未経験、職歴なし、40代で介護の道へ!転職成功の秘訣は?

未経験からの介護の仕事 転職活動のポイント 未経験 職歴 性別 年齢

未経験から介護の仕事に転職する場合、年齢や性別、これまでの経歴に自信がないという方も多いのではないでしょうか。

「正社員で働いたことがない…」
「50代だと転職に不利?」
「性別は関係ある?」
「こんな自分を採用してくれるところなんてないんじゃないか・・・」
と、不安になりますよね。

経歴に自信がない方が介護の仕事に就くにはどうすればいいのでしょうか?
成功の秘訣は、前向きな意欲と努力、謙虚な姿勢。

年齢、性別などが理由で転職活動を失敗したくない方に、気をつけるべきポイントをお伝えします!

「40代男性、未経験、職歴なし」こんな私でも介護の仕事に就けますか?

介護 求人 未経験 40代 男性 採用してくれるところなんてあるのかな?

未経験から介護の仕事に挑戦しようと考えている男性Aさんのお悩みを紹介します。
Aさんは介護職未経験に加えて、年齢や職歴にも不安があるようです。

Aさんのお悩み


42歳まで、バンドをやりながらアルバイト生活を送ってきました。
ですが今年でバンドは解散、音楽活動をやめることに。もう42歳だし、いつまでもカラオケ店の深夜アルバイトをしているわけにもいかないと思い始めたんです。

介護職は未経験歓迎の正社員求人も多いと聞きました。
体力には自信があり、おばあちゃんっ子で高齢者も好きなので、頑張ってみたいという気持ちです。
しかし私は正社員としての職歴がなく、歳も40を超えています。

40代で介護未経験、資格なし、職歴なしの男性なんて採用してもらえるでしょうか?


Aさんのこちらのお悩みについて、介護施設の現役ケアマネージャーで、採用担当でもあるOさんに伺ってみました。

介護施設採用担当者Oさんの答え


年齢や経歴の条件面だけで言うと、まったく問題はありませんよ。

Aさんのように40代、50代で介護未経験の男性も、多くいらっしゃいます。

本当に人手不足の業界なので、求人はたくさんありますし、無資格未経験の方でも、採用されることはそれほど難しくないんですよ。
中には資格保有者・経験者だけの求人募集もありますので、「未経験OK」の求人に応募してくださいね。

ただし、介護は決して楽な仕事ではありません。また高収入も期待できません。採用されやすい業界ですが、生半可な気持ちでは勤まらないと思います。

「誰でもできる仕事だから応募した」「どこでもいいから働きたい」というような方は、お断りしています。こういった考えで応募される方は、面接でお話させていただくと不思議とわかってしまうものです。

年齢や経歴よりもご本人のやる気や姿勢を見て採用を決めるというのは、どの施設でも共通するのではないでしょうか。


介護職への転職は、経験や年齢以上に本人のやる気が重要ということですね。

とはいえ、「やる気だけで本当に採用されるの?」と感じる方も多いはず。
ここからは未経験、職歴なし、年齢、性別…という悩み別に、転職で気をつけるべきポイントを具体的にお伝えしていきます。

介護職は未経験でも転職できます!

challenge! 無資格OK 未経験OK

介護の仕事は、確かに未経験者歓迎の求人も多いのですが、誰でも採用されるわけではありま実際のところ、経験者や資格保有者を採用するほうが即戦力になりありがたいはずです。

ではその中で、介護職未経験でも採用を勝ち取るには具体的にどうすればいいのでしょうか?

介護未経験者の転職成功ポイント


ポイント

・高齢者、介護が必要な方への思いやりと尊敬の念を忘れずに
・どんな介護職員になりたいかという目標を持つ
・目標に向けて、努力する
・まずは介護職員初任者研修の資格取得を目指す


「高齢者や介護が必要な方への思いやり」は、介護職に就くすべての方が持っておかなければならないマインドです。面接では、この部分を必ず見られます。

「高齢者の方とうまくやっていけない」「目上の方への敬いが感じられない」などと判断されてしまうこともありますので、面接での言動にはくれぐれも気をつけましょう。

また未経験の方は、「なぜ介護をやろうと思ったのか」を必ず聞かれます

なぜ介護の仕事に就きたいと思ったのか
介護職員になって何をしたいのか
そのためにどんな努力をしているか


という介護の仕事に対する思いや今後の目標を具体的に話せると良いでしょう。


目標の一つとして、資格取得を目指すことをおすすめします。
必ずしも資格が必要なわけではありませんが、資格がなければできない仕事や働くことができない施設もあります。

まずは介護職員初任者研修。誰でも受験でき、2〜3か月間しっかり勉強すれば、試験に合格できる取りやすい資格で、介護の基礎知識を習得できます。

介護職員初任者研修の資格を持っていると、できる仕事が増え、採用の確立はぐっと上がります
余裕があれば転職活動前に取っておくのもいいですね。
未経験でも「やる気がある」という意志をアピールできるでしょう。


◆介護職員初任者研修とは…
厚生労働省が認定している公的資格。
以前はホームヘルパー2級という資格でした。
ホームヘルパー2級資格は廃止され、代わりに介護職員初任者研修ができました。

詳しくは、無資格・未経験がとるべき資格「介護職員初任者研修」ってどんな資格?をご覧ください。

介護の仕事に年齢制限なし!60歳からでも始められます!

介護職員の平均年齢は40歳以上!!

介護未経験者に多い年齢の悩み。
確かに同じ未経験でも、20代や30代の若い人のほうが転職には有利だといえます。しかし介護職員の平均年齢は40歳以上と比較的高く、40代以上で未経験でも圧倒的に就職しやすい業界です。

極端な話、定年後の再就職の方もいるわけで、健康状態に問題がなく、本人のやる気があれば60歳、70歳でも働ける仕事です。

年齢が不安な人の転職成功ポイント


ポイント

・言葉遣いは丁寧に
・プライドは捨てて、謙虚な姿勢で
・本気で取り組む


年齢が40代以上の場合、年下の上司から仕事を教わるという場面も出てきます。その時に、自分のほうが年上だというプライドを捨て、「学ばせていただく」という姿勢で仕事ができるかどうかは非常に重要なポイントです。

相手が誰であろうと謙虚な気持ちを忘れず、丁寧な言葉遣いで接しましょう。

そして介護の仕事は、利用者の方が少しでも楽に快適な生活を送れるように手助けをする仕事。「誰でもできる簡単な仕事」ではありません。介護に本気で取り組むという志を持ち、その思いをアピールしてください。

アルバイト経験しかなくても正社員を目指せます!

POINT 職歴がなくても自信をもって!挨拶 素直さ 仕事への覚悟を忘れずに!

介護の仕事は正社員の求人も豊富にあります。アルバイト経験しかなくても、正社員として働くことも可能です。
しかし高収入や好待遇が希望であれば、他の業界を目指すことをおすすめします。

そして正社員雇用の場合は、アルバイト採用よりもハードルは高くなるのは確か。経験や年齢が不利になる場合もあります。

例えば60歳以上で介護職未経験の方は、非正規雇用であれば可能ですが、正社員での雇用は難しいでしょう。

まったく職歴が(アルバイト経験も)なく、特別な事情もなく何年も無職だったという場合も正社員で採用されない可能性があります。

職歴がない人の転職成功ポイント

職歴に自信がないという方、とりわけ今まで働いてなかったという方は、まず自分が問題なく仕事ができる人間であることを理解してもらわなければいけません。
社会人として最低限の常識があり、円滑にコミュニケーションをとれるということアピールしましょう。

話すときはハキハキと分かりやすく端的に。
わからないことは素直に聞く、努力をするという姿勢が何よりも大切です。

もし正社員でなかなか採用されないという場合は、まずはアルバイトから始めて、経験を積んでから正社員を目指すという方法もありますよ。介護助手や介護補助の求人も豊富にありますので、気になった方はカイゴWORKER求人情報もどうぞ。

介護業界は男性の応募も増えています!

男性も歓迎!資格取得でキャリアアップの道も!

介護業界で働く人に女性が多いのは、志望する女性が多いからであり、男性が採用に不利というわけではありません。

理由の一つとしては、一般企業に比べると給与水準が低いと言われていることがあります。資格を取得し役職につかなければ収入アップもなかなか見込めないため、所帯を持つ男性はそこがネックになることが多いようです。

男性の転職成功ポイント


ポイント

・女社会でも抵抗がなく働ける
・協調性が必要
・資格取得を目指す


多くの施設では女性の職員の方が多いでしょう。
そのなかで、協調性を持ちながらいいチームワークで働ける人が求められます

また少しでもキャリアアップを望む方は、早くから資格取得を目指すことをおすすめします。手当がつくこともありますし、出世の道も開けます。

仕事に対する意欲の判断材料にもなりますので、面接では今後のキャリアプランを伝えられるようにしておくといいでしょう。

まとめ┃経歴や年齢はやる気でカバー!目標をもって転職活動に臨むこと

介護の仕事は、未経験者歓迎・年齢不問の求人が非常に多いため、軽い気持ちで面接を受け、採用されたものの、あまりの大変さにすぐに辞めてしまうという人が大勢います。

「給与水準は低く、ハードな仕事」という覚悟を持ち、それでもチャレンジしたいという方に臨んでいただきたいと思います。


介護業界に求められる人材は「素直で、謙虚に一生懸命働き、長く続けてくれる人」です。採用担当者は面接の中で、あなたのやる気や仕事に対する姿勢、なぜ介護をやりたいと思うのかという点を評価します。
面接では、介護の仕事への意欲と今後の目標をしっかりとアピールすることが転職成功の秘訣です。

経験や年齢、性別など、皆それぞれに不安な点はあると思いますが、一番大切なのは高齢者の方への思いやりと、謙虚に素直に仕事を頑張るという気持ちを持っていること。そのことを忘れずに、転職活動に臨みましょう。

お仕事探しはカイゴWORKERにお任せください!

「初めての介護職。職場選びに失敗したくない!」
「こんな私でも転職先が見つかる・・・?」

介護のお仕事選びに不安がある方は、ぜひ業界最大手のカイゴWORKERまでご相談ください!経験豊富なアドバイザーがあなたのご希望に合わせた転職先をご提案いたします!
★アドバイザーに相談する(無料)

  • 未経験特集
  • キャリアアップ
  • 夜勤求人

トップに戻る

キャリアアドバイザー紹介-【カイゴWORKER】では介護の求人情報を毎日更新しています。カイゴワーカーで理想の職場を見つけよう!