相談支援専門員になるにはどうすればいい?徹底解説!

障害者とそのご家族の伴走者相談支援専門員

相談支援専門員というお仕事をご存知でしょうか?
障害のある方やそのご家族に対し、生活上のアドバイスや日常生活に必要なサポートをコーディネートするお仕事です。
主な業務は計画相談と呼ばれる支援計画の作成や関連機関との連絡・調整、障害をお持ちの方やそのご家族の相談に対し助言等を行います。

相談支援専門員になるには?資格を取得するために必要な要件

相談支援専門員の要件実務経験+相談支援従事者(初任者)研修の修了

相談支援専門員になるには、いくつかのルートがあります。
以下の3つのルートをご説明します。

(1)相談支援業務に携わっている方のパターン
相談支援業務とは日常生活の自立に関する相談に応じ、助言・指導等の支援を行う業務のことをいいます。

平成18年10月1日において現に下記に掲げる事業に従事する者が、平成18年9月30日までに従事した期間
イ)障がい児相談支援事業、身体障害者相談支援事業、知的障害者相談支援事業
ロ)精神障害者地域生活支援センター
通算して3年以上

イ)障がい児相談支援事業、身体障害者相談支援事業、知的障害者相談支援事業、
ロ)児童相談所、身体障害者更生相談所、精神障害者地域生活支援センター、知的障害者更生相談所、福祉事務所、保健所、市町村役場
ハ)身体障害者更生施設、知的障害者更生施設、障害者支援施設、老人福祉施設、精神保健福祉センター、救護施設及び更生施設、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設、指定居宅介護支援事業所
ニ)次のいずれかに該当する者が従事する保険医療機関
  (1)社会福祉主事任用資格者
  (2)相談支援の業務に関する基礎的な研修を修了する等により相談支援の業務を行うために必要な知識及び技術を習得した者と認められる者
  (3)国家資格等を有している者
  (4)上記イからハに掲げる従業者及び従事者の期間が1年以上である者
ホ)障害者職業センター、障害者雇用支援センター、障害者就業・生活支援センター
ヘ)盲学校、聾学校、養護学校
通算して5年以上

(2)直接支援業務に携わっている方のパターン
直接支援とは入浴・排泄・食事等の介護、介護に関する指導の業務のことをいいます。

イ)障害者支援施設、身体障害者更生施設、身体障害者療護施設、身体障害者授産施設、身体障害者福祉ホーム、身体障害者福祉センター、精神障害者社会復帰施設、知的障害者デイサービスセンター、知的障害者更生施設、知的障害者授産施設、知的障害者通勤寮、知的障害者福祉ホーム、老人福祉施設、介護老人保健施設、療養病床
ロ)障害福祉サービス事業
ハ)保険医療機関または保険薬局、訪問看護事業所
通算して10年以上

(3)有資格者のパターン
次のいずれかに該当するものが、上記?のイからハに掲げる業務に従事する場合

(1)社会福祉主事任用資格者
(2)相談支援の業務に関する基礎的な研修を修了する等により相談支援の業務を行うために必要な知識及び技術を習得した者と認められる者
(3)児童指導員任用資格者
(4)保育士
(5)精神障害者社会復帰指導員任用資格者
通算して5年以上
国家資格等に基づく業務に通算して5年以上従事しているものが、上記(1)及び(2)に掲げる業務に従事する場合
(医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)精神保健福祉士)
通算して3年以上

相談支援専門員の仕事内容とは?

サービス利用支援継続サービス利用支援

相談支援専門員の主な業務は障害をお持ちの方が地域で生活していくために必要なサービスの調整を行うことです。
サービスの調整を行うことを計画相談支援といいます。
計画相談支援とは市町村から指定を受けた指定特定相談支援事業者が障害のある人に対して、サービスを利用するための計画を立てます。
計画を立てることを【サービス利用支援】といいます。
そしてサービスが開始された後、何か不都合なことは生じていないか1ヶ月〜3ヶ月に一度程度の頻度でモニタリングと呼ばれる【継続サービス利用支援】をおこないます。
また、障害をお持ちの方やそのご家族の生活上の相談に乗ることも相談支援専門員の重要な役割です。

相談支援専門員の役割とは?

相談支援専門員の役割とは、一言でいうと障害をお持ちの方の地域生活を支えることです。
相談支援専門員は地域で暮らす障害をお持ちの方やそのご家族にとって頼れる存在です。
障害をお持ちの方の悩みや生活上の困りごとはひとりひとり違います。
相談支援専門員は一人ひとりの人生に深く関わることができます。
しんどいことも多いかもしれませんがそれ以上にやりがいも大きいでしょう。
ただし相談支援は他の障害福祉サービスに比較すると報酬がとても安いです。
割に合わないと感じることも多いかもしれません。
それでも必要なサービスであることには間違いありません。
カイゴWORKERでは相談支援専門員として働く方々を応援しています。
★相談支援専門員の求人はカイゴWORKERまで

相談支援専門員の研修はいつ?

相談支援専門員の研修は各都道府県によってスケジュールが異なりますが、年に1回〜3回程度開催されています。
詳しくは各都道府県のHPをご覧ください。

相談支援専門員初任者研修と相談支援専門員現任研修

相談支援専門員初任者研修と現任研修

相談支援専門員は初任者研修の受講後5年度毎に一回、上記研修を受講することが必要となりました。相談支援従事者初任者研修を修了した年度の翌年度を初年度として、5年目の年度末までに現任研修を受講しなかった場合は、5年度目の末日以降に相談支援専門員の資格が失効します。その場合、新たに相談支援従事者初任者研修を修了しなければならないので、現任研修は忘れずに受講しましょう。

相談支援専門員と介護支援専門員の違い

相談支援専門員と介護支援専門員はの違いは、「対象者の違い」です。
相談支援専門員の対象者は障害者。介護支援専門員の対象者は高齢者です。
相談支援専門員も介護支援専門員も主な業務は支援計画の立案と関係各所との連絡調整であることに変わりはありませんが、障害者福祉と高齢者福祉では制度に大きな違いがあるため
区別されているのではないでしょうか。
障害者もいつかは高齢者になります。
現在障害福祉サービスを利用していらっしゃる利用者さんが高齢者福祉へ移行する際、制度の狭間に陥らないためにも相談支援専門員と介護支援専門員の協働が必要になってくるのではないでしょうか。
★介護支援専門員について詳しく知りたい

相談支援専門員の求人はカイゴWORKERにお任せください!

相談支援専門員の求人はカイゴWORKERにお任せください!
あの法人で働きたいんだけどちょっと給料がなぁ…と思われている方、給料交渉いたします!
子どもの保育園がなかなか決まらないんだけど、託児つきで働ける相談支援事業所ないかしら…?非公開求人多数ございます!
お気軽にご相談ください。
★アドバイザーに相談する

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

カイゴWORKER公式SNS

あなたにピッタリの求人をご紹介!
トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!