせて生活するため、入居者の個人の要望は通りにくく、介護が必要になる前のような生活を施設で続けることは不可能でした。

しかし、ノーマライゼーションの理念がより浸透してきたことで、介護の在り方が変化し高齢者の意思を尊重するという理念を掲げる介護施設が多くなり、様々な特徴を持った介護施設が増えてきています。

たとえば、介護施設も10名以下の少人数制の施設が増え、一人ひとりに個室があるなどより自宅で過ごしているような環境を整えている施設などが増えてきています。
そのおかげで、介護が必要になった高齢者もこれまでと同様の暮らしをできる限り維持することが可能になってきています。

また、在宅介護が多くなってきているのもノーマライゼーションの理念が浸透してきている結果です。介護を受ける高齢者本人の意思を尊重できる環境が整えられてきているため、住み慣れた自宅で生活することが可能になりました。

今の介護において、ノーマライゼーションの理念は「高齢者が自分らしく暮らすためになくてはならない考え方の基本」といえます。

ノーマライゼーションの課題

ノーマライゼーションの課題とは?

昔にくらべて、日本でもノーマライゼーションの理念は徐々に浸透してきていますが、まだ課題も残っています。
ノーマライゼーションの課題は「ノーマライゼーションの考えが一般にまで浸透していないということです。

ノーマライゼーションの理念は、福祉関係や看護、介護に携わる方であれば知っている方は多いはず。しかし、それらの業界や職種以外の方にはほとんど浸透していないのが現状です。
福祉や医療、介護などに関わりがない方はノーマライゼーションという言葉を初めて聞くという方も多く、理念に基づいた価値観はまだまだ定着していません。

ノーマライゼーションの「障がいを持つ人も持たない人も、平等に生活できる社会にする」という目的を実現するためには、世間一般にこの理念を浸透させ理解してもらうことが必要です。

世間一般に浸透し理解度が高まれば、今よりさらに障がい者を地域で受け入れる制度や仕組みが整備され、雇用に関する問題も解決していくのではないでしょうか。

まとめ

ノーマライゼーションの意味や考え方、今後の課題などについて解説してきました。ノーマライゼーションの考え方は、現代の介護理念の根本となっているため、介護職として働く方はしっかりと読み、理解しておくことが大切です。

またノーマライゼーションの理念は、福祉や医療、介護に関わる者はもちろん、そのほか一般の方々も知っておくべき内容です。
あらゆる人々が暮らしやすい環境を作るためにも、みんなで理解を深めていきましょう。

介護の転職なら介護ワーカー!

職場選びや面接に不安な方はぜひ介護ワーカーまでご相談ください。
求人のご提案、履歴書添削、面接同行まで・・・
経験豊富な専任アドバイザーが、あなたのお仕事探しを手厚くサポートいたします!
他にはない非公開の求人も!お気軽にご相談ください。
<<アドバイザーに相談してみる(無料)>>
<<とりあえず求人を見てみる>>

※掲載情報は公開日あるいは2021年12月22日時点のものです。制度・法の改定や改正などにより最新のものでない可能性があります。

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう