定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは?サービスの特徴や仕事内容を解説

更新日:2021年12月06日

公開日:2021年08月23日

どんなサービス?定期巡回・随時対応型訪問介護看?

訪問介護の一種で「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」というサービスがあるのをご存知でしょうか。

地域の高齢者の暮らしを守る地域密着型サービスのひとつです。
本コラムでは、定期巡回・随時対応型訪問介護看護について解説します。
・サービスの特徴
・サービスの内容
・仕事内容
などわかりやすくお伝えしますので、訪問介護員の方はぜひ参考にしてください。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」とは、医療や介護を必要とする高齢者に「定期巡回」と「随時対応」という形で、訪問介護や訪問看護を日中・夜間どの時間帯でも提供するサービスです。
地域密着型サービスの1つで、2012年よりスタートしました。

1つの事業所が訪問介護と訪問看護を行う「一体型」と、訪問介護と訪問看護の事業所が連携してサービスを提供する「連携型」に分けられます。

月額定額のサービスで、介護度によって利用料が定められています
そのため利用頻度が増えても負担額は変わらず、利用者はいつでも安心して必要なサービスを受けることができます。

役割

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、必要な時にいつでも介護や看護を提供することで地域に住む高齢者を支えます。

訪問介護や訪問看護のサービスは元々ありますが、サービス提供は日中の時間帯の訪問で、高齢者の在宅生活を24時間365日支える仕組みにはなっていません。
また介護と看護の連携が不足していることも課題になっていました。

そこで、高齢者宅への定期訪問だけでなく緊急時にいつでも対応可能な「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」が創設されました。
医療・介護を必要とする高齢者へ、日中・夜間を問わず24時間365日体制で訪問介護と訪問看護を一体的に提供します。

利用対象者

利用対象者は、事業所が所在する地域に住む要介護1~5認定を受けた高齢者です。
要支援1、2の人は利用できません。

また
・退院直後の方
・医療処置が必要な方
・低栄養になる可能性がある認知症の方
・終末期で介護が必要な方

などの利用が推奨されます。

なお、他の訪問介護や訪問看護、夜間対応サービスとの併用はできません。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護のサービス内容

定期巡回・随時対応型訪問介護看護のサービス内容

定期巡回・随時対応型訪問介護看護で提供するサービスは大きく分けて4つです。

・定期巡回サービス
・随時対応サービス
・随時訪問サービス
・訪問看護サービス


高齢者はこれら4つのサービスを必要に応じて組み合わせながら利用します。

定期巡回サービス

訪問介護員が定期的に利用者の居宅を巡回し、日常生活上の世話を行います。
1回の訪問は20分程度、1日3回~6回程度の居宅訪問で、食事や排泄介助などの身体介護、生活援助を中心に行います。
提供サービスは利用者によって異なり、安否確認、健康チェック、見守りのみの場合もあります。

随時対応サービス

定期巡回以外の時間に緊急の対応が必要となった場合は、24時間対応のオペレーションセンターにて随時対応します。
利用者にはケアコールという機器が支給されており、緊急時にはそれを用いてオペレーターと連絡を取れる仕組みです。
通報を受けたオペレーターは利用者の状況に応じてサービスを手配します。

随時訪問サービス

オペレーターからの要請を受け、訪問介護員らが利用者の居宅を訪問します。
利用者の安否を確認し、状況に応じて入浴介助や排泄介助、食事提供といった身体介護を行います。

訪問看護サービス

訪問看護師が利用者の居宅を訪問し、療養上の世話診療の補助を行います。
具体的には医師の指示に基づいた服薬管理やインスリン注射などの必要な処置です。

なお、冒頭で定期巡回・随時対応型訪問介護看護には「一体型」と「連携型」があるとお伝えしました。

一体型の事業所では上記4つのサービスを全て提供します。
一方、連携型の事業所は定期巡回、随時対応、随時訪問のみの提供となり、訪問看護に関しては連携している訪問看護事業所が提供する仕組みになっています。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護の仕事内容

ここからは定期巡回・随時対応型訪問介護看護の仕事内容についてです。
事業所の人員基準や職種ごとの資格要件、業務内容を解説します。

人員基準

まずは人員基準についてです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護 人員基準
職種必要な員数等
訪問介護員1名以上
(オペレーターと兼務可)

看護職員保健師、看護師、准看護師、計2.5名以上
内、1名以上は常勤の保健師または看護師
(オペレーターと兼務可)

オペレーターサービス提供時間帯を通じて1名以上確保されるために必要な人数 
(他職種および同一敷地内の他の事業所との兼務可)

