神奈川県 年収650万円以上 の介護職求人

無料この条件の非公開求人を紹介してもらう

更新日:2020年09月23日

この条件の
介護職総求人数

0

0 件中 0-0 件を表示

神奈川県キャリアアドバイザー

その他関東エリアから求人情報を探す

神奈川県下の施設・病院・在宅などの幅広い求人の中から、年収400万円以上の高額求人や管理職求人、ケアマネージャー求人、託児所が利用できるママさんにも働きやすい貴重な求人など、好条件の求人をご紹介いたします。土日祝お休みで家庭とプライベートが両立できる求人、ブランクが長い方でも大歓迎の求人など、ご希望に合わせてご紹介させていただきます。

  • 神奈川県〜カイゴリラの都道府県レポート〜

    東京に次いで全国第二位の人口を抱える神奈川県。隣接する東京とそれほど変わらない大都会の様相を呈する横浜市や川崎市、古都・鎌倉や箱根などの有名観光地、農業や漁業が盛んな県西部の海岸地域など、地域ごとに多彩な顔をみせる県です。

    横浜市に住んでいれば、市内をいくらぶらついても飽きることはないでしょう。日本最大のチャイナタウンである横浜中華街は、中華料理に舌鼓を打ったり中国食材や雑貨を見繕ったり、はては東洋系の占いまで気軽に楽しめる魅惑のエリアです。また、みなとみらいに足を向ければ、海沿いに広がる山下公園、複合施設である横浜ランドマークタワー、1900年代初頭に建てられた赤レンガ倉庫を修復したショッピング施設・赤レンガパークなどなどの散策ポイントが。横浜の見どころはとにかくたくさんなのです。

    一方、その横浜から30分程度の鎌倉は、がらりと雰囲気が変わり、古都の風情がたっぷり。鎌倉の大仏はあまりにも有名ですが、他にも多数の神社仏閣があり、中には桜やあじさいといった花の名所として知られる場所も。季節に合わせて出かけてみたいところです。

    ひとくくりにできない多様さが神奈川の面白さ。どこに住んでも、都会と郊外の「いいとこどり」をしながら暮らせるのがいちばんの魅力かもしれません。

  • 神奈川県の介護士事情

    神奈川県は二番目に人口の多い都道府県。高齢者化も進んでいるため、介護人材確保の取り組みに力を入れています。特に地域や自治体ごとの取り組みも積極的に行われています。
    例えば川崎市では、無資格でも生活相談員になれます。「介護保険施設、通所系事業所において、常勤で2年以上(勤務日数360日以上)介護業務の実務経験があれば無資格でも生活相談員になれる」と資格要件を定めています。(※1)
    また、地域の施設が共同で現場リーダー育成のための研修をする「神奈川県版ファーストステップ研修」といった、県独自の認定研修を実施している地区もあります。

  • 神奈川県の介護士人口・業種・エリアについて

    ■現在の介護職員人口は?
    神奈川県の介護職員数は2019年時点で約14万人です。資格については、「介護福祉士」を全体の3割、「介護職員初任者研修」を全体の4割の職員が所有しています。無資格・未経験から始められる環境が整っています。

    ■募集職種は?
    募集職種としては、8割近くが介護士・ヘルパー職です。残りの2割で、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者の求人が万遍なくあります。

    ■施設形態は?
    施設形態で見ると、最も多いのは有料老人ホームです。
    グループホームやデイサービスの求人も多く見られます。育休制度や託児所完備の施設、年間休日120日以上の施設などもあり、ワークライフバランス重視の働き方も実現可能です。

    ■エリア別で見ると?
    最も求人数が多いのはやはり横浜です。次に川崎市、相模原市続きます。そのほかの地域では、横須賀市、藤沢市も求人数が豊富です。マイカー通勤可能な施設も多数ございます。

  • 神奈川県の介護士求人事情

    ■現在の求人数は?
    現状として数千人の介護職員が不足しており、神奈川県の介護分野の有効求人倍率は4.35倍(2018年8月時点)と全国平均値を上回っています。(※2)

    ■今後の求人事情は?
    2025年には約2万人の介護職員が不足する見込みです。(※3)
    加えて神奈川県は高齢者の増加率も非常に高く、介護職員の需要は今後もますます高まるでしょう。

    神奈川県の介護職の求人事情について詳しくはコチラ
    https://kaigoworker.jp/column/40/

  • 神奈川県の介護士の給与事情

    神奈川県の介護職員の平均給与額(2018年時点)は、月給25万千円、年間賞与額65万千円という調査結果で、これは全国平均給与と比べても上位に入ります。(※4)管理職求人や経験者優遇の非公開求人では年収400万円越えの好条件の求人も多数ございます。

    ■神奈川県の介護人材再就職準備金貸付制度について(※5)
    神奈川県では介護職員の復職支援として、介護職に再就職される方に最大40万円までを一人当たり一回限り貸付している制度(諸条件あり)があります。期間内の返済であれば無利子。
    神奈川県内に所在する介護事業所等で2年間従事した場合に返済免除となります。

    神奈川県の介護職の給料について詳しくはコチラ
    https://kaigoworker.jp/column/39/

    参照元URL
    (※1)
    川崎市公式ホームページ| 生活相談員の資格要件について
    http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000057/57002/seikatusoudanninn.pdf

    (※2)
    厚生労働省|介護人材の処遇改善について
    https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000365191.pdf

    (※3)
    厚生労働省|第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数(都道府県別)
    https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12004000-Shakaiengokyoku-Shakai-Fukushikibanka/0000207322.pdf

    (※4)
    厚生労働省|賃金構造基本統計調査 都道府県×職種DB(2018年)
    https://www.e-stat.go.jp/stat-search/database?page=1&toukei=00450091&tstat=000001011429

    (※5)
    社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会|離職した介護人材の再就職準備金貸付事業のご案内
    http://www.knsyk.jp/s/jinzaicenter/jinzai_kashituke_03_shikin.html

神奈川県のご利用者の声

  • 介護未経験、託児所希望でも転職できました!

    ご利用者のイラスト

    20代女性 神奈川県

    接客業→一般病院

    満足度星5

    高校を卒業して飲食業界で接客業を4年程経験したのち結婚を機に退職しました。その後妊娠をし、子育てをしながら働きたい気持ちが高まっていったため、子供を育てながら働ける場所を探していたところ、介護のお仕事が目に留まりました。以前お家で祖母の介護を経験していたからです。 介護業界への転職は初めてで不安もあったため、3社程転職の会社に登録をしましたが、カイゴWORKERさんのお電話が登録してから一番早く、担当の方が女性で親身に話を聞いてくれたためカイゴWORKERさんにお任せをすることに決めました。結果大正解です!託児所付きのお仕事は少なかったと思いますが、満足いくお仕事先を探してくれて感謝です!本当に有難うございました。

  • 面接の強い味方!添削指導は助かりました!

    ご利用者のイラスト

    30代女性 神奈川県

    老健→特養

    満足度星5

    北海道で10年以上老健で働いており、家庭の事情で神奈川に引っ越すことになりました。初めての土地で初めての転職で、履歴書一つ書くにも満足にできなかったのですが、心配性な私は何度もお電話してしまったのにも関わらずその度に私が納得するまで対応して頂いて本当にお手間をとらせました。履歴書の添削指導や面接同行もとっても助かりました。特養さんを提案された時、最初は苦手意識があったのですが、実際に施設を見学して施設長さんのお話しや取り組みを聞いて特養のイメージが変わりました。結果特養にして本当に良かったと思います!入職してからも入職頑張っているかメールをくれたのは嬉しかったです。今後とも宜しくお願いします!本当に有難うございました。