計画作成責任者定期巡回・随時対応型訪問介護看護従業者1名
管理者常勤・専従の者1名
(他職種と兼務可)

資格要件

職種ごとに必要な資格は次の通りです。

訪問介護員
 ・介護福祉士
 ・実務者研修修了者
 ・初任者研修修了者
 ・介護職員基礎研修
 ・ホームヘルパー1級、2級
 いずれかの資格を所有していること

看護職員
 ・保健師
 ・看護師
 ・准看護師
 ・PT、OT、ST 
 いずれかの資格を所有していること
 (1名以上は常勤の保健師または看護師が必要)

オペレーター
 ・看護師
 ・介護福祉士
 ・医師
 ・保健師
 ・准看護師
 ・社会福祉士
 ・介護支援専門員
 いずれかの資格を所有していること

 または1年以上訪問介護のサービス提供責任者として従事した者
 (ただし介護職員初任者研修修了、ホームヘルパー2級の者は3年以上の経験が必要)

計画作成責任者
 ・看護師
 ・介護福祉士
 ・医師
 ・保健師
 ・准看護師
 ・社会福祉士
 ・介護支援専門員
 いずれかの資格を所有していること

管理者
 資格要件は特になし

訪問介護員の業務内容

業務内容は通常の訪問介護で行う内容と大きな違いはありません。

食事提供や排泄介助、入浴介助などの身体介護と、居宅清掃や買い物といった生活援助が中心です。
加えて安否確認や健康チェック、見守りを行います。

異なる点は、1日に複数回の訪問が必要なことと平均滞在時間が短いことです
訪問回数は利用者によって異なりますが1日3回~6回程度。加えて緊急時対応がありますので、利用者からのケアコールがあれば随時訪問が必要になります。

滞在時間は1回10分程度の場合もあれば、状況によっては1時間以上の滞在になる場合もありますが、大体20分程度が目安で、1回あたりの滞在時間は通常の訪問介護よりも短い場合が多いでしょう。

また訪問介護をしながらオペレーターも兼務することができます。もちろん介護福祉士資格などがあれば専任のオペレーターとして働くことも可能です。

オペレーターはオペレーションセンターに常駐し、利用者からのケアコールに対応します。

利用者の状況を確認した上で的確な助言をし、また訪問介護員や訪問看護師への指示出しや連携を行います。
そのためオペレーターになるには看護師や介護福祉士などの専門資格や一定以上の経験が必須です。

利用者とコミュニケーションをとりながら、専門知識や経験をもとに利用者の安全な暮らしを守る
重要な役割を担っています。

なお、定期巡回・随時対応型訪問介護看護は24時間365日のサービスであるため、日勤・夜勤のシフト制で対応している事業所が多いでしょう。正職員として働く場合には夜勤があることも理解しておきましょう。

事業所によっては日勤専従と夜勤専従と完全に分かれている場合もありますので、「夜勤専従」で働きたい場合にもおすすめの職場です。

まとめ

定期巡回・随時対応型訪問介護看護について解説しました。
地域密着型サービスのひとつとして、医療や介護が必要な高齢者の暮らしを24時間365日体制でサポートします。

在宅介護ニーズが高まっている日本において、今後も需要が高まるサービスとなるでしょう。
訪問介護員としてスキルアップしたい方、一人ひとりの利用者の方をしっかりと見守る介護がしたい方にはぴったりの仕事ではないでしょうか。
お仕事選びの参考になれば幸いです。

<関連コラム>
◆地域密着型サービス
介護の地域密着型サービスとは何か?サービスの特徴や種類をまとめました

◆地域包括ケアシステム
地域包括ケアシステムとはどんな制度?目的や構成要素を簡単に解説します

◆地域包括支援センター
地域包括支援センターとは?役割や仕事内容、課題などわかりやすく解説します

◆夜間対応型訪問介護
夜間対応型訪問介護とは?夜勤のホームヘルパーに興味ある方必見!

地域密着型サービスのお仕事も介護ワーカーへ!

「地域密着型サービスで介護の仕事がしたい」
「定期巡回・随時対応型訪問介護看護の求人ってないの?」
お住まいの地域での転職をご希望のあなたは、地方の求人も豊富な介護ワーカーへお問合せください!

他にはない非公開の求人も多数!
地域の情報に精通したアドバイザーがあなたのお仕事探しをお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください。
★介護ワーカーに相談してみる(無料)

★まずは求人を見てみる

※掲載情報は公開日あるいは2021年12月06日時点のものです。制度・法の改定や改正などにより最新のものでない可能性があります。

あなたにあなたにピッタリの求人をご紹介! 求人を紹介してもらう